おしゃれで便利なアイテムで理想のメイクスペースを作る方法☆ | Na美(ナビ)|女性の人生を豊かにするライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider


おしゃれで便利なアイテムで理想のメイクスペースを作る方法☆


毎日のメイクの時間は、忙しい身支度の中で何かと心に余裕がないということが多いのではないでしょうか。ですが、毎日のことだからこそ、少しでも便利で楽しい気分でメイクをしたいものですよね。

そこで今回は、100均・ニトリ・無印良品のアイテムを使って、便利なメイクスペースを作るアイディアを教えちゃいます♡


100均・ニトリ・無印のアイテムで便利なコスメコーナーを♪

マリンな雰囲気のドレッサー

ダイソーで購入したすのこを6枚使って、ビーチスタイルのドレッサーを作っているアイディア。

サイドに使ったすのこには同じダイソーで購入したアクリル絵の具で、ブルーにペイントすることで、爽やかな雰囲気を作り出していますね。

メイクブラシを入れているコップもダイソーのアイテムです。


フタつきのドレッサー

ホームセンターなどで手に入るフタつきの小さなカラーボックスに、床づかとして使う金属の部品を使って脚をつけているドレッサー。

正面にはセリアで購入したウォールフックをカットして貼りつけているので、たくさんの引き出しがついているような雰囲気です。

詳しい作り方はこちら


違うショップのアイテムを組み合わせて

セリアで購入した木製のフレームがついたミラーとウッドボックスに、ダイソーの2段ウッドボックスを組みあわせて作ったコスメコーナー。

引き出しの中に小物をしまって置けるコンパクトなアイテムは、大人女子だけでなく子供用にもぴったりですね。


大きなウォールミラーを使って

ニトリで購入した大きめのウォールミラーを使って、明るく大きなコスメコーナーを作っているアイディア。

枠に使っているのは細めの板材をボンドとねじで固定したものなので、100均でも材料を手に入れることができますよ。

詳しい作り方はこちら


収納ラックを使って

無印良品 ポリプロピレン収納ラック

k.m.k.bt

出典:instagram.com

無印良品のポリプロピレン収納ラックを積み重ねたコスメコーナー。

収納ラックは3つの深さが選べるので、自分が使っているスキンケアアイテムやコスメの高さに合わせて組み合わせを変えられますよ。

専用のキャスターをつければ、掃除や模様替えのときの移動もラクラク。


即席ドレッサー

無印良品 コの字の家具

saori.612

出典:instagram.com

無印良品のコの字の家具を使ったコスメコーナー。メイクやスキンケアの時間以外は、テーブルトして使っているコの字の家具を活用しています。

無印良品のファイルボックスなどを仕切りにしたかごのコスメ収納を持ってくるだけで、スキンケアからフルメイクができるドレッサーの完成です。


デッドスペースを利用して

無印良品 ポリプロピレンストッカー

namytone

出典:instagram.com

キッチンの隅に無印良品のポリプロピレンストッカーを置いて、コスメコーナーとして使っているアイディア。

キッチンのデッドスペースを活用すれば、家事の合間の時間にメイク直しをすることもできますよね。

引き出しの中の収納にも無印良品のアイテムを活用しているので参考になります。


鏡の下に小さな棚をつける

無印良品 壁に付けられる家具

namytone

出典:instagram.com

キッチンの隅にあるコスメコーナーにプラスすると便利なのが、壁に付けられる家具の棚。

使用中のコスメを置いておくことができるのでとっても便利なんですよ。


まとめ

100均・ニトリ・無印良品のアイテムを使ったメイクスペースをご紹介しましたが、参考になりましたか?

お手ごろな価格のアイテムにちょっと手を加えるだけで、自分好みの便利なスペースに変身します。ぜひ参考にして毎日の身支度する時間を有意義なものにしましょう♪


トップへ戻る