薄切り野菜で作る「サラダ仕立てカルパッチョ」レシピ5選|野菜が食べたい日にぴったりなおすすめ野菜料理を厳選

本ページはプロモーションが含まれています

DAILY RANKING
デイリーランキング

DAILY RANKING
デイリーランキング

芸能人愛用アイテム

野菜が食べたい日の「サラダ仕立てカルパッチョ」

カルパッチョといえば魚介や肉というイメージが強いですが、薄切り野菜を使ったサラダ仕立てのヘルシーなカルパッチョのメニューがあるのをご存知でしたか?

サラダ感覚で食べられるので、野菜が普段足りていない方にもおすすめです。

そこで今回は、野菜が食べたい日にぴったりな薄切り野菜で作る「サラダ仕立てカルパッチョ」のレシピをご紹介します。

残り物の野菜の活用術としてもおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

「サラダ仕立てカルパッチョ」レシピ5選

①じゃことズッキーニのカルパッチョ


出典:Nadia

まず初めにご紹介する、野菜が食べたい日にぴったりな「サラダ仕立てカルパッチョ」は、スライスしたズッキーニをお皿に並べ、カリカリに炒めたちりめんじゃこと自家製のわさびドレッシングをかけたカルパッチョのレシピです。ズッキーニはスライサーで薄くスライスしても、ピーラーでリボン状にしてもOK。とっても簡単なのに、豪華に見えるので、おもてなしにもおすすめです。

材料3人分

ズッキーニ…1本
ちりめんじゃこ…大さじ1.5~2
オリーブオイル…小さじ1
自家製わさびドレッシング…適量
粗挽き黒胡椒…適量

【ドレッシング】
Aわさび…小さじ2~(チューブ)
A米酢…大さじ4
Aオリーブオイル…大さじ3(または米油)
A塩…小さじ1
Aきび砂糖…小さじ1
A味の素…3~4振り

作り方

下準備
・ズッキーニは薄切りにし、氷水に5分ほどさらして水気を切る。

1
フライパンにオリーブオイルとちりめんじゃこを入れ、弱火~中火でカリカリになるまで炒める。色付き始めると早いので、目を離さないようにしてください。カリカリになったらペーパーの上に取り出し、油を切っておく。

2
ズッキーニを皿に並べ、ちりめんじゃこを散らしてわさびドレッシングをかける
仕上げに粗挽き黒胡椒を引いて完成。あればちぎった大葉またはディルを散らすと香りがよくなります。

3
【スライサーがない場合】
ピーラーを使ってやや力を強めにむくとヒラヒラになります。氷水にさらすをリボンのようにウエーブがつき、見た目がかわいく仕上がりますよ。

 

【ドレッシング】
1
Aわさび 小さじ2~、米酢 大さじ4、オリーブオイル 大さじ3、塩 小さじ1、きび砂糖 小さじ1、味の素3~4振りを清潔な瓶に入れ、全体がよく混ざるように振る。

油がやや多めなので、作るときは瓶に入れ、使う前に振るのがベストです。

2
【保存】密閉容器に入れて冷蔵庫で2~3日
日持ち的には10日間程度持ちますが、わさびの香りが飛んでしまうため、早目に使い切るのがベストです。

《ポイント》
・すぐに食べるとシャキシャキ、少しおくと味がなじんで食感が変わります。

②カルパッチョ風トマトサラダ


出典:Nadia

次にご紹介する、野菜が食べたい日にぴったりな「サラダ仕立てカルパッチョ」は、くし形切りにしたトマトを並べて太陽のように盛り付ける、インパクト抜群のトマトサラダのレシピです。みじん切りにした玉ねぎと、刻んだバジル、アンチョビをトッピングして、イタリア料理風に仕上げます。バケットにのせても美味しいですよ。

材料2人分

トマト…2個
タマネギ…1/2個
アンチョビフィレ…2枚
バジルの葉…適宜
Aオリーブオイル…大さじ1
Aレモン果汁…小さじ1
A塩・黒コショウ…少々

作り方

1
タマネギをみじん切りにしてポリ袋に入れ、塩少々をふります。
袋の上から手のひらで円を描くように、グルグルもみながら10カウント。
汁気が出てきたら、ぎゅーっとしっかり絞ります。これでアク抜きはOK!

2
トマトは半分にカットしてヘタを取り除き、5mm幅の半月にスライスします。

3
真っ赤な太陽をイメージしながら、お皿にトマトをぐるりと盛りつけます。

4
1のタマネギ、アンチョビ・バジルを刻んでトッピング。
Aオリーブオイル 大さじ1、レモン果汁 小さじ1、塩・黒コショウ 少々を全体にかけて完成。

《ポイント》
・オリーブ、ケッパー、カッテージやモッツァレラを加えても◎
・ワインのお供にするなら、塩は粗塩や岩塩がオススメ。時々ガリッとくるミネラル感で、ワインとの相性も倍増します。

③カブのカルパッチョ


出典:Nadia

次にご紹介する、野菜が食べたい日にぴったりな「サラダ仕立てカルパッチョ」は、塩もみしたかぶの甘さと食感がうれしい簡単カルパッチョのレシピです。ジューシーなかぶとオリーブオイルが好相性。ポリポリとした食感で食べ応えも抜群です。

材料2人分

カブ…3~4個
塩…小さじ1/2
Aオリーブオイル…大さじ1
A粗挽き黒コショウ…少々
A粉チーズ…少々

作り方

1
かぶは茎を1cmほど残し、皮をむいてくし形に切る。
ポリ袋に入れて塩をふり、軽くもんで10分ほどおく。

2
汁気を優しく絞って器に並べる。
Aオリーブオイル 大さじ1、粗挽き黒コショウ 少々、粉チーズ 少々を全体にかける。

《ポイント》
・茎はとれやすいので優しく扱ってください。刻んだニンニクやアンチョビ、クルミを散らしても◎

④筍のカルパッチョ


出典:Nadia

次にご紹介する、野菜が食べたい日にぴったりな「サラダ仕立てカルパッチョ」は、新鮮なたけのこをカルパッチョにした一品。白だし風味のあっさりしたドレッシングでたけのこ本来の味を楽しめます。おもてなしの前菜としても大活躍してくれること間違いなしです。

材料2人分

茹で筍…12g
Aオリーブオイル…50cc
A白だし…大さじ半
A胡椒…少々
Bピンクペッパー…適量
B木の芽…適量

作り方

下準備
茹で筍は食べやすい大きさに薄く削ぎ切りにする

1
バットに筍を並べAオリーブオイル 50cc、白だし 大匙半、胡椒 少々をかけて1時間くらい馴染ませる

2
皿に盛り 好みでBピンクペッパー 適量、木の芽 適量をふりかける

《ポイント》
・筍は新鮮なものを使用してください。

⑤生ハムとマッシュルームのカルパッチョ仕立て


出典:Nadia

次にご紹介する、野菜が食べたい日にぴったりな「サラダ仕立てカルパッチョ」は、生ハム、ホワイトマッシュルームにガーリックパウダーを振りかけ、オリーブオイルをまわしかけたカルパッチョのレシピです。ブラックペッパーとピンクペッパーで仕上げた、スパイスが香る一品。白ワインとの相性も抜群で、年中手に入る食材で作れるのも嬉しいポイント。

材料2人分

生ハム…4枚
ホワイトマッシュルーム…1個
ガーリックパウダー…小さじ1/4
オリーブオイル…大さじ1
ブラックペッパー(粗挽き)…適宜
ピンクペッパー(粗挽き)(あれば)…適宜

作り方

1
生ハムを食べやすい大きさに手でちぎり、皿に並べる。

2
ホワイトマッシュルームを出来るだけ薄くスライスし、生ハムの上に並べる。

3
ガーリックパウダーを万遍なく振り掛け、オリーブオイルを回しかける。ブラックペッパーとピンクペッパーをかける。

《ポイント》
・生ハムは手でちぎった方が味が馴染み、お皿にも映えます。ホワイトマッシュルームは薄ければ薄いほど、食感がよくなります。スライサーを使うと、綺麗にスライスライス出来ます。新鮮なマッシュルームを使いましょう!
・ピンクペッパーを少し加えるだけでグッとオシャレな味に仕上がります。

おつまみ感覚で摂れるヘルシーなカルパッチョを作ろう

今回は、野菜が食べたい日にぴったりな薄切り野菜で作る「サラダ仕立てカルパッチョ」のレシピをご紹介しました。

気になるレシピはありましたか?

どれも野菜をおつまみ感覚で摂れるヘルシーなレシピばかりです。作業工程もシンプルなので、忙しい日にもぴったりです。ぜひこちらを参考に、「サラダ仕立てカルパッチョ」を作ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました