【Netflix(ネットフリックス)】心から満足できる!大人女子におすすめの「名作映画」(洋画)5選

カルチャー

ハズレなし!心から満足できる「名作映画」

この世には数えきれないほどの映画があるため、何を観るか悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、大人女子におすすめの心から満足できる「名作映画」(洋画)をご紹介します。

「名作映画」は評価が高く、作品に沢山のファンが付いているため、観て損することはありません。

映画は全てサブスクリプションのNetflix(ネットフリックス)で観ることができます。

ぜひ、あなたの心に残る一本が見つかりますように。

【Netflix(ネットフリックス)】
大人女子におすすめの「名作映画」(洋画)5選

①『ニュー・シネマ・パラダイス 』(1989年)

全編に映画への愛情や敬意があふれている名作

シチリア島の小さな村にある映画館・パラダイス座。親の目を盗んではここに通いつめる少年トトは、大の映画好き。やがて映写技師の老人アルフレードと心を通わせるようになり、ますます映画に魅せられていくトト。初恋、兵役を経て成長し、映画監督として活躍するようになった彼のもとにアルフレードの訃報が。映画に夢中だった少年時代を懐古しつつ、30年ぶりにトトはシチリアに帰ってきた……。

おすすめポイント

シチリアの小さな村を舞台に映写技師と少年の心あたたまる交流を、あふれる映画愛とともに描いた不朽の名作映画です。

タイトルどおり、映画に対する愛がたくさん詰まっています。映画技師アルフレードと少年トトとの映画を通じた友情は、ユーモアたっぷり感動たっぷり。そしてラストに向けて涙たっぷりとなるはず。

②『アメリ』(2001年)

「自分はちょっと変わってる」って誰もが思う時代にぴったりな映画

空想好きの小さな女の子アメリは、そのまま大人になってモンマルトルのカフェで働いている。
彼女の好きなことはクレーム・ブリュレのカリカリの焼き目をスプーンで壊すこと、周りの人たちの人生を今よりちょっとだけ幸せにする小さな悪戯をしかけること。彼女の人生は、スピード写真コレクターのニノとの出会いによって、ある日突然、混乱をきたす。
人を幸せにするどころか、優しい笑顔のニノにアメリは恋心を打ち明けることが出来ない。アメリの最も苦手な現実との対決、不器用な恋に必要なのは、ほんの少しの勇気。

おすすめポイント

鮮やかで独特の色使いと、主演のオドレイ・トトゥをはじめとする個性的な出演者の可愛いドラマは観客の心をつかみ、フランスのみならず日本でも大ヒットした名作映画です。

アメリの“初めての体験”だらけのこの映画は、観る人の懐かしい気持ちや、ほろ苦い思い出、そして埋もれている冒険心を呼び覚ましてくれます。

③『ショーシャンクの空に』(1995年)

「心の中には何かがある。誰も奪えない何か…。希望だよ。」

長年ショーシャンク刑務所に入っている囚人レッド(フリーマン)と無実の罪で収監された元銀行副頭取アンディ(ロビンス)の友情を軸に、アンディが巻き起こす数々の奇跡が描かれる。

おすすめポイント

94年度のアカデミー賞では作品賞を含む7部門でノミネートされたものの無冠に終わりましたが、映画ファンに愛される名作として語り継がれています。
刑務所で心暖かい仲間との出会いがあり、理不尽な仕打ちにも心折れず、強かに生きる主人公に心打たれること間違いありません。どんな境遇になっても希望を失わない生き方が大事だ、ということを教えてくれている名作映画です。

④『レオン』(1994年)

「凶暴な純愛」

家族を惨殺された12歳の少女マチルダは、隣の部屋に住む殺し屋レオンに助けを求める。戸惑いながらもマチルダに救いの手を差し出すレオン。そこから二人の奇妙な共同生活が始まった。弟の仇を討ちたいというマチルダにしかたなく殺しのテクニックを教えるレオンと、読み書きもできないレオンに文字を教えるマチルダ。やがて二人の間には父娘とも恋人ともつかない愛情が芽生えていくが…。

おすすめポイント

公開から25年あまりが経過している名作映画である『レオン』。全体的に流れる殺伐として虚無の漂う雰囲気の中にも、どこかに温もりを感じさせているのも人気の秘密かもしれません。ぜひ、映画史に残るレオンとマチルダの純粋な愛の物語を見届けてください。

⑤『最強のふたり』(2011年)

笑いと感動に包まれた良質なコメディー

不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップは、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリスは生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。

おすすめポイント

「人生はこんなにも予測不可能で、こんなにも垣根がなく、こんなにも心が躍り、こんなにも笑えて、涙があふれる──。」
年齢や環境、好みも異なる二人が、お互いを認め合い、変化していくプロセスが描かれています。人と人の出会いから生まれた無敵のエネルギーに勇気づけられる名作映画です。

「名作映画」は”名作”と言われる理由がある

Netflix(ネットフリックス)で観られる、大人女子におすすめの心から満足できる「名作映画」(洋画)をご紹介しました。

気になる映画はありましたか?

ご紹介した「名作映画」は評価が高く、多くの人の心を打つものばかり。どの映画もあなたの心に響くこと間違いありません。

一生に一度は観たい「名作映画」。これを機に観てみてはいかがでしょうか?♪

コメント