《汗対策》胸の汗を抑える5つの方法|女性ならではのお悩み解消するボディケアとは?

コスメ

DAILY RANKING
デイリーランキング

DAILY RANKING
デイリーランキング


出典;sirabee

胸の汗…女性の体のお悩み解消するボディケアとは?

胸の下の汗は女性の悩みですよね。

ニューヨーク大学ランゴーンのウィス整形外科准教授のアレックス・ハーゼン医師は「女性はみんな胸の下に汗をかいた経験があるはず。胸が大きかったり、胸が垂れていたりすると、汗をかきやすいと言われています。皮膚がかぶさってしまうと汗がでます。」と言っています。

そこで今回は、女性の体のお悩み「胸の汗を抑える5つの方法」をご紹介したいと思います。
早速見てみましょう♪

《汗対策》胸の汗を抑える5つの方法

①適切なブラジャーを選ぶ


出典:shop2

スポーツブラはよい手段と思われがちですが、もっといい方法があります。

「スポーツブラは生地に厚みがあるため、胸の下に汗をかきやすくなります。腹筋までカバーするようなブラジャーも汗をかきやすくしてしまいます。後ろ側が薄いレースのメッシュ、または軽量の綿素材のブラジャーは、汗の量を減らしてくれます」とハーゼン医師は説明します。

ニューヨークの美容皮膚科のシェリーン・アドリス医師は、「涼しい薄手のブラジャーは、蒸れないのでおすすめです」と話します。快適さとサポート力を両立させたプッシュアップブラもありますので、試してみるとよいかもしれません。

30代女性が愛用する下着・ランジェリーブランド人気おすすめ13選【2024最新】
30代女性が愛用の人気ランジェリーブランドとは?そろそろ、下着をアップデートしたいと思っていませんか?30代の大人女子になると同世代にどんな下着ブランドが売れているのか、どんな商品が売れ筋でおすすめなのか気になると思います。...

②吸湿速乾性がある生地を取り入れる


出典:istockphoto

「汗を吸収するトップスは、トレーニング中の肌をドライに。そして、1日中同じ効果が期待できます。吸湿速乾性に優れている新しい技術を取り入れたポリエステルやナイロン生地のトップスを探しましょう」と、ウェストポート、コネチカット州の皮膚科専門医で公衆衛生医師、アメリカ皮膚科学会上級会員(FAAD)のロンダ・クライン医師。

綿の生地はどうでしょう。綿は避けたいと思うかもしれません。通気性はよくても、湿気を逃がすのに優れているわけではないのです。「繊維の中に汗が閉じ込められるため、不快に感じたり、皮膚の炎症を引き起こしたりします」と、クライン医師。

③ゆったりとした、濃い色のトップスを選ぶ


出典:istockphoto

シャツについては、生地だけではありません。ゆったりとした、揺れ動くトップスを着れば、涼しく、そもそも汗をかきづらくしてくれます。

かいてしまった汗を隠すには、黒色、紺色のような濃い色を。淡い色より汗ジミがわかりにくくなります。

【婚活女子必見】30代女性「NGファッション」7選!男ウケが悪い服って?
男ウケが悪い服って?いつも何を基準にして服選びをしていますか?トレンド重視や自分のこだわり、男ウケなど基準はさまざま。しかし、男と女には「おしゃれだと思う服のズレがある」ということをご存知ですか?そこで今回は、実は男...

④”胸の下に”制汗剤を使用する


出典:Marsha beauty

ハーゼン医師は、「脇の下以外で制汗剤を使うことに違和感があるかもしれませんが、効果はあります。制汗剤は、足、手、ブラジャーの下、どこにでも使えるのです。胸に使いやすいスプレータイプを使用するとよいでしょう」と説明します。

「皮膚の炎症が心配であれば、パラベンや香料を含まず、アルミニウムもフリーの制汗剤をおすすめします。水分を吸収するために活性炭を利用しているアルミニウムフリーの制汗剤などいかがでしょう」と、アドリス医師。

https://na-beauty.com/post-112885/

⑤皮膚の炎症を抑えるボディパウダーを試す


出典:goddess

「胸の下に制汗剤をつけると、閉じ込められていた汗を吸い上げ、不快なかゆみも軽減します。かぶれを予防する抗真菌薬のミコナゾールを含む製品も選択肢。昔ながらの方法として、水分を吸収してくれるコーンスターチの粉末を使う方法もあります」(クライン医師)

なるべく汗のかきにくい素材などを選んだり、通気性の良いものを着るように対処しながら、胸の下がむれてしまわないように注意が大切です。

胸の汗対策で魅力的な女を目指そう!

今回は、女性の体のお悩み「胸の汗を抑える5つの方法」をご紹介しました。

いかがでしたか?

雑菌の繁殖は汗臭の原因にもなります。また汗をこまめに拭かないと体が冷えたり、かぶれたりすることもあるため注意が必要です。

胸は汗をかきやすい部分だからこそ、しっかりと汗対策を行いましょう。

コメント