‟素敵な自分”に近づく!「今年の目標」にしたい10の習慣とは?
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

‟素敵な自分”に近づく!「今年の目標」にしたい10の習慣とは?


出典:pinterest.jp

今年はもっと‟素敵な自分”へ!

新しい年がスタートして、一ヶ月が経ちましたね。

「今年こそは理想の自分に近づきたい!」と、年が明けた瞬間にそんな思いを抱いた方も多いのでは?

理想の自分に近くための近道は「習慣」を大切にすること。小さな習慣も、積み重ねることであなたをもっと輝かせてくれるはずです。

今回は、‟素敵な自分”に近くための10の習慣をご紹介します。

一般的に、3週間続けられたことは習慣として身につくと言われているので、自分にできそうな項目をチェックしてみましょう♪

「今年の目標」にしたい10の習慣

①物事を「前倒し」にする癖をつける


出典:Freepik

やる気がでない、今は気分じゃない、といった気持ちから出てくる「後でいいや」という言葉。癖になっていませんか?

いつかはやらないといけないことであれば、先延ばしにすることで「やらなきゃ…」というモヤモヤが長引いてしまいますよ。

早めに片付けることで気持ちがすっきりするだけでなく、前倒した分時間に余裕が持てます。ひとつひとつ丁寧に取り掛かることができるのも嬉しいですね。

②持ち物にも「品」を


出典:Freepik

いつ見ても素敵な人たちは、メイクやファッションのセンスが良いだけでなく、持ち物のケアも欠かしません。

バッグからさっと荷物を取り出したとき、周囲の人たちは意外と注目しているものです。持ち物が汚れていないかな?洋服やバッグに毛玉がついていないかな?と、一日の終わりに持ち物のメンテナンスをする習慣をつけてみましょう!

③所作にまで気を配る


出典:Freepik

美しい立ち振る舞いができると、どんなシーンにおいても好印象。顔立ちやスタイルだけではない「美しさ」は、上品な所作によって作られるものです。

大きな音を立てていない?せわしない動きをしていない?と、まずは普段の自分の動作に注目してみましょう。ゆったりと動いてみたり、物に手を添える癖をつけてみたりするだけでも、印象がガラリと変わります。

④身の周りの「キレイ」を保つ


出典:Freepik

毎日、目に映るお部屋やデスクが散らかっていると、集中力の欠落や疲れ、イライラの原因に。身の周りのキレイを保つことで、頭と心をすっきりさせましょう。

片付いていない空間は、なかなか進まない仕事や家事の原因となっていることもあります。持ち物の精査と合わせて、便利な収納グッズの導入や、お部屋の動線のチェックをしてみてください。

⑤「想い」は言葉にして届ける


出典:Freepik

大切に想う気持ちや尊敬の気持ちを持っていても、改めて伝える機会が無いと、自分の心に留めてしまいがち……。しかし、電話でもテキストでも手紙でも、想いを言葉にして届けることがとても大切です。

誰もが心細い今の時期だからこそ、伝える習慣をつけてみてください。貰って嬉しい言葉たちは、大切な人たちの支えになるはずです。

⑥食べるものに気を遣う


出典:Freepik

毎日食べているものが、あなたの身体をつくります。忙しい日々を明るく元気に過ごすためには、健康的な食事が必要不可欠。その時々の調子に合わせて食べ物を選ぶ習慣をつけてみてください。

理想は自分で塩分を調整できる自炊。また、外食やお惣菜の選び方を変えるだけでも効果はあります。甘いお菓子はちょっと控えめに、ご褒美として時々楽しむ程度に留めるのが理想です。

⑦いつでも自分のご機嫌が取れるようにする


出典:Freepik

思うようにいかないことがたくさんあった昨年。今まで以上にピリピリ、イライラすることが増えてしまった方も多いのではないでしょうか?そういった感情は、充実した毎日の妨げになってしまうもの。

調子が良くないな…と気付いたらすぐ対応ができるように「自分をご機嫌にするものリスト」を作っておきましょう。嫌な気持ちをすぐに切り替えることができたら、限りある時間を有意義に過ごせるようになるはずです。

⑧相手を安心させる連絡をする


出典:Freepik

連絡を待つ時間はソワソワしてしまうものです。なかなか連絡が返ってこないと「読んでもらえている?」と不安になるだけでなく、待っている間は自分もどう動いてよいかわからず、困ってしまいますよね。

「〇日までに返信します」と伝えたり、断る場合も早めに連絡を入れたりするなど、相手がソワソワする時間を作らない連絡が理想。相手の時間を大切にするその姿勢が、信頼を呼び寄せてくれるはずです。

⑨ひらめきを逃さない


出典:Freepik

仕事や家事、育児の中で、ふと舞い下りてくるひらめき。毎日忙しく過ごしていると、ひらめいたことさえも忘れてしまった…なんてこともありますよね。

日常のささいなひらめきが、少し先の自分を助けてくれるカギになることも。パッとひらめいたら、何でもメモする癖をつけてみてください。小さなアイディアを集めるように書き留めてみませんか?

⑩思いやりのクッション言葉を使う


出典:Freepik

周囲に「素敵だな」と思わせる人たちには、言葉使いが柔らかいという特徴があります。相手に失礼がないように、傷つけないように、フォローする言葉を添える習慣をつけるのがおすすめ。

ビジネスシーンや目上の方にはもちろん、後輩や友人、家族にも使うことで、人間関係がぐっとまろやかになります。面倒だと思わず一言添えてみるだけで、自分の印象も、相手のモチベーションも上げられるかもしれません。

毎日の小さな習慣で“素敵な自分”に出逢える

今回は、‟素敵な自分”に近くための10の習慣をご紹介しました。

取りれられそうな習慣はありましたか?

素敵な人を見ると「自分とは大違い」なんて思いがちですが、その差は小さな“習慣”かもしれません。今の生活に馴染みがないことであっても、習慣として身につけば、自分にとっての「当たり前」になるはず。

小さな積み重ねによって、少し先の未来で理想以上の自分と出逢えているかもしれません♡

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US