時短で料理が簡単に作れる!簡単「ポリ袋レシピ」6選

忙しい日も時短で様々な料理を楽しみたいという方におすすめのレシピがあります!今回は、メイン料理から副菜まで、簡単に作れるレシピをご紹介していきます。早速見てみましょう!

簡単「ポリ袋レシピ」▶サバの味噌煮

味がしみ込みやすいように、切れ目を入れたサバと、味噌だれと生姜を入れて、湯煎するだけの簡単レシピ♪

手が生臭くなるし、作るのが面倒……。
なんて思ってしまいがちなサバの煮込みも、こうしてポリ袋に材料を全て入れて湯煎すれば、簡単に仕上がるなんて驚きですよね。

これは、材料さえそろっていれば失敗なく仕上がるレシピなので、仕事の帰りが遅い彼に、温かいご飯を食べさせてあげたいという願いをかなえることもできますよ♡

レシピはこちら♪

簡単「ポリ袋レシピ」▶肉じゃが

じっくり煮込んだり、材料が焦げないように常に目を配らせたりと、何かと手のかかる肉じゃが。

じっくり煮込めて、かつ焦げない仕上がりを誰でも簡単に実現できるのが、ポリ袋を使うテクニックです。

すき焼きのたれやめんつゆを使って味付けするレシピなので、失敗なく、程よい甘みが癖になる肉じゃがに仕上がりますよ♡

注意したいのは、味にむらができやすいこと。
最後に味見をして、そこで修正すれば、問題なく美味しくいただけます。

レシピはこちら♪

簡単「ポリ袋レシピ」▶蒸し鶏

蒸し器を使って仕上げる蒸し鶏は、普段のお料理よりも多く調理器具を使わなくてはならず、自ずと手間が増えてしまいます。

手間が増えると、食べたくても作ることを面倒に感じてしまいがちですよね。

せっかく美味しいレシピなのに……もったいない!

そんな時には、ポリ袋の存在を思い出してみてください。
蒸すという調理も、ポリ袋があれば簡単にできるんです♡

予め塩とおろししょうがをすり込んだ鶏と、他の材料をポリ袋に入れて、15分ほど湯煎すればOK♪
この時鶏肉にすり込むのは、塩とおろししょうがでなく、塩麴でも◎

仕上げにポン酢などをかけていただけば、手間をかけたのと同じくらい、やわらかで美味しい蒸し鶏をいただくことができますよ。

レシピはこちら♪

簡単「ポリ袋レシピ」▶土佐煮

手間のかかる土佐煮ですが、こちらもポリ袋を使うレシピなら、洗い物も少なく簡単に仕上げることができます♡

レンコンは、ポリ袋に入れる前に、しっかりと酢水でアク取りをすることが大切です。
この工程を踏んでおけば、失敗することなく美味しく仕上がりますよ。

ポリ袋をしっかりと結び、湯煎するときにお湯が入ってこないように工夫をしましょう。

再沸騰をさせて仕上げると、味がしっかりしみ込んだ美味しい土佐煮に仕上がります。

レシピはこちら♪

簡単「ポリ袋レシピ」▶蒸し野菜サラダ

とにかくたくさんの野菜を食べたいときには、スッと体に入っていってくれる蒸し野菜が◎

蒸し物は面倒……。
今までそんな風に思っていた人も、ポリ袋を使ったレシピなら、簡単に仕上げることができるのでおすすめです。

様々な種類の野菜を同時にポリ袋に入れてOKなので、時短で仕上げられるのも嬉しいですよね。

レシピはこちら♪

簡単「ポリ袋レシピ」▶スウィーツも簡単!

バーチディダーマとは、イタリアの伝統菓子のこと。
見た目も可愛らしいスウィーツなので、手土産にもぴったりですよ。そんなバーチディダーマも、一見作るのが難しそうに思えますが、実はポリ袋を使って簡単に作ることができるんです♡レシピ通り材料を順番にポリ袋の中に入れれば、しっかりと力を加えて混ぜることができるので、失敗する確率が減るというメリットもあるんですよ。

レシピはこちら♪


いかがでしたでしょうか?

家にあるポリ袋を使えば、簡単で美味しい料理が作れます。時短で仕上げることのできるレシピばかりなのでぜひ試してみてください!

トップへ戻る