ほうれい線の原因と消し方とは?ない人の特徴や一番効果的で即効性のある改善方法・ケア対策など解説

ほうれい線 消し方 対策 美容
出典:shutterstock https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/part-face-young-woman-close-sexy-531839632

DAILY RANKING
デイリーランキング

DAILY RANKING
デイリーランキング

芸能人愛用アイテム

ほうれい線の原因・消し方や改善方法ケア対策など解説

ほうれい線 消し方 対策

出典:shutterstock

ほうれい線とは、鼻の両側から口もとにかけて伸びる線(ライン)のこと。

加齢とともに「目立ってきた」と感じる人が多く、顔にあるだけで見た目年齢を一気に引き上げてしまう悩ましい存在です。加齢以外にも、もともとの骨格や生活習慣によっては10代20代でも目立つことがあります。マスク生活ではほうれい線が悪化しやすいため、近年気になってきた方も少なくないですよね。

ほうれい線を一瞬で消す方法で一番効果的と言われているのは、ヒアルロン酸注入などの美容医療での治療ですが、マッサージやエクササイズなど、自宅で簡単に実践できる対策は他にもあります。

そこで今回は、ほうれい線の原因と消し方とともに、ない人の特徴や一番効果的で即効性のある改善方法・ケア対策などをご紹介します。

ぜひチェックしてみてください。

ほうれい線の原因とは?

ほうれい線 消し方 対策

出典:shutterstock

ほうれい線が目立つ原因として、頬や口周りの筋肉(表情筋)の減少や衰えが挙げられます。 加齢によって皮下脂肪や皮膚を支える筋肉の力が弱まると、たるみが生じるようになります。 また、人との会話や笑ったり泣くなど、口周りの表情筋を動かす機会が少ないと、筋肉が衰えて肌がたるみやすくなります。

ほうれい線には次の4つのタイプがあり、それぞれ原因が異なります。

ほうれい線の原因①皮膚のたるみ

年齢を重ねると皮膚の真皮層のコラーゲン、エラスチン量が減少したり、質が変化したりすることで肌のハリや弾力が低下するため、皮膚にたるみが生じます。真皮層のコラーゲンやエラスチン量は紫外線を浴びることによっても減少するため、日頃からUVケアを怠っている方も肌がたるみやすいと考えられています。また、頭の筋肉のコリがたるみがほうれい線の原因になっているケースもあります。

頭の筋肉は表情筋と違って意識的に動かすことが難しいためコリ固まりやすく、その上に存在する帽状腱膜という組織まで固くなります。帽状腱膜が固くなると顔の皮膚にたるみが生じるため、ほうれい線が目立つことがあるのです。

そのほか、皮膚のたるみは急激な体重の増減などによっても引き起こされる場合があります。無理なダイエットや暴飲暴食はほうれい線の原因に繋がるため、若年層でもほうれい線が目立つこともあります。

また、男性の場合、女性に比べて普段から紫外線ケアをしていなかったり、飲酒・喫煙の習慣があったりするため、ほうれい線が深くなりやすい傾向はあるといいます。また、偏った食生活で血糖値の急上昇が起こると、肌の糖化が進んでコラーゲン・エラスチンを劣化させるため、ほうれい線の悪化に繋がります。

ほうれい線の原因②生まれつきの骨格

頬や小鼻まわりの骨が華奢な人や、頬骨の出っ張りがなだらかで頬が平坦な人などは、頬の肉を支える骨の力が十分に機能せず、ほうれい線が目立ちやすくなります。

こうしたタイプの骨格はアジア人に特に多く、10代、20代といった若い頃からほうれい線に悩む方も多いです。組織の衰えや肌の弾力不足によってできるものではないため、筋肉や骨格が原因の場合は、特に治療の必要性はないと言われています。

ほうれい線の原因③表情筋の衰え

口まわりを覆う口輪筋や、頬を支えて口角を上げるはたらきを持つ頬骨筋などの機能が低下すると、重力によって皮膚や脂肪が垂れ下がり、ほうれい線が目立つようになるのです。

表情筋の衰えは加齢によって引き起こされます。

また、普段から普段からあまり笑わなかったり、無表情でいる時間が長かったりする方は10代、20代でも表情筋が衰えやすいため、ほうれい線が目立ちやすいでしょう。

表情筋を鍛える器具なども発売されているので、トレーニングで改善する場合も多いです。

ほうれい線の原因④混合型

ほうれい線ができる原因には皮膚のたるみ、骨格、表情筋の衰えが挙げられますが、これらが組み合わさってできる混合型のほうれい線もあります。

特に35歳以上になると、加齢によって皮膚のたるみと表情筋の衰えが引き起こされるため、ほうれい線が深刻化しやすいです。

もともとあごが細い人は加齢によって皮膚がたるむと、ほうれい線がくっきり見えてしまう可能性も。また、年齢を重ねると骨が萎縮することがあるため、骨格に変化が生じた結果としてほうれい線が目立つようになる場合もあります。

ほうれい線がない人・できにくい人の特徴とは?

ほうれい線 消し方 対策

出典:istockphoto

加齢により現れるシワとは異なり、ほうれい線はできにくい方とできやすい方が存在します。

例えば、ふくよかな方のほうれい線は目立ちにくく、痩せている方のほうが目立つ印象があります。脂肪や肌の弾力がある方は、表面の皮膚がピンと張っていて、凹みが目立ちにくいのではないかと考えられます。

ほうれい線が目立たない人は、骨格的な特徴も関わることに加えて、ほうれい線ができる要因を避けている、という傾向があるでしょう。スキンケアの面では、紫外線対策や保湿ケアを徹底すること。また、表情筋の動きが偏るくせがなかったり、表情筋を意識的に鍛えている、という特徴もあります。

また、ほうれい線が気になるからといって、自己流のマッサージを行うのは逆効果になることも。肌を強い力でこすると、その刺激が肌のダメージとなり、返ってほうれい線を悪化させてしまう場合もあります。まずは、日頃のスキンケアを丁寧に。肌への刺激を最小限にすることが、ほうれい線を目立たなくするための第一歩です。

ほうれい線の予防方法

ほうれい線を予防するためには紫外線対策と保湿ケアと正しいスキンケアを徹底することはもちろん、日頃から表情筋を鍛えることも重要です。顔にはたくさんの筋肉がありますが、日常的に使っているのは、わずか30%程度と言われます。

表情筋を鍛えるには、鏡を見ながら「あ」「い」「う」「え」「お」とはっきり声を出すトレーニングや、口に空気を含んで頬を大きく膨らませたり、凹ませたりするトレーニングなどを継続して行いましょう。

また、顔全体をリフトアップするためには、皮膚の奥にある脂肪を包む組織までケアすることも大切です。しわやたるみ対策と銘打った化粧品も数多くありますが、それだけでは深い部分をケアできないため、美顔器を使うことも良いでしょう。自宅で使える超音波マッサージ器などをあてると、血行促進やコラーゲン再生が促され、たるみを予防できます。

ほうれい線予防①保湿スキンケア

ほうれい線の改善方法として、「保湿ケア」はとても有効です。 シワを目立たなくするためにも、なにより肌を乾燥させないことが重要です。 保湿ケアをしっかりと行うことで肌に弾力やハリが出てくるため皮膚のたるみを防ぎます。 保湿ケアをする際は、「化粧水」「美容液」「乳液」「保湿クリーム」の順番で行うことがポイントです。

ほうれい線予防②紫外線対策

日焼け止めなどの紫外線対策をすると、ほうれい線の悪化予防に効果があるといえるでしょう。 紫外線は、肌の水分やハリを保つ成分であるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を変性させたり、これらの成分を産生する線維芽細胞を損傷させるため、肌の弾力が失われ、たるみにつながってしまいます。

紫外線が多くなる季節はもちろん、お家時間にも日焼け止めを使用するのがおすすめです。

ほうれい線予防③正しいスキンケア

ほうれい線を予防・改善するために、保湿ケアはもちろんですが、まずは正しいクレンジング・洗顔をすることが大切です。 ゴシゴシ力強く擦らず、泡をしっかり立て、優しく肌の汚れを落としましょう。 また洗顔後にタオルやティッシュなどで水分を拭く際もゴシゴシ擦らず、優しく顔を押さえてふき取るようにすることが大切です。

ほうれい線予防④歯並び

ほうれい線は口まわりの筋肉と深く関わっているため、普段から硬い食べ物を避けたり、あまりよく噛まずに食べたりしていると口まわりの筋肉が衰えやすく、ほうれい線が目立ちやすいです。

こうした噛みグセだけでなく、八重歯が出ているなど歯並びの悪さが原因でほうれい線がくっきり刻まれてしまう場合もあります。 逆に食いしばりや歯ぎしりのクセがある方は、ほうれい線の原因になるなど、美容面でも最悪な影響が出ます。歯列矯正やマウスピースを愛用するのがおすすめです。

ほうれい線予防⑤温活で冷え由来のむくみ改善

むくみによって余分な水分や老廃物が皮膚に溜まってしまうと、その重さで頬が下がり、ほうれい線を目立たせてしまいます。睡眠不足や暴飲暴食の後、生理前や寒い冬の朝など特にむくみやすいため、いつもよりほうれい線が気になることがあるでしょう。

冷えからくるむくみ・ほうれい線には、季節問わず温活がおすすめです。顔のケアはもちろんですが、全身の血流をよくしておきましょう。

ほうれい線予防⑥栄養面に気を遣う

タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養が不足すると肌からハリが失われるため、ほうれい線がくっきりと刻まれやすくなります。

また、極端なダイエットを行うと表情筋が衰えて頬がたるみます。食事を抜いたダイエットではなく、栄養をしっかり摂りながら緩やかに体重を落としていくのがおすすめです。

ほうれい線の効果的な消し方7選

ほうれい線 消し方 対策

出典:shutterstock

ほうれい線消し方①頭皮のコリが原因ならブラッシング

ほうれい線解消に即効性があるとされているのが、パドルブラシのような頭皮を傷つけないブラシを使って、シャンプーをする前の頭皮を1分間ブラッシングする方法です。

やり方もとても簡単で、髪の生え際から頭頂部に向かって頭全体をブラッシングするだけ。頭全体をブラッシングすることで頭のコリが揉みほぐされると血行が促され、帽状腱膜がふっくらし、頭皮を引き上げてくれます。頭皮と顔の皮膚はつながっているため、頭皮が引き上がればたるみが薄くなり、気になるほうれい線が目立ちにくくなります。他にも、芸能人が多く愛用している頭皮にも使えるブラシ型の美顔器もおすすめです。

芸能人が愛用している「美顔器」まとめ特集|憧れの有名人が毎日使っている毛穴レス・ツヤ肌を叶える美容家電・美容ギアとは?
芸能人が愛用している「美容家電・美顔器」特集まとめ どこから写真を撮られても美しい芸能人たち。 もともと持っている美しさがあるのはもちろんですが、みんな努力してお肌のメンテナンスしていることもYoutubeやテレビの取材、雑誌な...

ほうれい線消し方②ハリ不足にはコラーゲンを増やす美容液やクリーム

ハリ不足が原因で肌がたるみ、ほうれい線ができている場合は、ハリ改善効果のあるクリームや美容液をスキンケアに取り入れましょう。

レチノールやビタミンC誘導体などの成分には、真皮層のコラーゲンやエラスチンにはたらきかけ、肌内部のコラーゲンを増やす作用があります。また、抗酸化力の高いポリフェノールや血行促進効果のあるビタミンEといった成分が含まれるクリームや美容液もたるみケアにおすすめです。

【最新】レチノール配合コスメおすすめ人気10選|スキンケアの効果や注意点も解説
おすすめ人気のレチノール配合コスメ特集まとめ 毛穴やニキビ、シワなどの幅広いお悩みにアプローチをしてくれる「レチノール」がスキンケアコスメとして話題になっています。 「レチノールという言葉はよく聞くけれど、どんな効果があるの?」...

ほうれい線消し方③表情筋の衰えが原因ならエクササイズ

表情筋が衰えることによってできたほうれい線は、エクササイズをすることで解消できる場合があります。

ただし、すでに弾力を失っているコラーゲンは無理に強く引っ張ったり、動かしたりすることでダメージを受けてほうれい線を深くしてしまうことがあるため、エクササイズを行う際は、顔に直接触れないことに注意しましょう。

また、美顔器を活用したエクササイズもほうれい線改善に効果的です。EMS(低周波)で表情筋にアプローチしたり、ラジオ波(RF)で肌内部を刺激し、ハリを支える物質の生成を促すなど、リフトアップをサポートする機器を選んでください。

MEGUMIさんの美容法とは?運命を変えたコスメとほうれい線を克服した方法をご紹介
出典: MEGUMI運命を変えたコスメ・美容法 元グラビアアイドルでタレント、女優、歌手として幅広く活躍されている美容好きで有名なMEGUMIさん。 歳を重ねるごとに美肌に綺麗に磨きがかかっていますよね。変わらぬ美しさを保ち続...

ほうれい線消し方④むくみが原因ならフェイスマッサージ

顔に脂肪がたまると老廃物が滞ってむくみやすくなり、たるみが悪化してほうれい線を目立たせます。

むくみが原因のほうれい線を解消するためには、スキンケアの際にリンパの流れを良くするマッサージを加えて血行を促すことがおすすめです。

マッサージを行う際は、肌の奥までしっかり圧をかける必要はありません。強い刺激はかえってほうれい線を悪化させる可能性があるためです。

リンパマッサージをする際は化粧水で角層をやわらかくし、マッサージクリームなどですべりの良い状態に肌を整えた後、肌をなでるようにやさしく行ってください。

《2024最新》モデルが愛用している美容ギアグッズ特集まとめ|肌や髪のスペシャルケアアイテムをご紹介
出典:Instagram 《2024最新》モデル愛用「美容ギアグッズ」特集まとめ 美容愛好家やモデルたちは、美しさを維持するために、自宅で使用できる様々な美容ギアグッズを利用しています。 サロンに行かなくても、贅沢なホームケアが...

ほうれい線消し方⑤美容医療でヒアルロン酸

深く刻まれたほうれい線を改善するには、クリニックでのヒアルロン酸注入がおすすめです。

ほうれい線へのヒアルロン酸注入は医師の技術やセンスによって、仕上がりに大きな差が出る治療であるため、医師選びを慎重に行うことが大切です。

ほうれい線消し方⑥メイクでほうれい線を消す

ほうれい線をカバーしようと単純にベースメイクを重ねてしまうと、ほうれい線のくぼみ部分でムラになり、かえって線が強調されてしまいます。

どうしても目立ってしまうほうれい線は、明るいコンシーラーでカバーしましょう。とくに筆タイプやリキッドタイプは、のびがよく広範囲につけられるので、ほうれい線をカバーするときにも簡単に使えます。

クマ隠しコンシーラーおすすめ人気10選|イエロー・オレンジなどカラーコントロールしやすいカバーコスメを厳選紹介
目元のクマを隠してくれるコンシーラー特集まとめ 化粧下地・ファンデーションで隠しきれないシミやそばかす、肌のくすみをカバーしてくれるコンシーラー。 プチプラからデパコスまでさまざまなブランドから販売されていますが、時間が経つと化...
持っていると便利なコンシーラーブラシおすすめ10選|シミやニキビ跡を隠してくれる資生堂などみんなが使っているメイクツールを紹介
【最新】持っていると便利なコンシーラーブラシおすすめ特集 「化粧道具・メイクツール」は、メイクやスキンケアの仕上がりを左右する存在。だからこそ、きちんとこだわって選ぶことが重要です。 各ブランドから「あったらいいな」というみ...

ほうれい線消し方⑦乾燥が原因なら保湿重視のスキンケア

肌の乾燥によってできるほうれい線が目立つ場合は、保湿重視のスキンケアを行いましょう。

化粧水で肌にたっぷりのうるおいを与え、美容液、乳液・クリームで必要な水分を肌に留めるスキンケアがおすすめ。さらに、保湿力の高いアイクリームやシワ改善効果を謳う医薬部外品(薬用)のクリームをほうれい線に塗るとよりほうれい線が目立ちにくくなります。

また、紫外線は肌をたるませる原因になるだけでなく、肌のバリア機能の低下を招き乾燥を悪化させるので注意しましょう。保湿重視のスキンケアと合わせ、年中UVケアを欠かさないようにしてくださいね。

https://na-beauty.com/post-132334/ ‎

ほうれい線は若さを保つうえでとても重要なパーツ!

ほうれい線 消し方 対策

出典:shutterstock

今回は、ほうれい線の原因と消し方とともに、ない人の特徴や一番効果的で即効性のある改善方法・ケア対策などをご紹介しました。

いかがでしたか?

ほうれい線は、若さを保つうえでとても重要なパーツですよね。ほうれい線がでてきてからでは、手遅れになってしまう場合もあるので、日頃からほうれい線が消えるトレーニングやケアをとりいれてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました