previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider
おもてなしやお酒に合うおつまみレシピ5選|ゲストに喜ばれるおすすめ料理を厳選

おもてなしやお酒に合うおつまみレシピを厳選

おもてなしにも取り入れられるようなおしゃれなおつまみを覚えてレパートリーにしておくととても重宝しますよね。

そこで今回は、ゲストに喜ばれる、おもてなしやお酒に合うおつまみレシピをご紹介します。

マンネリになりがちなおもてなしメニューですが、見映えもバッチリで作りやすいレシピをたくさん紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①丸ごと牡蠣グラタン〜濃厚クリーミー♪〜

最初にご紹介するお酒に合うおつまみレシピは、牡蠣を丸ごと使った、贅沢なグラタンです。
熱々のホワイトソースと、とろ〜りチーズの相性はバツグン♪白ワインにぴったりです。
牡蠣の旨味をたっぷり閉じ込めたグラタン、ぜひ作ってみてくださいね!

材料(2人分)

牡蠣(殻付き・加熱用)… 4個
薄力粉…適量
サラダ油…小さじ1
ピザ用チーズ 適量
パセリ 適量

【ホワイトソース】
牛乳…200ml
玉ねぎ(薄切り)…1/2個
しめじ…50g
バター…20g
薄力粉…大さじ1
塩…少々
コショウ…少々

作り方

1.牡蠣は殻から身を外し、塩水(分量外)に入れてふり洗いし、キッチンペーパーで水気を拭き取っておく。殻もしっかり洗っておく。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
2.牡蠣に薄力粉を薄くまぶす。フライパンにサラダ油を引いて中火に熱し、牡蠣を入れて両面焼き、ふっくらとしたら取り出す。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
3.同じフライパンにバターを入れて中火に熱し、バターが溶けたら玉ねぎを加えて炒める。玉ねぎがしんなりしたら、しめじを加えてさらに炒める。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
4.薄力粉を加えてダマが無くなるまで炒める。牛乳を2回に分けて加え、その都度混ぜる。とろみが付いたら塩、コショウで味を整えて火から下ろす。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
5.牡蠣の殻に(2)を1個ずつのせ、(4)のソースをかける。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
6.ピザ用チーズを散らして、トースターで5-6分焼き色が付くまで焼く。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
7.仕上げにパセリを散らしたら、完成!

②余ったおもちで!さっくさくのモチコチキン

次にご紹介するお酒に合うおつまみレシピは、さっくさくのモチコチキンです。

おろし金で細かくすりおろして手羽元にまぶしてカリッと揚げると、ハワイアンフードのモチコチキン風に仕上がります!

ビールはもちろん、ワインのおつまみにぴったりです。冷めても美味しいので、お弁当のおかずにもおすすめです。

ピリッと辛いオーロラソースと相性バツグン!ぜひ作ってみてくださいね。

材料

【モチコチキン】
鶏手羽元(骨・皮付き)… 5本
しょうゆ…大さじ1
はちみつ…大さじ1/2
オイスターソース…大さじ1/2
おろししょうが…小さじ1/2
おろしにんにく…小さじ1/2
薄力粉…大さじ2
卵…1個
切りもち…2個
薄力粉…大さじ4
油…適量

ソース
マヨネーズ…大さじ3
ケチャップ…大さじ3
おろしにんにく…小さじ1/2
タバスコ…適量

作り方

1. ボウルにしょうゆ、はちみつ、オイスターソース、にんにく、しょうが、卵、薄力粉を入れて混ぜ合わせ、鶏手羽元を加えて揉み込み、30分ほど漬けておく。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
2. おろし金で切りもちをすりおろし、薄力粉を混ぜ合わせたら、(1)にまぶす。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
3. 170℃の揚げ油に(2)をそっと入れて、全体がきつね色になるまで7分ほど揚げたら、紙などにとって油を切る。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
4. ソースを作る。器にケチャップ、マヨネーズ、おろしにんにく、タバスコを入れ、よく混ぜる。(3)に添えたら、完成!

③【にんにく丸ごと!?】最強のガーリックトースト

次にご紹介するお酒に合うおつまみレシピは、にんにくを豪快に丸ごと使ったガーリックトーストです!

カリカリのバケットに染み込んだガーリックバターはおもてなしにも喜ばれること間違いなし!一度食べたらやみつきになる究極のレシピです。

丸ごと焼いたにんにくをバターと混ぜて焼くだけで最強のガーリックトーストになるので、ぜひ作ってみてくださいね♪

材料(4人分)

にんにく…2個
塩…適量
オリーブ油…大さじ1
Aバター…大さじ2
Aパセリ…大さじ1
バゲット…1本

作り方

1.オーブンを200度に予熱する。
2.にんにくの上部を切り落とし、アルミホイルの上に置き、塩、オリーブ油をかけて包み、オーブンで30分焼く。
3.ボウルにAと(2)を入れて混ぜ、バゲットに塗る。
4.200度に予熱したオーブンで10分焼いたら、完成!ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

④ジューシーなのにほっくほく!フライドポテトチキン

次にご紹介するお酒に合うおつまみレシピは、一口食べたらカリッと香ばしい衣とほくほくのジャガイモ、そしてジューシーなチキンの旨味が口に広がる新感覚フライドチキンです。

食欲をそそるスパイシーな味付けのおかげで手が止まらなくなります!お好みでケチャップをつけて食べるのもおすすめ!

ホームパーティーにも普段のおかずにもぴったりな一品なのでぜひ作ってみてくださいね!

材料

鶏手羽元…6本⁣
じゃがいも…2個⁣
チリペッパー…小さじ1/2⁣
塩…少々⁣
コショウ…少々⁣
ローリエ…1枚⁣
サラダ油…適量⁣
水…適量⁣
顆粒コンソメ…小さじ1⁣
ピザ用チーズ…適量⁣
薄力粉…適量⁣
溶き卵…1個分⁣
パン粉…適量⁣
サラダ油…適量⁣

作り方

1.鶏手羽元の皮を剥いて、チリペッパー、塩、コショウをまぶす。⁣
2.深めのフライパンにサラダ油をひき、熱して(1)を焼き色がつくまで転がしながら焼く。⁣
3.(2)に手羽元が半分浸るくらいの水、ローリエを加えて沸騰させ、中火にして中に火が通るまでゆでる。⁣
4.(3)をバッドに移し、軽く拭き取って粗熱をとり、骨から肉を取ってフォークでほぐし、包丁に持ち変えて細く切る。骨はとっておく。⁣
5.大きめの耐熱ボウルにじゃがいもを入れ、ラップをして600Wの電子レンジで6分加熱する。⁣
6.(5)を熱いうちに細かくつぶし、(4)、塩、コショウ、顆粒コンソメを加えて全体を混ぜ合わせ、6等分にする。⁣
7.(6)を手のひらに広げ、骨、チーズを中心にのせたら俵状に包む。⁣
8.薄力粉、溶き卵、パン粉の順につけて180℃に熱した揚げ油できつね色になるまで揚げて完成!⁣

⑤鴨のロースト・赤ワインソース

次にご紹介するお酒に合うおつまみレシピは、鴨のロースト・赤ワインソースです。

テーブルを華やかに彩ってくれるレストラン級の一皿は、お誕生日などの特別な日のおもてなし料理として覚えておくと、とても喜ばれる贅沢な味わいです。フルボディの赤ワインと一緒に、堪能してください。

材料

鴨むね肉…2枚
塩コショウ…少々
じゃがいも(小)…450g
ローズマリー…1本
赤ワイン…240ml
チキンスープ …240ml
はちみつ…大さじ2
オレンジ…1/2個

作り方

1. オーブンは200℃に予熱しておく。
2. 鴨むね肉はペーパータオルで水分を拭き取り、皮目に格子状に切り込みを入れて、両面に塩・コショウを振る。
3. 鍋に水とじゃがいもを入れ、強火にかけて沸騰させる。15-20分茹でて、フォークがすっと入るくらいやわらかくなったら湯を切り、ココットの底などで軽くつぶす。
4. 冷たいフライパンに(2)を皮目を下にして並べ、中火で12-15分ほど焼く。うら返して1分焼いたら、再度皮目を下にして、200℃のオーブンで4分焼く(ミディアムレア。ミディアムに仕上げるには6分焼く)。
5. オーブンから取り出したら、皮目を上にして10分ほど休ませる。
6. そのままのフライパンに(3)を入れ、きつね色になるまで5-6分揚げ焼きにする。塩・コショウで味を調え、仕上げにローズマリーを加える。
7. ソースを作る。小鍋に赤ワイン、チキンスープ、オレンジ果汁、はちみつを加えて中火にかけ、半量適度に減るまで煮詰める。
8. (5)を1.2cm幅に切り分けて(6)とともに皿に盛る。ソースをかけたら、完成!

おしゃれなおつまみをおもてなしの一品に取り入れよう

今回は、ゲストに喜ばれる、おもてなしやお酒に合うおつまみレシピをご紹介しました。

気になるレシピはありましたか?

どれも簡単でありながら、食べ応えのあるおつまみばかりです。ぜひこちらを参考に、おもてなしの一品に取り入れてみてくださいね。

トップへ戻る

FOLLOW US