10分で好印象を与える人の特徴 10選|相手がもっと話したくなる初対面での振る舞いとは?
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

10分で好印象を与える人の特徴 10選|相手がもっと話したくなる初対面での振る舞いとは?


出典:istockphoto

相手がもっと話したくなる初対面での振る舞いとは?

あなたは、初対面の人と接するときに気を付けていることはありますか?

人と仲良くなるためには、好意的なイメージを持ってもらうのが一番です。好意的な印象のある人は、誰からも愛されて、お友達がたくさんいますよね。

そこで今回は、10分で好印象を与える人の特徴をご紹介します。

普段、何を話していいかわからずにモジモジしてしまうような人でも、簡単にトライできる方法ばかりです。

ビジネスにも役立つ方法なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

10分で好印象を与える人の特徴 10選

①相手の名前を呼ぶ


出典:istockphoto

初対面の人に自分の名前を呼ばれるとどんな気持ちになりますか?

一度も話をしていない人に名前を呼ばれるとビックリするかもしれませんが、それでも名前を覚えてくれていると、嬉しく感じますよね。

人間は誰でも、人に認められたいという欲求を持っています。
「褒められたい」「価値のある人間だと思われたい」という思いのことを承認欲求と言いますが、名前を呼ばれるだけでも、承認欲求を満たすことができると言われています。

仲良くなりたいと思っている人がいるならば、まずは名前を呼んで話しかけてみましょう。相手もあなたの名前を抵抗無く呼びやすくなり、ぐっと距離も縮まるはずです。

②笑顔で接する


出典:istockphoto

笑顔で人と接している人は、自然と人と仲良くなりやすい傾向があります。また、周りからの印象も良い人が多いです。

笑顔で接してくれる人には、親しみやすいイメージがありますよね。たとえ作り笑いでも、より良い関係を築きたいという意思は伝わります。

一緒にいて楽しいと思ってもらうためにも、まずは笑顔で接することを大事にしましょう。

③物理的に距離を縮める


出典:istockphoto

学生時代、どんなきっかけで、友達ができていましたか?

部活が一緒だったり、クラスの席が近い人とは、接する機会が多くなり、仲が深まりやすい傾向があります。

職場でも、部署やチームが違うと、仲良くなることってあまりないですよね。

いつも乗る電車の中で見かける人に恋をするという人もいますが、それも「接触する機会があるからこそ」。

仲良くなりたいと思う人と接点を増やすためにも、出来るだけ近距離にいるようにしましょう。真正面に座ると意見が対立しやすくなるので、あくまでも近くにいることが鉄則。自然と仲良くなれるはずです。

④目を見て話す

出典:istockphoto

話をしているのに、相手が目を合わせてくれなかったら、少しさみしい気持ちになりますよね。普段から目を合わせてくれない人もいますが、目を合わせながら会話をすることで、相手が今どのような心情かを感じ取ることができます。

好印象を与える人は、人と話をする時、必ず目を見ます。

目を見て話してくれたり、目を見て話を聞いてくれていたりすると、ちゃんとコミュニケーションが取れる人なんだなという印象もつきますし、実際に意思疎通ができるようになります。

ビジネスでも、目を見て商談できる人は、信頼されやすい傾向にあります。

目を見るということは、好印象を与えられるだけでなく、信頼されやすいのです。

⑤低めの声でゆっくり


出典:istockphoto

実は少し低めでゆっくり話す人の方が、第一印象に好感を持たれることが多いことがわかっています。

しかし、人によって声の高さは違うものです。自分の声を変えるのは簡単なものではないですよね。

自分の声質を良くするためにはトレーニングが必要ですが、話し方を意識するだけなら、スグにでも出来るはず。

ゆっくり話すように意識するだけでも、印象が良くなりますよ。

⑥共通点を見つける


出典:istockphoto

あなたは、初めて話をする人とはどんな話から始めますか?

どんな人かわからないと、「何を話して良いかわからない」と尻込みしてしまう方も多いはず。まずは、相手との共通点をみつけるための質問をしてみましょう。

好きなものが同じだったり、共通の知り合いがいたり、住んでいる地域が同じだったり、何か一つでも共通点があると、お互いに親近感が湧いてきます。

まずは趣味や、休日の過ごし方などから聞いてみてはいかがでしょうか。

⑦自分の話をする


出典:istockphoto

初対面の人に自分の話をすることはありますか?

自分の話ばかりするのはよくありませんが、相手の話をただ黙って聴いているのもコミュニケーションが取れない人なのかと思われてしまいます。

恋愛においてもビジネスにおいても、聞き上手であることはとても素晴らしいですが、自分のことを知ってもらうためにも、自分の話も少しはしておきましょう。

そうすることで相手は「自分の事を話をしてくれたんだから、私も何か話さないと」と思い、会話が弾むきっかけにもなります。

心理学ではこのことを「返報性の原理」と言い、何かもらったらお返しをしないといけないという気持ちになることを表します。

⑧話をひたすら聴く


出典:istockphoto

あなたは聞き上手ですか?

会話に夢中になると、つい自分の話ばかりしてしまうこともありますよね。

自分のことを知ってもらいたいと思う「自己顕示欲」は誰もが持っているものですが、相手が興味のないことを、延々と話すのは避けたいところ。

自分のことを話すのも大事ですが、退屈させないようにするためにも、相手の話を聴くことも意識してみましょう。

⑨「相づち」と「うなずき」


出典:istockphoto

集中して自分の話を聴いてくれる人には、悪い気はしませんよね。

話を聴くときは耳を傾けるだけでなく、時には相づちを打ったり、うなずいて納得していることを表現することも大事です。

ただ見つめながら聴いているだけでは、本当に話を聞いているのか、違うことを考えているのかわかりません。

相手が話している時はただ聴くことも大事ですが、「相づち」と「うなずき」を利用して、相手の話に共感するクセをつけましょう。

⑩否定しない


出典:istockphoto

相手が話すことが間違っていると思ったらあなたは、どうしますか?内容によっては、反射的に、思わず否定してしまうこともありますよね。

親切のつもりでも、相手が間違っていることを伝えても、不機嫌になってしまうことがあります。

もし相手が100%間違っていることを言ったとしても、頭ごなしに否定すると良好な関係を築くのは難しくなります。

どうしても否定する必要があると思ったら、相手の話を受け入れてから話すようにすると、そこまで悪い印象にはなりません。

初対面との良好な関係を築こう!

今回は、10分で好印象を与える人の特徴をご紹介しました。

いかがでしたか?

人と良好な関係を築くのは簡単なことではありませんが、仕草や行動で、簡単に好印象を与えることも可能です。

初対面との良好な関係を築くのが難しいと感じている方は、自分がされて嬉しいことをやってみることが大切。

ぜひ参考にして、まずは自分ができそうな項目からトライしてみてくださいね。

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US