【簡単】毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」10選!夏の定番はコレに決まり♡
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

【簡単】毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」10選!夏の定番はコレに決まり♡


毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」をご紹介!

今年もそうめんの季節がやってきました♪

今回は、毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」をご紹介します。満足度の高いアレンジレシピから調味料や薬味を混ぜるだけの簡単アレンジまで幅広くピックアップしました。

ぜひ参考にしてみてください!

①ネギ塩レモンの豚しゃぶそうめん


出典:Nadia

まず初めにご紹介する毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」は、さっぱりなのに奥深い味わいのネギ塩レモン味のそうめん。

じめじめした日でもするっと食べられるこちらのレシピ。豚しゃぶ入りでボリュームもたっぷり♪ レモンの酸味で疲労も和らぎそうです。一度食べると病みつきになること間違いありません◎

材料2人分

そうめん 200g
長ねぎ 1本(約100g)
A 塩 小さじ1/4
A 砂糖 小さじ1/2
A 鶏ガラスープの素、にんにく(チューブ) 各小さじ1
A HIROSHIMA LEMONストレート果汁100% 小さじ1〜
A ごま油 大さじ2
B 水 500㎖
B 酒、みりん 各大さじ1
B 鶏ガラスープの素 大さじ1強
B 塩 ひとつまみ
豚バラしゃぶしゃぶ肉 100g
黒胡椒 適量
スライスレモン お好みで

作り方

1.
みじん切りにした長ねぎをボウルに入れA《塩 小さじ1/4、砂糖 小さじ1/2、鶏ガラスープの素、にんにく(チューブ) 各小さじ1、HIROSHIMA LEMONストレート果汁100% 小さじ1〜、ごま油 大さじ2》を加えてよく混ぜ、ネギ塩レモンダレを作る。

2.
そうめんは茹でて冷水にとり、水気をしっかり切る。

3.
鍋にB《水 500㎖、酒、みりん 各大さじ1、鶏ガラスープの素 大さじ1強、塩 ひとつまみ》を入れ、一煮立ちさせたら火を弱め、豚バラしゃぶしゃぶ肉を入れる。

4.
肉に火が通ったらそうめんが入った器に3の汁と肉を入れ、スライスレモンを盛りつける。黒胡椒をふってお召し上がりください。

《ポイント》
・HIROSHIMA LEMONストレート果汁100% は小さじ1〜始めてお好みで量を増やしてください。
・塩気が足りなければ塩を増やしてお作りください。

②豆苗と挽肉の混ぜそう麺


出典:Nadia

次にご紹介する毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」は、ピリッと旨辛味がクセになる、豆苗とひき肉の混ぜそば風そうめんです。

にんにくとごま油の豊かな香りで、食欲増進間違いなし!きゅうりを入れると食感も楽しめる一品になります。

材料2人分

そうめん 200g
豆苗 1/2パック〜
糸唐辛子 適量(鷹の爪でも可)
きゅうり 1/4本
A 合い挽き肉 100g
A 醤油 大さじ1
A 砂糖 小さじ2
A ごま油 大さじ1/2
A ニンニクチューブ 1cm
B 醤油 大さじ2
B ごま油 大さじ1
B 砂糖 小さじ1
B ニンニクチューブ 2cm
B すりごま 少々

作り方

下準備
きゅうりは千切りにし、豆苗は食べやすい長さに切る。
1.
ボウルにA《合い挽き肉 100g、醤油 大さじ1、砂糖 小さじ2、ごま油 大さじ1/2、ニンニクチューブ 1cmの材料を全て入れて、合い挽き肉に調味料をもみ込んで5分ほどつける。
2.
フライパンにサラダ油(少々・分量外)を入れて肉の色が変わるまで中火で炒め、キッチンペーパーなどで油を吸い取り、容器にうつして粗熱を取っておく。
3.
B醤油 大さじ2、ごま油 大さじ1、砂糖 小さじ1、ニンニクチューブ 2cm、すりごま 少々を混ぜ合わせる。
4.
そうめんを袋の表示通りに茹でて流水で締め、水切りをする。ボウルに2と3、そうめんと糸唐辛子と豆苗を入れ、混ぜ合わせる。お皿に盛り付けてきゅうりをのせる。

《ポイント》
・そうめんを茹でる時、沸騰してお湯が溢れそうになった時は、水を少しずつ足していくと溢れる心配なしっ!
・糸唐辛子がない場合は、鷹の爪をハサミで糸状に切るといいですよ!
・合い挽き肉を炒める時に出る余分な油を拭き取ることで、すっきりと仕上がります!
・Aの炒めた合い挽き肉とBのタレを混ぜ合わせて、豆腐の上にのせると韓国風冷奴にもOK◎ラー油も少しかけてね!

③豚レタスかにかまの塩ごまだれそうめん


出典:Nadia

次にご紹介する毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」は、かにかまと炒めたレタスを使った、中華風のそうめんレシピです。

甘いごまだれが美味しさを引き立ててくれます。お店顔負けの味わいで、グルメな男性でも思わず「おっ♡!」とほころびますよ!ぜひこの夏にチャレンジしてみてくださいね♪

材料2人分

そうめん 2把(180g)
豚バラ肉(薄切り) 120g
レタス 3枚(70~80g)
かに風味かまぼこ 2本(ロングタイプ)
A 純正ごま油濃口 大さじ1
A すりごま白 大さじ1
A 顆粒鶏ガラスープの素、しょうゆ 各小さじ1
A すりおろしにんにく チューブ2cm
A うま味調味料 4ふり
水 200ml
純正ごま油濃口 小さじ1
黒こしょう 適量

作り方

1.
ボウルにA《純正ごま油濃口 大さじ1、すりごま白 大さじ1、顆粒鶏ガラスープの素、しょうゆ 各小さじ1、すりおろしにんにく チューブ2cm、うま味調味料 4ふり》を入れてよく混ぜる。水を加えてさらに混ぜ、塩だれを作る。

2.
豚バラ肉(薄切り)は3cm幅に切る。
レタスは手で食べやすい大きさにちぎる。
かに風味かまぼこは手でちぎって長さを4等分にし、それぞれ細く裂く。

3.
フライパンに純正ごま油濃口を熱し、豚バラ肉を入れて中火で炒める。レタス、かに風味かまぼこを加えてさっと炒め、黒こしょうをふる。

4.
鍋にたっぷりの湯を沸かし、そうめんを袋の表記時間通りにゆでる。
ざるにあげて流水で揉み洗いし、氷水につけて冷やす。

5.
そうめんの水気を切って器に盛る。(1)の塩だれをかけ、(3)を盛る。

《ポイント》
純正ごま油濃口を使用することで、風味がより濃くなりおいしいです♪

④そうめんフォー


出典:Nadia

次にご紹介する毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」は、気分を変えたいときにおすすめな、鶏もも肉ともやしで作るエスニックそうめん。

ナンプラーが味の決め手です。もやしは、熱々のスープをかけてシャキッと仕上げるのがポイント◎ レモンをしぼって召し上がれ!

材料2人分

そうめん 2束
鶏もも肉 1/2枚
もやし 1/2袋
万能ネギ 2本
レモン 2切れ
すり胡麻 適宜
オリーブ油 大さじ1
塩胡椒 少々
A 昆布だし 500ml
A 酒 大1
A 生姜(すりおろし) 1片分
A にんにく(すりおろし) 1/2片分
A ナンプラー 大さじ1〜2

作り方

下準備
そうめんを表示通りに茹で、器に盛る。
万能ネギは小口切りにする。
もやしはさっと洗う。

1.
鶏もも肉は耐熱容器に入れてふんわりとラップに包み、電子レンジ1000wで1分加熱する。粗熱が取れたら食べやすい大きさに切る。フライパンにオリーブ油を熱し、鶏もも肉を炒め、塩胡椒で味を整える。※蒸した汁はとっておく。

2.
鍋にA《昆布だし 500ml、酒 大1、生姜(すりおろし) 1片分、にんにく(すりおろし) 1/2片分、ナンプラー 大さじ1〜2》と蒸した汁を入れて火にかけ、沸騰したら鶏もも肉を加えてひと煮立ちさせる。

3.
そうめんに鶏もも肉・もやしを盛り付けて、あつあつの3を回しかける。万能ネギを散らしてレモンを飾り、すり胡麻をふる。

《ポイント》
化学調味料はイヤ、でも鶏がらスープを取る時間がない!
そんな時は鶏もも肉を蒸した汁も一緒に入れて旨みをプラス。
レモンは中心まで切り込みを入れ、ひねって飾ります。

⑤なすとひき肉のうま味噌そうめん


出典:Nadia

次にご紹介する毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」は、夏らしさ満載の、茄子とひき肉の味噌味そうめんです。

味噌、酒、みりんといった定番調味料を使っているので、日本人が思わずほっとする絶妙な味わいに仕上がります。何度食べても飽きない優秀レシピです。

材料2人分

そうめん 2束(乾麺を使用)
なす 2本
豚ひき肉 300g
おろし生姜 小さじ1
A 味噌 大さじ2
A 黒砂糖 大さじ2
A 酒 大さじ2
A みりん 大さじ2
A しょうゆ 大さじ1

作り方

1.
なすは5mm角に切る。

2.
油を入れずフライパンを弱火で温め、豚ひき肉とおろし生姜を加えて脂が透き通り、肉がぽろぽろになるまで炒める。

3.
そうめんを袋の表記通りに茹で始める。

4.
2に1とA《味噌 大さじ2、黒砂糖 大さじ2、酒 大さじ2、みりん 大さじ2、しょうゆ 大さじ1》を加えてなすがしんなりするまで炒め煮する。

5.
なすがしんなりするとこんな感じになります。

6.
3を冷水でしめ、水気をよく切って器に盛り付けたら、5を等分にのせる。小ねぎや糸唐辛子などお好みで。

《ポイント》
水気を切ったそうめんを器に盛り付ける際、ひと口ずつ手ですくいながら盛り付けると簡単にほぐれて食べやすくなります。

⑥豆乳大葉そうめん


出典:Nadia

次にご紹介する毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」は、大葉を乗せ、豆乳と麺つゆを合わせた即席スープをかけた、まろやか味のそうめん。

ラー油をかけると味変が楽しめます◎ 想像以上に美味しいですよ!土日のお昼にぜひお試しあれ♪

材料1人分

そうめん 100g
大葉 2枚
A 成分無調整豆乳 200ml
A 3倍濃縮麺つゆ 大さじ1
A 塩 ひとつまみ
ラー油 適量(お好みで)

作り方

下準備
A《成分無調整豆乳 200ml、3倍濃縮麺つゆ 大さじ1、塩 ひとつまみ》を合わせておく。

1.
そうめんは袋の表記通りに茹で、冷水でしめたら水気をよく切る。

2.
大葉はくるくる巻いて千切りにする。

3.
1を器に盛り付け、Aを回しかけたら2をのせる。お好みでラー油をかける。

《ポイント》
塩ひとつまみとは、親指、人差し指、中指の3本指でつまんだくらいの量です。

⑦冷やし担々そうめん


出典:Nadia

次にご紹介する毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」は、豆乳とすりごまで作る、冷やし坦々そうめんのレシピです。

鯖缶を使うことで、旨味も栄養価もぐぐっとアップ!簡単に作れるのにコクが出ていて絶品です♪ 休日のランチにぴったりな一品◎

材料2人分

そうめん 2人分
さばの味噌煮缶 1缶(150g)
A 豆乳 150ml
A すりごま 大さじ1と1/2
A 鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1と1/2
大葉 2枚
ラー油 適量

作り方

下準備
そうめんは時間通りに茹で、しっかり洗い、冷やしておく。

1.
ボウルにA《豆乳 150ml、すりごま 大さじ1と1/2、鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1と1/2》を入れよく合わせたら、さばの味噌煮缶を汁ごと入れ合わせる。

2.
器に茹でたそうめんを盛り、①のスープをかける。

3.
刻んだ大葉を乗せ、ラー油を回しかける。

《ポイント》
・鯖缶を冷蔵庫で冷やしておけば、ヒンヤリ感が増しますよ。
・お使いの鯖缶によって塩分が違ってくるので、鶏ガラスープの素の分量で調整してくださいね。

⑧韓国風素麺


出典:Nadia

次にご紹介する毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」は、さっぱり食べられる冷麺を思わせるそうめんレシピです。

シャキシャキのきゅうりがアクセント♪ 暑くて食欲がないときでもこれなら食べられそうです。キンキンに冷やして食べるのが美味しさアップの鍵◎

材料1人分

素麺 1束(100g)
きゅうり 1/4本
味玉 1/2個
キムチ 30g
ねぎ 10cm
A 麺つゆ(3倍希釈) 50ml
A 冷水 150ml
A 酢 大さじ1
糸唐辛子(お好みで) 適量

作り方

下準備
きゅうりは半分に切ってから薄くスライスし、軽く塩(分量外)をふり、しんなりしたら、絞っておく。ねぎは千切りにして水にさらす。

1.
たっぷりのお湯で素麺を茹で、冷水にとり、よく洗う。

2.
器に素麺を盛り、キムチ、味玉、きゅうりを盛り付け、ねぎを添える。
A《麺つゆ(3倍希釈) 50ml、冷水 150ml、酢 大さじ1》を併せたかけつゆを注ぎ、糸唐辛子(お好みで)をあしらう。

《ポイント》
かけつゆを作る時に、氷ごと冷水にいれて量ると、薄くならずキンキンに冷えた冷麺になります。

⑨ツナと野菜のそうめんチャンプルー


出典:Nadia

次にご紹介する毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」は、そうめんを野菜やツナと炒めて、チャンプルーにした絶品レシピ。

味付けは顆粒だしとめんつゆでバッチリ決まります。また食べたくなるほっとする味わいもクセになるポイント♪ 冷蔵庫の残り野菜の整理にもおすすめです。

材料2人分

素麺 200g
にんじん 小1本(約70g)
玉ねぎ 1/2個
ピーマン 2個
ツナ缶 1缶(70g)
A 和風だし顆粒 小さじ1
A 3倍濃縮麺つゆ 小さじ1
塩 少々
こしょう 少々
オリーブオイル 小さじ1

作り方

1.
にんじんは皮を剥いて千切りにする。玉ねぎは繊維に沿って5mm幅に切る。
ピーマンは種とヘタを取り、縦に千切りにする。

2.
オリーブオイルを入れたフライパンを中火で熱し、玉ねぎとにんじんを炒める。
※ここでたっぷりのお湯を沸かし始める。

3.
玉ねぎがしんなりしたらピーマンを加えて油が回るまで炒め、火を止めておく。

4.
素麺を1分茹でたらざるにあげ、冷水にさらしてぬめりを取り、水気をしっかり切る。

5.
3を弱めの中火で熱し、ツナ缶オイルごと、4、A《和風だし顆粒 小さじ1、3倍濃縮麺つゆ 小さじ1》を加えて全体を優しく和えて塩、こしょうで味を整える。
※この時、ツナ缶のオイルを素麺の上に振りかけてから和えると素麺がくっつきにくくなります!

6.
全体を優しく和えた後。

《ポイント》
・工程5で火を入れすぎると素麺が切れたりくっついたりする原因になります。混ぜるというよりは優しく和えるイメージです。
・そして素麺のぬめりを流水でしっかり取っておくこと、ツナ缶のオイルをそうめんに振りかけてから全体を和えるのもくっつかないポイントです。

⑩レンジで出来るビビン麺


出典:Nadia

最後にご紹介する毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」は、コチュジャンとキムチを使って旨辛味に仕上げたそうめんです。

調味料や具材を混ぜるだけですが、驚くほど本格的な味に仕上がります。海苔の風味もたまりません♡ ピリッと辛くビールもすすみます。

材料1人分

そうめん 1束(100g)
熱湯 450ml
A コチュジャン 大さじ1
A 酢 大さじ1/2
A めんつゆ(4倍濃縮) 大さじ1/2
A ごま油 大さじ1/2
B キムチ 適量
B 海苔 適量
B ごま 適量

作り方

1.
そうめん1束(100g)を半分に折り、深めの耐熱ボウルにクロスして入れる。
熱湯450mlを加え、600wの電子レンジでそうめんの袋に記載されている茹で時間+1分加熱。

2.
加熱が終わったらざるに上げ、流水でもみ洗いをしぬめりを取る。
ボウルに戻しA《コチュジャン 大さじ1、酢 大さじ1/2、めんつゆ(4倍濃縮) 大さじ1/2、ごま油 大さじ1/2》を加えよく混ぜ合わせる。

3.
器に盛りB《キムチ 適量、海苔 適量、ごま 適量》をトッピングする。

《ポイント》
・そうめんを茹でる時はクロスして入れると、麺同士がくっつきにくくなります。
・めんつゆは4倍濃縮を使用しています。3倍濃縮なら大さじ1弱、2倍濃縮なら大さじ1を目安にしてください。
・めんつゆがない場合は、しょう油大さじ1/2+砂糖大さじ1/2でもOKです。
・そうめんの代わりにうどんや中華麺でも美味しくできます。
・そうめんを茹でる時はラップをかけないでください。
・電子レンジで加熱中、お湯がモコモコと沸いてくるので、必ず深めの耐熱ボウルで茹でてください。
・2人前以上作りたい時は、お鍋で茹でた方が早いと思います^^;
・トッピングはお好みで!細切りのきゅうりやゆで卵・茹でささみなどもオススメです。

夏の定番は「そうめんアレンジレシピ」に決まり♡

毎日食べたい「そうめんアレンジレシピ」をご紹介しました。

気になるレシピはありましたか?これなら毎日でも飽きずに食べられそうですね♪

この記事を参考に、ぜひ作ってみてくださいね!

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US