「この子いいかも、また会いたいな」 男性が好印象を抱く会話の方法とは

出会いの場において、ビジュアルはもちろん大事ですが、同じぐらい大事になってくるのがトーク術です。
どんなに美人で可愛くても、喋った感じがイマイチだと男性は『また会いたい』とは思ってくれないかも…
そこで今回は、男性が「この子いいかも!」と好印象を抱くトーク術をご紹介しますので必見です。

質問をして会話を掘り下げる

相手に好印象を残したいのであれば、自分の話をたくさんするよりも、まず相手にたくさん質問することです。
例えば「趣味はなんですが?」「どこ出身ですか?」「休日は何してるんですか?」など、一つの質問を掘り下げずに立て続けにいろんな質問をして、一問一答のようになってしまうのはよろしくないです。
質問と言っても“単なる質問を繰り返す”よりも次にご紹介するような質問をしてみましょう。
「趣味はなんですか?」と聞いたら、彼が「温泉が好きで、週末はよくドライブがてら温泉に行ってるよ」と答えたのなら「温泉いいですよね!オススメの温泉ありますか?」とさらに踏み込んだ方が“会話”になります。
一問一答みたいなやり取りは会話とは言いませんからね。

具体的に褒める

会話の中で相手を褒めることもあるでしょう。
その時に「すごーい」「かっこいい」など、語彙力弱めの薄っぺらい言葉で褒めても、相手の心には刺さりません。
褒めるのなら具体的に褒めることをおススメします。
例えば、彼が最近昇進したというのなら、「すごーい!おめでとうございます」の一言ではなく、「おめでとうございます!能力のある人は着実に昇進していくんですね!」など一言二言加えた方がいいです。
何がすごいのか、どうすごいのかは表現した方がいいですよ。
このように「すごい」に少し加えるだけ彼の印象はかなり変わってくるはずです。

共通点を探す

初めて会った相手でも、自分との共通点が多いと、なんとなく親近感がわきません?
相手との距離を縮めるのが上手な人ほど、相手との共通点を探すのが上手いですよね。
共通点を探す上でも、やっぱり相手に質問をするというのは大事。
質問をしないと相手と自分にどんな共通点があるか見えてこないですからね。
ただ質問をして会話を掘り下げるだけでなく、会話の中で彼と自分の共通点を探し「私もそうなんですよ!」と言える回数を増やした方が、相手に好印象を残せると思います。

あいづちのバリエーションを豊富に

自分が話している時に、「へー」「そうなんだ」「ふ〜ん」というような淡白な、あいづちばかり相手に打たれたら『あれ?私の話つまらないのかな…?』と不安になりませんか?
しっかり聞いていても、あいづちが淡白だと話し手のテンションは下がってしまいます。そうなると『あの子は話しにくい……』と、良くない印象を持たれてしまうことも。
会話をする上で、あいづちのバリエーションは豊富な方がいいです。
じゃぁどうすればバリエーションが豊富になるの?と思われるかもしれませんが、これはコミュニケーション能力がたかい人のマネをした方が早いです。
あなたの周りにいるコミュニケーション能力のたかい人の会話をマネてみるだけでも、結構会話の質が変わったりしますから。
相手に好印象を残したいのなら、聞き上手を極めるのも一つの方法です。

恋にはトーク術も大事

『いまいち話しづらいな……』と思われてしまえばいくら見た目がよかったとしても「この子いいかも!」「また会いたい!」とは思ってもらえません。
 恋を惹き寄せるためにオシャレををして外見を着飾るのもよいですが、トーク術も磨いて中身から素敵な女性になりましょう♪

トップへ戻る