previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

「なす×パスタ」アレンジレシピ10選|洋風から和風まで夏にぴったりなレシピを大公開

洋風から和風まで夏にぴったり「なす×パスタ」レシピ

5~10月頃の初夏から秋が旬のなすは、パスタとの相性も抜群。味にクセがないのでどんな食材とも合わせやすく、バリエーション豊富な味付けを楽しむことができます。

そこで今回は、おすすめの「なす×パスタ」アレンジレシピをご紹介します。

ミートソースやペペロンチーノなどの定番パスタをはじめ、トマトパスタ、和風パスタなどのジャンル別に夏にぴったりなレシピを大公開。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

①おもてなしにぴったり!なすとひき肉のミートソースパスタ


出典:Nadia

最初にご紹介するのは、コクのあるトマト味が人気のミートソースパスタのレシピです。こんがり焼いたなすのジューシーな食感が絶品!ひき肉を炒めるときにきのこ類やセロリなどをみじん切りにして加えると、食感も楽しく、さらに美味しく仕上がりますよ。

材料2人分

スパゲッティ 200g(1.6mm)
合挽き肉 200g
ナス 2本
玉ねぎ 1/2個
にんにく 1片
A カットトマト缶 1缶(400g)
A 赤ワイン 大さじ1
A ウスターソース 大さじ1
A ケチャップ 大さじ1/2
A 砂糖 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1と1/2
塩 小さじ1/4
こしょう 少々
パセリ 少々(あれば)

作り方

1.
ナスは乱切りにして水にさらす。フライパンにオリーブオイル 大さじ1を中火で熱し、ナスを軽く焼き色がつくまで焼いて取り出す。

2.
玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。同じフライパンにオリーブオイル 大さじ1/2を中火で熱し、玉ねぎ、にんにくを加え、しんなりするまで炒める。合挽き肉を加えて色が変わるまで炒め、塩こしょうで下味をつける。

3.
1のナスを戻し入れ、A《カットトマト缶 1缶、赤ワイン 大さじ1、ウスターソース 大さじ1、ケチャップ 大さじ1/2、砂糖 小さじ1/2》を加え、ふたをして、ときどき混ぜながら弱火で10分煮込む。

4.
塩 少々(分量外)を加えたたっぷりの熱湯で、スパゲッティを表示より30秒ほど短くゆで、ザルにあげる。3に加えてからめ、皿に盛り、ちぎったパセリをちらす。

《ポイント》
・合挽き肉を豚ひき肉に変更してもOK。
・きのこ類やセロリなどをみじん切りにして、合挽き肉と一緒に炒めるとさらにおいしく。
・お好みで、仕上げに粉チーズをふっても良いです。
・ミートソースは作り置きにも。冷凍しておいて、チーズと一緒にパンにのせて焼いたり、グラタンなどにアレンジするのもオススメ♪

②食欲をそそるにんにく風味。なすと豚肉のペペロンチーノ


出典:Nadia

次にご紹介するのは、にんにくの香りが食欲を刺激する、食べ応えのあるペペロンチーノ。豚肉とピーマンは後から加えることで、歯ごたえの違いを楽しめます♪なすをしっかり炒めてトロトロにしたら、パスタを加えたら全体を優しく和えるようにして仕上げましょう。

材料2人分

スパゲッティ 200g
塩 20g(スパゲッティを茹でる用)
なす 2本
ピーマン 2個
豚バラ肉 100g
にんにく 2片
赤唐辛子 1〜2本(輪切りで使用)
塩 少々
こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ2

作り方

1.
なすはヘタを切り落とし、斜め薄切りにする。ピーマンはヘタと種を取って1cm幅に切る。にんにくは縦半分に切って芽を取り輪切りにする。豚バラ肉はひと口大に切る。

2.
鍋に2リットルの水と塩20gを入れて沸かし、袋の表記よりも1分短めにスパゲッティを茹で始める。

3.
2を茹でている間に、オリーブオイルを入れたフライパンを弱火で熱し、にんにくを入れて炒める。薄いきつね色になったら皿に取り出す。

4.
3のフライパンに赤唐辛子、なすを加え、なすがややしんなりするまで中火で炒めたら、豚バラ肉とピーマンを加えて肉の色が変わるまで炒める。

5.
4にゆで汁大さじ5を加え、オイルとよく馴染ませたらにんにくを戻し入れる。

6.
茹で上がったスパゲッティをざるにあげて5に加え、全体を優しく和える。塩少々とこしょう少々で味を調える。

《ポイント》
スパゲッティを入れた後は混ぜるというよりも和えるという感覚で優しく全体と合わせてください。激しく混ぜ合わせるとパスタがぽそぽそになる原因になります。

③どこかなつかしい美味しさ♪具だくさんの絶品ナポリタン


出典:Nadia

次にご紹介するのは、野菜やウインナーなどの具材がたっぷり入ったナポリタンのレシピです。ケチャップに生クリーム、ウスターソース、コンソメ、にんにくを加えた味わい深いソースは絶品!にんにくはチューブではなく、生のにんにくをおろして使うとさらに風味がアップします。しっかり食べたい時におすすめのレシピです。

材料2人分

パスタ 200g(2人分)
ウィンナー 4本
ピーマン 2個
ナス 1~2本
玉ねぎ 1/2個
A ケチャップ 大さじ6
A 生クリーム 大さじ3
A ウスターソース 大さじ2
A 砂糖 小さじ2
A にんにくすりおろし 小さじ1
A 顆粒コンソメ 小さじ1/2
塩こしょう 適量
粉チーズ お好みで
バター 30g

作り方

1.
パスタはたっぷりのお湯を沸かし1%の塩(分量外)を入れ袋に記載通りに茹でる。

2.
ウィンナーは斜めに薄切り、ピーマンは3~4cm角に切る。
ナスは輪切り、玉ねぎは薄切りにする。

3.
A《ケチャップ 大さじ6、生クリーム 大さじ3、ウスターソース 大さじ2、砂糖 小さじ2、にんにくすりおろし 小さじ1、顆粒コンソメ 小さじ1/2》は合わせておく。

4.
フライパンにバターを入れ火にかけ、溶けたら2の具材を炒める。

5.
具材に火が通ったら3を入れ全体に絡め、塩こしょうで味を調える。

6.
茹でたパスタを入れ再度全体に絡めたら器に盛りお好みで粉チーズをトッピング。

《ポイント》
・具材はお好みの切り方でもOK!
・にんにくすりおろしは出来ればチューブより生のにんにくを使うのがおすすめです。

④ピリッとした辛さがワインに合う!なすとベーコンのペンネアラビアータ


出典:Nadia

次にご紹介するのは、唐辛子のピリッと辛いソースがベーコンやなすのうま味を引き立てる、ペンネアラビアータです。ベーコンは歯ごたえを活かすよう棒状にして、なすは少し厚めに切ることで、トロッとジューシーな口当たりを楽しむことができますよ!唐辛子の量はお好みで調節してくださいね。

材料2人分

なす 2本(160g)
ブロックベーコン 60g
にんにく 2片
赤唐辛子 2本
トマトの水煮 400g(ホールトマト)
ペンネ 150g
オリーブ油 大さじ2
塩 少々
こしょう 少々
イタリアンパセリ 適量

作り方

下準備
鍋にたっぷりの湯を沸かして塩を加える(湯2ℓに対して塩小さじ2が目安)。

1.
なすは約1㎝幅の輪切りにして、水にさらし水気を切る。ブロックベーコンは1㎝幅の棒状に切る。
にんにくはみじん切りにして、赤唐辛子は種を取り除く。イタリアンパセリは粗くきざむ。
トマトの水煮のトマトをつぶしておく。

2.
沸かした湯にペンネを入れ、袋の表示時間通りにゆでる。

3.
フライパンにオリーブ油とにんにく、赤唐辛子を入れて弱火にかける。
香りが出てきたら、なす、ベーコンを加えて中火で炒める。

4.
なすにだいたい火が通ったら、トマトの水煮を加える。沸騰したら、弱火にして水気が少なくなるまで煮詰める。

5.
ペンネがゆであがったら、よく水気を切って④に加えてソースをからめる。
塩、こしょうで味を調えて皿に盛り、イタリアンパセリを散らせば出来上がり。

《ポイント》
唐辛子の分量はお好みで加減してください。

⑤フレッシュトマトでうま味たっぷり!なす・玉ねぎ・ツナのトマトパスタ


出典:Nadia

次にご紹介するのは、熱を入れることでトマトのうま味を引き出した、爽やかな味わいのトマトパスタです。なすはレンジで加熱してトロッと仕上げ、玉ねぎはじっくり炒めるのがポイント。野菜それぞれの美味しさが絶妙に混ざり合った、暑い日にぴったり絶品パスタです。

材料2人分

パスタ 200g
トマト 中3個(約350g)
玉ねぎ 1/2個(約100g)
にんにく 2片
ツナ缶 オイルタイプ1缶 70g
A 水、みりん 各大さじ1
A 醤油 小さじ2
なす 1本
B バター 10g
B ガーリックパウダー 少々
塩 適量
サラダ油 大さじ1
粉チーズ 適量

作り方

下準備
トマトは細かく切る。玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。

1.
熱したフライパンにツナ缶のオイルをひき(オイルはなるべく多く入れてください)玉ねぎとにんにくを入れきつね色になるまで弱火〜中火で炒める。

2.
トマトを入れ、つぶしながら2〜3分火を通す。ツナ缶を加えてA《水、みりん 各大さじ1、醤油 小さじ2》を追加し混ぜたら火を止め蓋をする。パスタの湯を熱し始める。

3.
なすは厚さ5㎜程度の輪切りにし水に軽くくぐらせて耐熱容器に入れる。ラップをしレンジ600wで3分加熱後B《バター 10g、ガーリックパウダー 少々》を入れて混ぜる。パスタを茹で始める(袋の表記の塩分で茹でてください)

4.
3のなすをフライパンに入れ弱火で煮る。軽く湯切りしたパスタを加えて混ぜ、塩で味を整える。サラダ油を加えて混ぜる。

5.
器に盛り付け粉チーズをふる。トッピングには小ネギ、大葉、バジルなどお好みでどうぞ♪

《ポイント》
・トマトの酸味や水分には個体差があるので水気が味が足りないかも?と感じたら水と醤油を加えて味を調整してください。
・サラダ油はオリーブオイルに変えてもOKです。
・ガーリックパウダーはにんにくチューブで代用できます。

⑥風味豊かなシチリア風!なすとモッツァレラチーズのトマトパスタ


出典:Nadia

次にご紹介するのは、なすの名産地であるシチリア風のトマトパスタ「シチリアーナ」のレシピです。素揚げしたなすとピリッと辛いトマトソースが絡んだパスタに、モッツァレラチーズを加えた、贅沢な味わいの一皿です。仕上げにバジルソースをかけると大人な味わいが完成します。

材料2人分

好みのパスタ 160g
トマト缶 1缶
ニンニク(みじん切り) 1かけ
鷹の爪 1本
オリーブオイル 大さじ3
厚切りベーコン 適量
白だし 小さじ2
蜂蜜、塩胡椒 少々
モッツァレラ 1/2個
茄子 1本

作り方

下準備
・茄子は、乱切りにして素揚げして、軽く塩をしておく。
・厚切りベーコンは短冊切り、モッツァレラはさいの目に切っておく。

1.
好みのパスタは、たっぷりのお湯に、1%の塩(分量外)を加え、1分短めに茹でる。

2.
フライパンに、オリーブオイル、鷹の爪、ニンニクを入れて火にかける。
香りが出たら、ベーコンを加えて炒める。

3.
❷にトマト缶も加えて軽く煮込み、白だし、パスタの茹で汁をおたま1杯入れ、蜂蜜、塩胡椒で味を調える。

4.
❸にお湯を切ったパスタを加えてソースと絡め、茄子とモッツァレラを加えて、軽く火を通しお皿に盛り付ける。

《ポイント》
仕上げに、バジルソースを少々かけてもよい。

⑦レンジでパパッと簡単ランチ♪なすとウインナーのパスタ


出典:Nadia

次にご紹介するのは、耐熱容器にパスタやウインナーなどの具材を入れ、レンジ加熱するだけのお手軽レシピです。具材は小さめに切り、パスタ、ウインナー、なす、調味料の順に入れるのがポイントです。ケチャップの酸味とうま味にバターのコクがプラスされて食べ応えのある一品が完成します。

材料2人分

ナス 1本
ウインナー 2本
パスタ 80g
水 260ml
コンソメ 小さじ1
塩こしょう 少々
オリーブ油 小さじ1
にんにくチューブ 約1cm
バター 5g
ケチャップ 大さじ3

作り方

1.
ウインナーを斜め薄切り、ナス縦半分にしてから薄切り。

2.
パスタを半分に折り入れ、ウインナー・ナスの順に入れる。

3.
にんにくチューブ・塩こしょう・オリーブ油・水・コンソメを入れ600wのレンジで袋の茹で時間通り加熱。

4.
一度全体を混ぜ合わせ、ケチャップ・バターを加えさらに3分加熱。
よく混ぜて完成。

《ポイント》
・ナスは気持ち小さめに切ると、トロッとした食感になるよ。
・ウインナーはベーコンやハムでもOK
・パスタはクロスして入れ、オリーブ油を入れることで麺同士がくっつきにくくなるよ。

めんつゆと味噌で濃いめに仕上げる!なすの和風ミートソース


出典:Nadia

次にご紹介するのは、めんつゆ、味噌、ケチャップのちょっと意外な組み合わせで、あっさりしつつも濃いめの味付けに仕上げる和風ミートソースです。なすはレンジで加熱して、炒め時間を短縮します。パスタにはもちろん、お弁当やビールのおつまみにも活躍してくれる、バリエーション豊富な一品です。

材料2人分

長なす 1本(大きめの長なすを使用しています。)
豚ひき肉 130g
長ねぎ 1/3本
にんにく 1〜2かけ
生姜 1かけ
サラダ油 大さじ1
A 合わせ味噌 大さじ1
A ケチャップ 大さじ1
A 麺つゆ(濃縮4倍) 小さじ1/2(本つゆを使用しています。)
A 水 小さじ2

作り方

下準備
長なすは6mm位の幅で輪切りし、水にさらす。
その後、耐熱ボウルに入れてふんわりラップし、600Wのレンジで3分加熱。使う時までそのままにしておく。
長ねぎ・にんにく・生姜はみじん切りにする。
A《合わせ味噌 大さじ1、ケチャップ 大さじ1、麺つゆ(濃縮4倍) 小さじ1/2、水 小さじ2》は合わせておく。

1.
サラダ油をひいて熱したフライパンに長ねぎ・にんにく・生姜をいれて炒め、香りがでてきたら豚ひき肉をいれて色が変わるまで炒める(2〜3分)

2.
あらかじめ混ぜておいたタレを流しいれ、なすも加える。
1〜2分炒め、ミートソースがなすに絡んだら完成!

《ポイント》
なすをあらかじめレンジで加熱することによって、火にかける時間は、ミートソースに絡めるだけ♪ちょー時短でできます。

山盛り野菜で食べごたえ満点!なす・玉ねぎ・にらのトマトパスタ


出典:Nadia

次にご紹介するのは、パスタが隠れるほどたっぷりの野菜がのったインパクト抜群の一皿。玉ねぎ、なすをしんなりするまで炒めてからトマト缶を加え、味噌、みりんなどで味付けします。にらはサッと火を通し、食感を活かしましょう。仕上げにかつお節をのせたらできあがり!さっぱりとした味付けに仕上がるので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料2人分

パスタ 200g
玉ねぎ 1/2個
茄子 1本
トマトカット缶 200g
ニラ 10〜20g
にんにく 1片
A 合わせ味噌 小さじ1
A みりん 小さじ1
A 料理酒 大さじ1
醤油 小さじ1
サラダ油 大さじ1
削り節 適量

作り方

下準備
・にんにくをみじん切りにする。
・玉ねぎ、茄子を食べやすい大きさに切る。
・ニラを小口切りにする。
・A《合わせ味噌 小さじ1、みりん 小さじ1、料理酒 大さじ1》を混ぜ合わておく。
・鍋に水を張り、パスタを茹でる用の湯を沸かしておく。

1.
フライパンにサラダ油をひき、弱火でにんにくを炒める。

2.
①に、玉ねぎ茄子を入れてくたっとするまで加熱し、トマトカット缶と混ぜ合わせておいたA《合わせ味噌 小さじ1、みりん 小さじ1、料理酒 大さじ1》、ニラを入れてさらに加熱する。

3.
②を加熱してる間にパスタを規定時間茹でる。

4.
②に、茹で上がったパスタを入れて、醤油を加えて混ぜながら加熱する。

5.
④を器に盛り付けて、削り節をかければ完成。

《ポイント》
・パスタの茹で加減はお好みで変更してください。
・ニラをネギに代えても美味しくお召し上がりいただけますよ!

⑩ポン酢の風味が爽やか。なすとオクラのおろしポン酢パスタ


出典:Nadia

次にご紹介するのは、トロッとした食感のなすとネバネバ食材のオクラを合わせ、おろしポン酢で味付けするさっぱり系パスタのレシピです。なすは輪切りにして塩をふっておくことでアクが抜け、しっかり下味が完成。お好みで鶏肉や豚ひき肉を加えると、ボリューム感がアップするので男性にもおすすめの一品です。

材料1人分

パスタ 80g
なす ½本
オクラ 2本
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ1
塩 ひとつまみ
削り節 1g
A 大根おろし 大さじ1
A ポン酢 小さじ1
A 青ネギ(小口切り) 適量
A 削り節 適量
A 粗削り胡椒 少々

作り方

下準備
【材料を切る・アクを抜く】
なすは1㎝の輪切りにして塩ひとつまみをふり、5分置いて水気を拭く。オクラは小口切りにする。にんにくはみじん切りにする。

【パスタを茹でる】
パスタを表示時間通りに茹でる(水1ℓに対して塩10ℊ)。

1.
【炒める・和える】
フライパンをあたためてオリーブオイルをひき、なすがしんなりするまで中火で炒める。

パスタの茹で汁・大さじ2、オクラ、にんにく、削り節・1ℊを加え、30秒程度炒めたら湯切りしたパスタを加えて和える。

2.
【盛り付ける】
❶を器に盛り付け、A《大根おろし 大さじ1、ポン酢 小さじ1、青ネギ(小口切り) 適量、削り節 適量、粗削り胡椒 少々》を散らして完成!

全体をよく混ぜて召し上がれ!

《ポイント》
・レシピは1.6㎜のスパゲティを使用。
・なすは塩を振って水分を拭き取ることでアクが抜けます。また下味も付きます。
・鶏肉や豚挽肉を加えると食べ応えが出てオススメです。

美容にも健康にも効果的ななすのパスタを作ろう♪

今回は、おすすめの「なす×パスタ」アレンジレシピをご紹介しました。

気になるレシピはありましたか?

ぜひこちらを参考に、ポリフェノールを豊富に含み、美容にも健康にも効果的ななすのパスタ、ぜひ夏の食卓に取り入れてみてくださいね♪

トップへ戻る

FOLLOW US