previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピ10選!おしゃれなデザートが盛りだくさん♡

夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピをご紹介♡

6月に入り日差しも強くなり、暑さも日に日に増してきましたね。そんな初夏には冷んやりとしたスイーツを食べたくはありませんか?♡

そこで今回は、夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピをご紹介します。

さっぱり食べやすいゼリー系、夏の定番のアイス、おしゃれなデザートドリンクなど10つの絶品レシピをピックアップ。ご紹介するのは、全て調理時間5分以内の簡単なものです。

夏の休日のおうち時間にぜひ作ってみて下さいね♡

①みかんの豆乳寒天


出典:Nadia

まず初めにご紹介する夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピは、豆乳を使った栄養満点のヘルシー寒天です。

タルト型に流し込むだけで、まるでケーキのような姿に大変身!みかんの缶詰を好きなフルーツ缶詰に変えてたり、旬のフルーツを入れても良さそうですね。

休日の昼下がりに頂きたい冷んやりスイーツです♪

材料(4〜5人分 18cmタルト型)

みかん缶 固形量100g
豆乳(成分無調整) 200ml
A 水 100ml
A 粉寒天 4g
B みかん缶汁 大さじ2
B 砂糖 大さじ3

作り方

1.
小鍋にA《水 100ml、粉寒天 4g》を入れて混ぜ、沸騰したら弱火にし、2分間混ぜながらしっかり煮溶かす。

2.
B《みかん缶汁 大さじ2、砂糖 大さじ3》を加えて混ぜたら、豆乳(成分無調整)を少しずつ加えながら混ぜる。沸騰させないように軽く温める。

3.
型にみかん缶のみかんを半分並べ、1を流し入れてから上に残りのみかんをおく。
粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
《1時間で固まりますが、さらにひんやりとさせたい場合は長く冷やしてください》

《ポイント》
・お好みの容器に入れて作ってください。タルト型からはずしにくい場合は、1切れ切って底に空気を入れるとはずれます。
・粉寒天はしっかり沸騰させてから弱火にして完全に煮溶かします。

②さっぱりレモンゼリー


出典:Nadia

次にご紹介する夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピは、梅雨の憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれるレモンゼリーです。

ポッカレモンでビタミンをチャージ!ポッカレモン・粉寒天・水・砂糖だけで簡単に作ることができます。ミントを飾れば見た目も涼しくおしゃれに仕上がりますよ♪

材料6人分(6〜8個分)

ポッカレモン100(レモン汁) 80cc
粉寒天 1袋(4g)
水 500cc
砂糖 80g

作り方

1.
鍋に水を入れ、粉寒天を振り入れる。
火にかけ、沸騰させ、泡立て器で混ぜながら1分〜2分加熱し煮溶かす。

2.
火からおろし、砂糖を溶かし混ぜる。ポッカレモン100(レモン汁)を入れさらに混ぜる。

3.
カップに注ぎ、冷やし固める。(常温でも固まります)
お好みでフルーツやミントを飾ります。

《ポイント》
・ポッカレモン100を使用した、手軽にできて美味しいレシピです。
・寒天は沸騰させてしっかり溶かしてください。

③ミルクプリン


出典:Nadia

次にご紹介する夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピは、材料を小鍋で温め溶かして容器に流しこみ、冷蔵庫で冷やすだけの簡単ミルクプリン。

蒸し器やオーブンで湯煎する手間もなし!忙しいけれどどうしてもスイーツが食べたい休日におすすめの冷んやりスイーツです。

お好みでシロップやジャムを添えて召し上がれ♪

材料4人分

A 牛乳 300ml
A コンデンスミルク 大さじ1
A 砂糖 大さじ2
粉ゼラチン 5g
水 大さじ1

作り方

下準備
小さな器に粉ゼラチンと水を入れてよく溶いておく。

1.
小鍋にA《牛乳 300ml、コンデンスミルク 大さじ1、砂糖 大さじ2》を入れて中火にかけ、ときどき混ぜる。周りがふつふつとしてきて、湯気が出てきたら火を止める。ゼラチンを加えて混ぜながら溶かす。

2.
プリンカップなどに①を注ぐ。冷めたら冷蔵庫で2〜3時間ほど冷やす。
お好みでジャムやシロップをかけても◎

《ポイント》
・牛乳を温めるときは、焦げないようにときどき混ぜてください。
・ゼラチンは火を止めてから加えてください。

④バナナアイスクリーム


出典:Nadia

バナナ・牛乳・砂糖だけでアイスが作れるって知ってましたか?

次にご紹介する夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピは、家庭で作れるバナナアイスクリーム。しかも作り方も超簡単で、ジッパー袋に材料を入れよく揉み、冷凍庫で冷やし固めるだけ!

手も汚さず作れるので、彼と一緒に休日に作るのも楽しそうですね♪

材料5人分

牛乳 200ml
バナナ 2本(完熟)
砂糖 適量(甘さはお好みで。)

作り方

下準備
・ジップ式袋を小1枚用意する。
・バナナは完熟したものを使う。
・バナナの糖度により、甘さが足りない場合には砂糖を追加する。

1.
ジップ式袋にバナナを入れ、手でもむ。

2.
①に牛乳を加えて、軽く混ぜて冷凍庫に入れ、完全に固まるまでたまに取り出して袋をもみ、冷やし固める。
*2〜3回完全に固まるまでに、途中でもむことで柔らかなアイスクリームになります。

3.
材料2つだけで、バナナアイスクリーム。
コーンなどを添えて。

《ポイント》
・バナナの糖度により、甘さは調節してくださいね。
・お砂糖の代わりにジャムや冷凍フルーツなど、またナッツなどを入れても美味しいですよ。
・途中で取り出して、もむことで柔らかく、口当たりの良いアイスクリームになります。

⑤いちご練乳シャーベット


出典:Nadia

次にご紹介する夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピは、スイーツコンテストでグランプリを受賞した「いちごの練乳シャーベット」。

こちらは、冷凍いちごと練乳をミキサーにかけるだけと材料も作り方もとってもシンプル。

練乳の量でお好みの甘さに調節してみてくださいね♡

材料2人分

いちご 200g
練乳 大さじ2
ミント 少々(あれば)

作り方

下準備
いちごは洗ってへたを取り除き、冷凍する。

1.
いちごを常温に戻し、半解凍する。

2.
いちごと練乳をなめらかになるまでミキサーにかける。あればミントを飾る。

《ポイント》
・ミキサーの刃が傷む可能性があるので、いちごは冷凍庫から出してすぐではなく、半解凍してからミキサーにかけてください。
・練乳の量は、いちごの甘さ次第で調整しましょう♪

⑥白桃シャーベット


出典:Nadia

調理時間はたったの3分!次にご紹介する夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピは、白桃の缶詰だけで作れるシャーベット。

ジップ袋にも桃缶の果肉を入れ、よく揉みほぐしたら、シロップを加えてください。3時間ほど冷凍庫で固めたら完成です♪

材料2人分

白桃の缶詰 1缶
(お好みで)練乳 適量

作り方

1.
白桃の缶詰の果肉の部分をジップロックに入れ、手でもみもみして、細かく潰す。汁もジップロックに加え、平らにして口を閉じ、冷凍庫に3時間ほど入れ、固まったら、出来上がり。

2.
そのままでも十分美味しいのですが、甘いのがお好きな方は、練乳をかけて食べても、美味しいですよ!

《ポイント》
缶詰は、白桃のほか、黄桃やみかん・パイナップルでも同じように作れます。また、ジップロックは、セリアに売っているフリーザーパックのMサイズを使用しました。

⑦フルーツアイスバー


出典:Nadia

次にご紹介する夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピは、見た目も楽しいフルーツバーです。

お家で美味しいアイスバーを作る時は、少量のゼラチンを加えるのが失敗しないポイントです。これだけでグッと食感が良くなりますよ!

アイスバー容器は100円ショップでも手に入るので、ぜひお試しあれ♪

材料(5〜6本分)

100%りんごジュース 150cc
砂糖 10g
ゼラチン 3g
お好きなフルーツ 適量

作り方

下準備
ゼラチンは、大さじ2の水でふやかしておきます。

1.
耐熱容器に、100%りんごジュース50ccと砂糖を入れ、600wで30秒レンチンします。取り出してかき混ぜます。残りの100%りんごジュースも加えます。

2.
ゼラチンは、600wで20秒レンチンして溶かし、❶に入れて混ぜます。

3.
アイスバーの容器にお好きなフルーツを入れ、❷を注ぎます。棒をさして、冷凍庫で冷やし固めます。

4.
完全に固まったら、容器全体を軽くお湯につけ、棒を引っ張り抜き取ります。

《ポイント》
フルーツは、沢山入れたほうが可愛いです。

⑧濃厚バニラのオレオアイスクリーム


出典:Nadia

次にご紹介する夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピは、オレオの食感がやみつきになるバニラアイスクリームです。

ポイントは、生クリームをしっかり泡立てること。そうするで、ふんわり滑らかな舌触りになります♪

濃厚&リッチな味わいなので、ご褒美スイーツにもぴったりですよ!

材料4人分

生クリーム 200ml
グラニュー糖 50g
卵 3個
バニラエッセンス 適量(なくてもよい)
オレオ 9枚(好みで調整)

作り方

1.
ボウルに卵を割り入れ、グラニュー糖の半量入れて よく混ぜる。

2.
別のボウルに 生クリームと残りのグラニュー糖を入れて
8分立てぐらいまで泡立てる。

3.
1に2を加え、へらなどで すくいあげるように混ぜる。
バニラエッセンスを加えて更に混ぜ、適当に割ったオレオを加えて、へらでさっくりと混ぜる。
器に流し入れ、冷凍庫で冷やし固める。

《ポイント》
生クリームをしっかりと泡立てることで、ふんわりとしたアイスクリームが出来上がります!

⑨チョコバナナシェイク


出典:Nadia

次にご紹介する夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピは、味変で2度楽しめるバナナシェイクです。

グラスの底にチョコシロップを流し込み、冷凍庫で冷やしておきましょう。この一手間で普通のバナナシェイクが、カフェで出てきそうなおしゃれなドリンクに大変身!

おうちカフェで飲みたい一品です♪

材料1人分

バナナ 1本
牛乳 150ml
チョコシロップ 大さじ1
ホイップクリーム、ココアパウダー、ミント 各適宜

作り方

1.
皮をむいたバナナを厚さ1.5cm程度の輪切りにします。
キチントさん「マチ付きフリーザーバッグ」に入れて密閉し、冷凍庫で凍らせます。

2.
コップにチョコシロップを入れ、側面までくるように全体にチョコシロップを流す。15分ほど冷凍庫に入れておきます。

3.
ミキサー又はブレンダーなどに冷凍バナナ、牛乳を入れ、なめらかになるまで撹拌します。

4.
②の容器に③を注ぎ、お好みでホイップクリームをしぼり、ココアパウダーをふる。ミントを添える。

⑩マンゴーラッシー


出典:Nadia

お家にいながら南国気分を味わってみませんか?

最後にご紹介する夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピは、絶品マンゴーラッシー。

冷凍マンゴー・ヨーグルト・牛乳をミキサーにかけるだけで、トロピカルな絶品マンゴーラッシーの完成です!

カレーを食べた後の口直しにもGOOD◎

材料2人分

A 冷凍マンゴー 240g(※冷凍のまま使用します。)
A ヨーグルト 240g(※冷凍マンゴーと同量。)
牛乳 30ml(※冷凍マンゴーの1/8量。)

作り方

1.
牛乳・A《冷凍マンゴー 240g、ヨーグルト 240g》の順に入れてミキサーをFLASHで何度か撹拌し、LOWまたはHIに切り替え滑らかになるまで撹拌して、グラスに注ぐ。

《ポイント》
冷凍マンゴーは、冷凍のまま使用します。

次の休日はおしゃれなひんやりスイーツを作ろう!

夏の休日に作りたい「冷んやりスイーツ」レシピをご紹介しました。

気になる冷んやりスイーツはありましたか?

ご紹介したレシピは、どれも見た目がおしゃれなだけでなく味も絶品です!ぜひこの記事を参考に、次の休日は、「冷んやりスイーツ」を作ってみてください♪

トップへ戻る

FOLLOW US