previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

【注意】自分の魅力を下げないで!ブスに見える6つのNG食事マナー

ブス見えするかもしれない食事マナー

きれいに食事をされている方は素敵で憧れますよね。同性でも思うほどですから、異性からすればかなり高感度がアップすることでしょう。そこで今回は、ブスに見えてしまうNGの食事マナーをご紹介します。自分が当てはまっていないかチェックしてみて下さいね。

目次

①食べながら話す

食事中に話をするのは悪いことではありませんが、食べ物が口の中にある状態なのに話すのは、ブス見えしてしまう食事マナー。

そのままでは中の食べ物が見えてしまうだけでなく、口の中のものが、外に出てしまうことも!
相手から突然話しかけられることもあるでしょうから、その時は「うんうん」と相槌をするようにし、飲み込んでから返事をするようにしましょう。

②音を出しながら食べる

男性でも女性でも多くの方が引いてしまうNGな食事マナーなのが、くちゃくちゃと音を出しながら食べることではないでしょうか。少しの音なら仕方ないですが、口を開けながら噛むと音が目立ってしまいます。気になる方からも“食べ方ブス”に認定されてしまうかも!

とはいっても無意識でやってしまっている方もいるので、食事の様子を撮ってみたり、一人で食事をするときから心がけたりするといいですよ。

③箸などの持ち方、使い方が違う

箸はもちろん、ナイフやフォークなどの使い方が間違っているのも、ブス見えしてしまうかもしれません。

食事をするために欠かせない、カトラリーの正しい使い方を身につけておくことは”最低限のマナー”だと思っている方が多くいます。

特に箸には、指し箸や迷い箸など食事中にやってはいけないNGマナーがたくさんあるんです。無意識にやっているものはないかチェックしてみてください。

④肘をついて食べる

好きな人の前では気を付けるかもしれませんが、ふとした時に肘をついてしまう方は気を付けて!

肘をついて食事をしていると、それだけで不快感を抱く方はたくさんいますし、見た目も悪いのでブス見え確定です。

相手にも失礼ですし、自分から魅力を下げるNGマナーなのですぐに直したいところですね。

⑤スマホを見ながら食べる

現代人に多く見られる「スマホを見ながら食べる」という行動も、ブス見えする食事マナーです。食事をする時間なのに、目の前でスマホに夢中になられたら嫌ですよね。

「自分がされても気にしない」というタイプでも、男性からすれば幻滅するポイントになることもありますので、せめて人前ではしないようにしましょう。

⑥ご飯粒を残す

昔からNGな食事マナーと言われている「ご飯粒を残す」こともブス見えするでしょう。
食べ方が汚いと思われてしまうだけでなく、食べ物を大切にしない女性だと思われてしまう可能性も!

キレイな器にできるように、最後まできちんと食べたいですね。

男性の前だけではなく、常に意識して!

今回は、ブスに見えてしまうNGの食事マナーをご紹介しました。自分に当てはまるNG習慣はありましたか?男性の前だけではなく、常に意識して気を付けてみてください!

トップへ戻る

FOLLOW US