平日朝も困らない♡チンして詰めるだけ。お弁当の「作り置き」レシピ10選

レシピ・グルメ

DAILY RANKING
デイリーランキング

DAILY RANKING
デイリーランキング

お弁当作りが無理なく続く♡

もうすぐ新生活が始まる4月になります。
お弁当生活が始まる人も、お弁当作りを習慣にしたい人にも役に立つお弁当のおかず作り置きレシピのご紹介です!冷蔵・冷凍保存が出来るので、時間のある時にまとめて作っておけば忙しい平日の朝でもチンして詰めるだけで簡単にお弁当が完成します♪

お弁当のおかずに♡作り置きレシピ

①スタミナ塩チキン

お弁当作りや夕食の準備をぐんと楽にしてくれる、メインおかずの作り置きレシピです。ポリ袋を使って下味を揉み込んだらフライパンで焼くだけ。冷蔵庫で日持ちは3〜4日、下味冷凍も可能です。

スタミナ塩チキン レシピ

②ブロッコリーとツナのめんつゆ煮

おかずの隙間埋めにぴったりの簡単副菜。ツナ缶とめんつゆにブロッコリーを入れて、お鍋でサッと煮るだけ。5分もあれば簡単に作れてオススメです。色鮮やかなブロッコリーはお弁当の彩りも重宝しますよ!

ブロッコリーとツナのめんつゆ煮 レシピ

③白だし入りたまご焼き

お弁当や朝ごはんの定番おかず「たまご焼き」も、じつは作り置きできるんです。ふんわりやさしい味付けで、冷めてもしっとりパサつきません。弱火で丁寧に焼くと、焦げ付きが抑えられて仕上がりも綺麗です。

白だし入りたまご焼き レシピ

④しそチーズつくねのポン酢照り焼き

大葉の爽やかさと、ポン酢の酸味でサッパリ美味しい「しそチーズつくねのポン酢照り焼き」。暖かさが増すこれからの季節にお弁当に入れたいおかずです。つくねのたねをポリ袋内で作るので、時短で調理できます。

しそチーズつくねのポン酢照り焼き レシピ

⑤ほうれん草の海苔ナムル

韓国海苔の風味がほうれん草の苦味を軽減。お野菜が苦手なお子さまでも食べやすい副菜です。韓国海苔・ごま油・鶏ガラで、茹でたほうれん草を和えるだけ。ニンニクを使用していないので、お弁当に入れても安心です。

ほうれん草の海苔ナムル レシピ

⑥肉巻きアスパラのバタポン照り焼き

メイン入れるとお弁当が映える!春野菜の”アスパラ”を使った、彩り美しいお肉のおかずです。豚バラ薄切り肉でアスパラを巻いて焼くだけの簡単レシピ。後味さっぱりのバターポン酢で味付けします。

巻いて焼くだけ♪『肉巻きアスパラのバタポン照り焼き』  レシピ

⑦鶏もも肉のチャーシュー

日持ちが効く鶏チャーシューは、多めに作り置きしておくと幅広く使えて万能です。チャーシューと味玉はお弁当に大人気のおかず。タレは炊き込みごはんやチャーハンの味付け調味料として大活躍してくれます。

鶏もも肉のチャーシュー レシピ

⑧ネギごぼうベーコン

定番のお弁当おかず「きんぴらごぼう」に飽きたら、ベーコンの旨味と胡椒のアクセントが効いいたデパ地下風のおかずにアレンジ。作り置きすると味が馴染んで美味しさがアップ、しっかりめの味付けでご飯が進みます。

ネギごぼうベーコン レシピ

⑨鮭のごま甘酢照り焼き

肉厚な鮭に絶品タレが絡み、ご飯との相性も抜群!お魚のおかずが苦手なお子さまでもパクパク食べられちゃう「鮭の照り焼き」です。お刺身用のブロックを使うと調理が簡単で、骨も無くて食べやすいですよ。

肉厚♡『鮭のごま甘酢照り焼き』レシピ♩

⑩いんげんと人参のごま和え

お弁当を彩る2色の野菜を使った常備菜レシピです。茶色になりがちなお弁当に一品足してあげると、彩りをパッと華やかにしてくれます。人参の甘さをいかした優しい味付けで、人参嫌いも克服できるかも!

いんげんと人参のごま和え レシピ

まとめ

作り置きできるお弁当レシピのご紹介でした♡
覚えておけば、忙しい朝のお弁当作りに重宝します♪
レシピを習得して4月の新生活からはお弁当生活を始めてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました