previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

【2022夏】おすすめ人気ドライシャンプー8選|べたつく夏の髪の毛を一瞬で戻すスプレー・パウダータイプなど人気ブランドの話題ヘアケアコスメ

出典:Diane

【2022夏】おすすめ人気ドライシャンプー特集

ドライシャンプーとは、水やお湯を使わず香りで頭皮のにおいを抑え、髪を清潔に保てる新感覚のシャンプー。一般的には、入院時や災害時に使用するイメージがありますが、実はアウトドア・機内・運動後などでも気軽に使用できます。

しかし、スプレー・ジェル・パウダー・ムース・シートなど種類も豊富。そのうえ、ダイアン・KOSE(コーセー)・プロダクト・TSUBAKI(ツバキ)・無印など多数の商品が市販されていて、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、SNSでもバズっている、おすすめ人気のドライシャンプーをご紹介します。汗でべたつくこれからの季節のマストアイテムになるはず!ぜひ参考にしてみてくださいね。

べたつく夏の髪の毛におすすめドライシャンプー8選

①【Fujiko】FPPパウダー

この投稿をInstagramで見る

Fujiko<フジコ>(@fujiko_brand)がシェアした投稿

最初にご紹介する、おすすめ人気のドライシャンプーは、Fujiko(フジコ)のFPPパウダーです。

フジコポンポンパウダーがリニューアル。従来の頭皮の皮脂を吸収し、髪の毛をふんわりさせる効果と人気の香りはそのままに、保湿力と消臭力がパワーアップしました。気兼ねなく髪の毛にも体にも使用できるよう、もっと肌に優しい成分に改良。ポンポンするだけで「瞬間、サラふわ髪」と「全身、瞬間消臭」が叶います。

利用シーン:髪の毛や頭皮の油分・匂いが気になる時、髪がつぶれがちな帽子をかぶる前。夕方のペタンコになった髪の毛をサラふわに復活させたい時。ワキや足の裏、デリケートゾーンなど体臭が気になる時。髪の毛の生え際やうなじなど、汗をかきやすい箇所にも。

【ドライシャンプーの使い方】
ペタっとなった髪にポンポンするだけ。手ぐしやクシを使用して、頭皮と毛髪になじませます。※パウダー(白色)は髪の毛になじむと透明になります。※パウダーなので固まらず、手が汚れません。その他ワキや足の裏、デリケートゾーンなど体臭が気になる箇所へポンポンするだけでOK。髪の毛の生え際やうなじなど、汗をかきやすい箇所にもご使用頂けます。

②【innisfree】ノーセバムミネラルパクト


次にご紹介する、おすすめ人気のドライシャンプーは、innisfree(イニスフリー)のノーセバムミネラルパクトです。

2つのパウダーがテカリのもととなる皮脂と汗をコントロールする、コンパクト型のプレストパウダー。皮脂吸収パウダーが肌表面の余分な皮脂を吸い取り、皮脂調節ミネラルパウダーが汗と皮脂をしっかりおさえます。

ドラッグストアでも手に入るのもおすすめのポイントです。

【ドライシャンプーの使い方】
付属のパフで軽く叩き込むように肌にのせます。皮脂やテカリの気になる部分にお使いください。

③【product】ドライシャンプー


次にご紹介する、おすすめ人気のドライシャンプーは、product(プロダクト)のドライシャンプーです。

汗をかいた後や、湿気やべたつきが気になるとき、仕事や勉強の合間など、手軽にシャンプーをしたような爽快感と頭皮ケアができるヘアケアアイテム。

ダマスクローズ蒸留水と植物由来のアルコールが、頭皮を乾燥させることなく皮脂を包み込むように浮かせます。ペパーミントの爽やかな香りとクールな使用感でリフレッシュでき、ボディーミストとしても活躍する新しいシャンプーの形。

こちらは、マスクスプレーとしても使用できるアイテムです。

【ドライシャンプーの使い方】
髪を持ち上げて頭皮を中心に適量スプレーします。指で軽くマッサージし、仕上げにコーミング。べたつきが気になる時は軽くタオルでふきとってください。肌に直接スプレーしてボディミストとしてもご使用いただけます。

④【STEPHENKNOLL】ドライシャンプーN


次にご紹介する、おすすめ人気のドライシャンプーは、STEPHENKNOLL(スティーブンノル ニューヨーク)のドライシャンプーNです。

水なしで、瞬時に洗い立てのようなふんわりサラサラな髪にみちびくドライシャンプーです。頭皮ケア効果・ニオイが気になるシーン対応・清涼感がパワーアップ。使用時のひんやりとした清涼感が持続します。

すっきり爽快感のある使い心地です。爽やかでリフレッシュ感のあるフレッシュフローラルウッディの香りで、気になる頭皮と髪のニオイをオフします。

こちらの商品は、田中みな実さんも愛用しているドライシャンプーです。

【ドライシャンプーの使い方】
ご使用前に上下によく振り、上向きでお使いください。
髪から15~20cmはなし、髪を小分けにしながら頭皮・髪の根もとに適量をスプレーします。
頭皮全体にパウダーを指でなじませます。
手ぐしかブラシで髪の根もとからとかし、余分なパウダーを取りのぞきながら、ヘアスタイルをととのえます。

⑤【TSUBAKI】お部屋でシャンプー

この投稿をInstagramで見る

Atmos Beauty(@atmosbeauty)がシェアした投稿


次にご紹介する、おすすめ人気のドライシャンプーは、TSUBAKI(ツバキ)のお部屋でシャンプーです。

「待ち時間0秒サロン」サロン帰りの髪を自宅で。シャワー・ドライヤー時間0秒 、お部屋でシャンプーです。いつでもどこでも瞬間キレイを実現します。疲れた夜や忙しい朝、シャンプーしたいと感じる時に。爽快な使用感で地肌・ニオイをスッキリ&すこやかなさらふわ髪に導きます。

フレッシュミントと、上品で華やかなフローラルフルーティーをブレンドした香りも人気の理由です。

【ドライシャンプーの使い方】
容器の口もとを頭皮に近づけ、少量ずつ塗布し、指の腹でマッサージするようになじませます。洗い流す必要はありません。●よりスッキリさせたい時は、タオル等で拭き取ることもできます。

⑥【Diane】ドライシャンプー


次にご紹介する、おすすめ人気のドライシャンプーは、Diane(ダイアン)のドライシャンプーです。

洗い立てのようなすっきり感と爽やかな香りでリフレッシュ。汗や皮脂によるベタつきを抑え、サラサラふんわりスタイリングをキープするアイテムです。

エアゾール独特のリフレッシュ感で瞬時に地肌を引き締め、気になるニオイを抑え、シャンプーをしたような爽やかさを実感。夕方、髪のベタつきが気になる方やスポーツ後や汗をかいた時のリフレッシュ・ツヤさらスタイリングを維持したい方におすすめのヘアケアアイテムです。

【ドライシャンプーの使い方】
容器を上下によく振ってからお使いください。(1)髪から15~20cmくらいはなし、髪を小分けにしながら地肌・髪の根元に向かって適量をスプレーします。 (2)地肌全体にいきわたるように、指でなじませます。手ぐし、またはブラシでヘアスタイルを整えてください。

⑦【Maison KOSE】フレッシュケアドライシャンプーシート


出典:KOSE

次にご紹介する、おすすめ人気のドライシャンプーは、Maison KOSE(メゾンコーセー)のフレッシュケアドライシャンプーシートです。

髪と頭皮のベタつき汚れ・ニオイ・ムレをすっきり落とす、ふきとり化粧水をしみこませたシートです。目のあらいブラシ等につけて使うこともできます。心やすらぐラベンダーの香り。

手で直接拭き取るだけなのでパウダーやジェルタイプのように量を調節する必要がなく、コントロールしやすいのも魅力です。ウェットティッシュほどのコンパクトサイズで、カバンに入れても邪魔になりません。キャンプや登山などのアウトドアシーンでも、手軽に使えるドライシャンプーです。

【ドライシャンプーの使い方】
シートを手に取り直接、頭部・髪に当てて、気になる部分をふき取る。

⑧【SQUSE ME】ドライシャンプーシート


出典:EMO!
次にご紹介する、おすすめ人気のドライシャンプーは、SQUSE ME(スキューズ ミー)のドライシャンプーシートです。

洗い流し不要のシートタイプのシャンプーで、持ち運びに便利でどんな場所でも使えます。汗や皮脂による髪のベタつき、テカりを抑え、シャンプーしたてのようなサラサラ感とボリューム感を髪に与えます。上品なフルーティーブーケの香りも女性らしい印象に仕上げてくれます。

女子会やデートにもおすすめのアイテムです。

【ドライシャンプーの使い方】
シートを手に取り、気になる部分をふき取る。または、シートにヘアブラシを差し込んでそのままブラッシング。マッサージ感覚でドライシャンプーができます。

ベタつく夏のヘアケア・ドライシャンプーを見つけよう!

今回は、SNSでもバズっている、おすすめ人気のドライシャンプーをご紹介しました。

気になるアイテムはありましたか?

どれも持ち運びにもおすすめの高機能・高コスパアイテムばかりです。ぜひこちらを参考に、これからの季節に必須のドライシャンプーを見つけてみてくださいね♪

トップへ戻る

FOLLOW US