previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

カップルが別れる前兆・サイン 10選|ラブラブでもこんな行動パターンには要注意

ラブラブでもこんな行動パターンには要注意!

どんなにラブラブなカップルでも、何かの拍子に気持ちがすれ違い「別れる」という決断をしてしまうことってありますよね。

本人たちは気付きにくいですが、実は、すれ違いの時点で、別れる前兆・サインがあることをご存知でしたか?

そこで今回は、ラブラブでもこんな行動パターンには要注意「カップルが別れる前兆・サイン 」をご紹介します。

「カップルが別れる前兆」を理解していれば、別れの危機を乗り越えられる可能性はグンと上がってきます。別れる可能性を少なくしたいという方、最近彼との関係性がうまくいっていないという方はぜひ参考にしてみて下さいね 。

カップルが別れる前兆・サイン 10選

①「連絡やLINEが減る・遅い」


出典:shutterstock

カップルが別れる前兆として最初にあげられるのは、連絡やラインが減る、もしくは遅いという傾向です。

付き合う期間が長くなってきたカップルであれば、お互いの仕事や予定を知っている場合が多いので、連絡やラインが多少減ったり遅くなるというのもありがち。しかし、「連絡しなくていいや」「LINEの返事が遅くなってもいいや」というお互いの優先度の薄れは気持ちが離れてきている証拠です。

連絡やLINEが減った・遅いと感じた時は、その原因がカップルのお互いの信頼によるものなのか、もしくは単なる怠慢や優先順位の低下なのかをよく考えてみて下さい。

もし後者なのだとしたら、それは立派なカップルが別れる前兆やサインであると言えるでしょう。

②「話を聞いていないような態度」


出典:shutterstock

彼氏が話を聞いていないような態度を取ってきたらかなりの末期かもしれません。

彼氏の中で、あなたに対しての優先度が下がっていたりおざなりにして良い存在だと認識されている可能性が高く、典型的なパートナーへの軽視の心理の表れです。

会話の途中でスマホをいじっていたり、相槌や返答もそっけないという方はカップルが別れる前兆が表れていると考えてまず間違いありません。

気をつけて欲しいのが、実はあなた自身もパートナーに対してこのような「話を聞いていないような態度」を取ってしまっていないかというポイント。
よくある事象として、カップルが別れる前兆やサインの根本のきっかけは自分自身であったというパターンはとても多いのです。一度、自分の行動を振り返ってみましょう。

③「嫉妬や束縛が無くなる」


出典:shutterstock

カップルが別れる前兆の中でも、分かりやすいのが嫉妬や束縛が無くなるということ。付き合いたての頃にはあった、パートナーからの嫉妬や束縛が全くなくなっているのであればかなり危険な状態であると言えます。

何か予定がある時に、以前であれば「どこへ行くの?誰と行くの?」など、直接的でないにしろ少し心配しているような雰囲気が出ていたり、パートナー以外の異性と連絡をとっていたら怒られたなど、カップルであれば当然のようなレベルの嫉妬や束縛が少なくなってきたらそれは、あなたへの無関心の証かもしれません。

信頼されていると思いたいところですが、気をつけたいポイントの1つです。

④「お金を使ったデートが減る」


出典:freepik

カップルが別れる前兆として「お金を使ったデートが減る」というのは顕著に分かりやすいポイントかもしれません。

付き合いたての頃は、旅行やテーマパークなど、思い出を作りたい・相手を楽しませたいという一心で企画していたイベントが、最近は減っていると感じているならこのパターンに当てはまるでしょう。

お金を使ったデートをしているからカップルの関係が良好だと言える訳ではありませんが、1つの指標として存在するのは事実。パートナーに対して使うお金を「もったいない」と感じるようになってきたのであれば、立派なカップルが別れる前兆と言えるのではないでしょうか。

⑤「外食・外出が減る」


出典:freepik

外食・外出が減るというのも、カップルが別れる前兆だと言えるでしょう。特に多い悩みが、彼氏が家デートを要求する回数が増えたというものです。

彼女に手料理を作って貰い、家で映画やゲームなどダラダラと二人の時間を楽しむデートは確かに良い面もあるのですが、あまりにも回数が多いであれば、マンネリ化または、「カップルが別れる前兆」になる可能性は高いです。

カップルはお互いがパートナーを楽しませよう・喜ばせようという気持ちを持って初めて成立するもの。外食・外出が減るというのは、1つの指標として覚えておいて損はないでしょう。

⑥「倦怠期の過ごし方」


出典:shutterstock

倦怠期の過ごし方はとても重要な要素です。

交際期間が長いカップルに倦怠期や冷却期間が訪れることは仕方がないのですが、その倦怠期の過ごし方で今後のカップルの関係性は大きく変わってきます。

パートナーに対して倦怠期を抜け出すようなアプローチが出来ていない場合は「カップルが別れる前兆やサイン」であると言ってまず間違いないでしょう。

実際にそれが倦怠期を抜け出すきっかけになっているかは重要でなく、改善する為のアプローチができているかどうかがとっても大切。倦怠期や冷却期間に別れているも同然のような態度でパートナーに接している場合は「カップルが別れる前兆」と考えてまず間違いなさそうです。

⑦「彼女以外と遊ぶことが増える」


出典:shutterstock

カップルが別れる前兆として、彼女以外の人と遊ぶことが増えたということが挙げられます。

お友達がたくさんいるということは良いことでありますが、彼女との予定を後回しにしてお友達と遊びに行くことが増えたら要注意。もちろん、他の女の子と遊んでいるようなら、ほぼアウトです。

彼氏が、あなたのことを考えてくれているのか一度確認してみて、結果次第では、関係を見直したほうが良さそう。

⑧「感謝の言葉が無い」


出典:istockphoto

会話の中に感謝の言葉が無くなってきたというのは、典型的なカップルが別れる前兆・サインです。

些細なことに対しても、ありがとうが言えないというのはカップルの関係性の崩壊を招く大きな要素。それが、何かコミュニケーションとして問題があるからなのか感謝すべき行為も当たり前のことだと慢心してしまっているのかは分かりませんが、感謝の言葉を言い合えないカップルはほとんどの場合、破局してしまいます。

もしあなた達カップルに感謝の言葉が減っていると感じたら、まずはそこから変えてみてはいかがでしょうか?

⑨「気遣いや思いやりが減る」


出典:shutterstock

気遣いや思いやりが減るという本質的なポイントも破局のサインにあげられます。

重いものを持ってあげる、相手の体調を気遣う、など小さなことでも構いません。

「今、こうしてほしいな」「こうしてくれたら嬉しいな」という行動が減ってきているのであれば、それはカップルが別れる前兆として捉えても良いのかもしれません。

思いやることができるカップルであれば、結婚がこの先に待っているはずです。

⑩「体の関係が減る」


出典:shutterstock

カップルが別れる前兆やサインとして、体の関係が減るということが挙げられます。

付き合っているカップルにとって体の関係が全てではないですが、明らかに減っているという場合は要注意。

中でも、カップルのどちらかは求めているのにどちらかは拒否しているという状況はカップルが別れる前兆の典型です。大切なのは、しっかりとお互いの考えを話し合うこと。

カップルが別れる前兆やサインとして体の関係も意識してみて下さい。

カップルが別れる前兆やサインに早い段階で気づいて!

今回は、ラブラブでもこんな行動パターンには要注意「カップルが別れる前兆・サイン 」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか ?

カップルが別れる前兆やサインに早い段階で気づいて対策を考えることができれば、カップルの関係性はどんどん良くなるはずです。

今回ご紹介したカップルが別れる前兆・サインに当てはまったからと言って必ずしも別れる可能性が高いという訳ではありませんが、もし気になるポイントがあった方は少しづつでも彼氏への接し方を変えてみたり、一緒に話し合ってみてくださいね。

トップへ戻る

FOLLOW US