previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

同棲を長続きさせる秘訣10選|仲良しカップルが実践している秘密を徹底検証

仲良しカップルが実践「同棲を長続きさせる秘訣」とは?

コロナ渦が続き、大好きな恋人との同棲を考えている方や同棲をし始めた方も多いですよね。しかし、同棲生活がうまくいかずに、別れてしまうカップルも少なくありません。

では、長い期間同棲をしているのに、今でも仲良しなカップルは一体どんなことを実践しているのでしょうか?

そこで今回は、仲良しカップルが実践している、 同棲を長続きさせる秘訣をご紹介します。

早速チェックしていきましょう。

同棲を長続きさせる秘訣 10選

①「2人のルール」を作る


出典:freepik

どんなにパートナーが大好きでも、同棲を始めるとなると不安がありますよね。

「家事をうまくやれるかな?」
「お金のやりくりができるかな?」
「マンネリになりたくないな」

円満に同棲を続けるために、まずは 2人の間でルールを作っておきましょう!
なぜルールを作るべきなのかと言うと、「お互いに気持ちよく生活するため」です。

同棲は、結婚生活と違ってお互いまだ他人の状態。些細なことで始まったケンカが発展し、お別れしてしまうカップルも多いのが実情です。

せっかくの同棲生活を、ちょっとした意見の食い違いで終わりにしたくはないですよね。
あらかじめ2人の認識合わせをする意味でも、ルールを作っておくことはとても重要です。

お金や家事の分担などはもめる原因になります。早めにルールを決めておくことをおすすめします。

②自分のやることに責任を持つ


出典:shutterstock

2人のルールを作ると、自然と責任感が芽生えます。この「責任感」が、共同生活を送る上でとても大切です。

2人での生活は、一人暮らしと違って多少の制約があります。生活リズムの違いもある中で、家事も仕事もしていくことになります。

円満に同棲を続けるためには、お互いに協力が必須!「自分のやるべきことに責任を持つ」ことが相手への配慮でもあり、お互いのためにもなります。

もちろん、時には甘えたり相手を頼ったりしてOK!
「責任感を持った生活」という土台の上なら、信頼を置いて相手に身を委ねることもできるはずです。

③お互いを尊重しあう

出典:freepik

同棲を始めると、パートナーとの関係がより深まります。それと同時に、慣れも生まれてきます。

自分でも気づかぬうちに、わがままで独りよがりな言動をしていませんか?
今一度、自分の言動や行動をふり返ってみましょう。

一緒に住むからこそ、相手を尊重する姿勢は常に持つべきです。

お互いの存在を尊重できれば、万が一すれ違いが生じても大丈夫!相手の意見を聞いたうえで自分の意見も言える「建設的な関係」を築くことができ、何事もきちんと話し合って解決できるようになりますよ。

④デートに行く


出典:shutterstock

同棲を始めると、毎日一緒にいられることが「当たり前」と思ってしまいがち。気も緩み、初心を忘れてしまうカップルがほとんど。

でも、思い出してみてください。付き合いたての頃は、一生懸命メイクをしたり、髪型をセットしたり、相手に喜んでもらえるプランを考えたりしてデートをしませんでしたか?

同棲しているからこそ、月に1 回はデートに行きましょう!

一緒に外へ出かけると、家にいる時とは違った感覚で新鮮な気持ちを思い出せます。ぜひ、積極的にデートの機会を作ってみてください!

⑤時には贅沢をする


出典:freepik

多くのカップルさんは、結婚を視野に入れて同棲を始めますよね。

「結婚資金を貯めよう」「節約しよう」と目標があるのはとても良いこと!でも、それを意識し過ぎると せっかくの同棲生活が窮屈に感じてしまうかも。マンネリ化を防ぐためにも、時には贅沢することも大切です。

普段は行かないようなレストランで食事をしてみたり、旅行へ出かけたり。

「家以外で過ごす贅沢な時間」を、上手に取り入れてみてください!

⑥程よい距離感を保つ


出典:freepik

マンネリ化を防ぐためには、程よい距離感を保つことも重要です。

一緒に住んでみると、必然的に自分をさらけ出すようになりますが、それがカップルふたりにとって良い事とは限りません。あまりに素を見せ過ぎてしまうと、だんだん家族のように空気のような存在になる可能性も。家族に近い感覚が生まれると 愛情が薄れるきっかけにもなるので要注意です。

「男として見てもらう」「女として見てもらう」ことを続けるためには、一定の距離感が必要。お互いのプライバシーを守ることも意識してみると良いですよ!

⑦たまに実家に帰ってみる


出典:shutterstock

マンネリになりかけたら、たまに実家へ帰ってみることも、初心を思い出すきっかけになります。

毎日一緒に過ごしていた日々から離れてみることで、「今何してるのかな」と パートナーのことを想う時間が生まれます。

また、LINE で連絡を取り合うなど一緒に住み始めてからやらなくなったことをしてみると、同棲前の感覚を思い出して心がワクワクするはず。

実家に帰ってみて「なんだか寂しい」と感じれば、同棲のおかげで毎日一緒にいられる幸せを改めて噛みしめることができますね。

⑧「ありがとう」「ごめんね」をきちんと言う


出典:shutterstock

円満な関係を築いていくためには、気遣いの一言をきちんと言えるかどうかがとても重要です。

「ありがとう」と言われたら、誰でも嬉しいものですよね。また、喧嘩をしても「ごめんね」を言えれば、お互いが歩み寄るきっかけに。些細なことでも想いを伝えられる人は、信頼を得ることもできます。

同棲生活の慣れによって、ちょっとした時に感謝や謝罪の言葉をかけられなくなってしまったら寂しいものです。

「カップルである前に人間同士である」という意識があれば、良好な関係を長続きさせることができますよ。

⑨思ったことは遠慮せずに伝える


出典:shutterstock

相手を尊重したうえで、自分の感じたことや思ったことは遠慮せずに伝えましょう。

もともと思ったことをズバズバ言える性格であれば心配無用ですが、優しすぎるあまり自分の気持ちを押し殺してしまうような性格の方は、ぜひ心がけてほしいポイントです。

例えば、あなたがパートナーに対して「もっとこうして欲しい」という気持ちがあったとします。けれど「その思いを伝えたらギクシャクしてしまうかな」「悲しませてしまうかな」といった不安があると、言わずに様子見してしまいます。

思ったことを言えずにいると、自分の中でモヤモヤした気持ちだけが溜まっていきますよね? そしてある日、些細なことをきっかけに爆発するかもしれません。

一緒に生活をしていくなら、とにかく我慢は禁物です。
将来を見据えてパートナーとの生活を送るのですから、遠慮せずに思ったことは伝えていきましょう。

⑩ふたりの本音ノートを持ってみる


出典:freepik

思ったことを伝える大切さは理解できても、なかなか言いにくい話もありますよね。
そんな時のために、2人の本音ノートを用意してみましょう。

「どうしても本音を直接言えない」という方におすすめの方法です。

ノートに手書きで文字を書くと、想いを伝えることのハードルが下がります。「文章を書くのは苦手だな」「気が乗らないな」と思っても、まずは一文を書き始めてみてください。始めの一文を書いてみると、そのあとは意外とスラスラ書けたりするものです。

ノートの良いところは、相手にメッセージを伝えられるだけでなく 自分自身の思考をふり返ったり、文字を書きなぐることで心をスッキリさせる効果も得られるところ。

交換ノートのように交互でメッセージを書く習慣をつけてもいいですし、好きな時に好きなタイミングで書くフリーなスタイルでも良いでしょう。

ぜひ、自分たちにとってベストな活用法をみつけてみてくださいね!

お互いに過ごしやすい、素敵な関係を作っていこう♪

今回は、仲良しカップルが実践している、 同棲を長続きさせる秘訣をご紹介しました。

いかがでしたか?

同棲をするにあたって、お互いに過ごしやすい関係や環境を作っていくことはとても大切です。ぜひこちらを参考に、自分たちに合う方法を見つけて素敵な関係を作っていってくださいね♪

トップへ戻る

FOLLOW US