previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

男性の星座から紐解くNGワードとは|彼が一気に冷めてしまう女性の言動

男性の星座から紐解くNGワードとは?

「彼こそ理想の恋人!」と思っていたのに、何気無く発した言葉のせいで彼の気持ちを冷めさせてしまい、破局の危機に陥ったことがある人も少なくないのではないでしょうか?中には、なぜそんなに彼が怒ったのかもわからない人もいるはず。

そこで今回は、男性の星座から紐解く、彼が一気に冷めてしまう女性の言動をご紹介します。

今からご紹介する言葉は、言わないように気をつけてくださいね。

早速チェックしていきましょう。

おひつじ座(3/21~4/19)


出典:gettyimages

【「あの人の方がすごい」】

負けず嫌いなところがあるおひつじ座の男性。

自分が一番だなんて言うまでもないことで、自分に自信を持って恋人と付き合っています。

それなのに「友達の彼はねー」と比べられたり、「あの人の方がすごい」と下に見られたりすると「じゃ、そいつと付き合えば?」と気持ちが冷めてしまうようです。プライドを傷つけないように気をつけましょう。

おうし座(4/20~5/20)


出典:Freepik

【「まだなの?」】

自分の感性を大切にしたいおうし座の男性。

気に入った物に囲まれて、まったりのんびりしたい傾向があります。

そのため、デートコースを決めたりメニューを選んだりするのに時間がかかることも多々あります。

そんなとき「まだなの?」と急かされると、彼の気持ちは一気に冷めてしまいます。見守ってあげる心の余裕を持ちましょう。

ふたご座(5/21~6/21)


出典:Freepik

【「わかんないよね」】

ふたご座の男性は話し上手なタイプが多いです。

それは、好奇心の強さと豊富な知識があるから。その知識をひけらかしたりはしないけれど「物知り」という自負があります。

なのに「それくらい知らないの?」「わかんないよね」と言われると、「認められてないんだな」と幻滅して冷めてしまうのです。

かに座(6/22~7/22)


出典:Freepik

【「ウザイ」】

愛情深い、かに座の男性は、付き合っている恋人に注ぐ愛情もとても温かく深いでしょう。

ただ、相手を思うがゆえにあれこれ口を出したり、アドバイスをしたりすることがとても多いはず。愛しているが故にしていることなのに、「いちいちウザイ」と彼女から言われてしまうと、途端に気持ちが冷めてしまうようです。「教えてくれてありがとう」と伝えてあげましょう。

しし座(7/23~8/22)


出典:gettyimages

【「いつもそうだよね」】

プライドが高い、しし座の彼は、否定されたり上から目線で責められることが嫌いです。

また、こだわりを持って行動しているので「あなたって絶対に〇〇だよね」と「いつもそうだよね」と決めつけられたような言われると、批判されているように感じて冷めてしまうみたい。言葉の選び方に注意しましょう。

おとめ座(8/23~9/22)


出典:Freepik

【「男らしくない」】

おとめ座の男性は几帳面なタイプが多いです。

ハンカチなど、小物にも手入れが行き届いています。

もちろん、彼女がハンカチを持ち歩かないなんて考えられませんし、細かなところも指摘しがち。そんなときに「男らしくない」「細かすぎる」と言われると、気持ちが冷めてしまうのです。

てんびん座(9/23~10/23)


出典:Freepik

【「それくらいもできないの」】

周囲への気配りができるてんびん座。

自分では絶対にできないことを頼まれたとき、「無理だ」と判断し、迷惑をかけないように断ったのに「やってくれてもいいのに」、「それくらいもできないの」と言われると「利用しているだけ?」と冷めてしまうようです。

彼なりに考えていることも理解してあげましょう。

さそり座(10/24~11/21)


出典:gettyimages

【「どうせ私なんて」】

心を開いたからこそ、友だちや恋人になるさそり座の男性。

なのに、ちょっとしたことで「どうせ私なんて」とメソメソしたり自虐的になったり、「どこが好きなの?」と何度も聞いてきたりすると、「(この人を選んだ)気持ちをわかってくれていない」と冷めるのです。

どうしても自分で解決できない時は、自虐的になっている原因や不安になることを彼に伝えるのも良いでしょう。

いて座(11/22~12/21)


出典:Freepik

【「でも」「だって」】

思いついたらさっと動くことができる、いて座の男性。

女性にも、自分と同じようにアクティブさを求める傾向があります。

デートで「ここに行こう」と誘っても「でも……」とグズグズしたり「だけど……」「だって……」と否定的な言葉を言うだけで、自分の案や考えを言わなかったり、はっきりしない態度に冷めてしまうんだとか。

せっかちになりがちな、いて座男性と付き合うなら、自分の考えをサッと答えられる対応力を身につけましょう。

やぎ座(12/22~1/19)


出典:gettyimages

【「もういい」】

慎重派なやぎ座の男性。

頼まれたときは、じっくり計画を立ててから動きがち。

「こうしたら効率的かな?」と考えて「まだやらない」だけなのに、せっかちに「もういい。自分でやる」と言われると「だったら最初から自分でやれよ」と冷めてしまうみたいです。

物事が進まない時には、一緒に計画を考えてあげると良いでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)


出典:gettyimages

【「これが普通」】

みずがめ座男性は「こうであるべき」といった固定概念が苦手。

自分らしさを追求し、常識を気にしないところもあります。

そんなみずがめ座の男性のちょっと変わったアイデアや考え方に「それは普通じゃない」「一般的じゃないね」と言うと、一気に冷めてしまうのです。

「その考え面白いね!」などと彼の案を楽しめると良いでしょう。

うお座(2/19~3/20)


出典:Freepik

【「期待してないから」】

うお座の男性は優しい性格の持ち主。

人を押しのけてまで前に出ようとはしないゆえに「意欲がない」「根性がない」と思われがちです。

少々自覚があるだけに、「期待してないから」と言われるとダメ押しをされたように感じ、冷めてしまうのです。

彼の気持ちが冷めてしまう言動には十分注意!

今回は、男性の星座から紐解く、彼が一気に冷めてしまう女性の言動をご紹介しました。

いかがでしたか?

言葉には言霊が宿ります。だからこそ、相手の気持ちが冷めてしまう言動には十分気をつけたいところ。たった一言で?と思わずに、この記事を参考に、彼への言動に注意してみてくださいね。

トップへ戻る

FOLLOW US