previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

夏におすすめ「冷たい麺レシピ」10選!15分以内で簡単に作れる”時短レシピ”をピックアップ♪

夏におすすめ「冷たい麺レシピ」をご紹介!

6月も終わりに差し掛かり気温が高い日が増えてきましたね。体が慣れていないこともあり、早くも夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか?

でも、夏本番はこれから。しっかり体力を付けておきたいところです。とはいえ、なかなか食欲がわかない……。

そんな方のために、今回は夏におすすめの「冷たい麺レシピ」をご紹介!15分以内で簡単に作れる”時短レシピ”をピックアップしました。ぜひ日替わりで試してみてくださいね。

①具だくさんラーメンサラダ:15分


出典:Nadia

まず初めにご紹介する夏におすすめ「冷たい麺レシピ」は、具だくさんラーメンサラダ。

家にある調味料で作ることができる絶品タレは必見です!麺は、タレが絡みやすい中太麺がおすすめで、乗せる具材は冷蔵庫にあるもの何でもOK!

具だくさんでカラフルに仕上げれば、食べる前からテンション上がりますね♪

材料1人分

中華麺 1袋
A アボカド 1/4個
A サラダチキン 1/2個
A ミニトマト 2個
A ゆで卵 1個
A カットレタス 適量
A カニカマ 2本
A コーン 適量
B 麺つゆ 大さじ1と1/2(4倍濃縮)
B すりごま 大さじ1
B マヨネーズ 大さじ2
B 砂糖 小さじ1と1/2
B お酢 小さじ2

作り方

下準備
A《アボカド 1/4個、サラダチキン 1/2個、ミニトマト 2個、ゆで卵 1個、カットレタス 適量、カニカマ 2本、コーン 適量》の材料はそれぞれ食べやすい大きさに切るなどして準備しておく。鍋にたっぷりの湯を沸かす。

1.
B《麺つゆ 大さじ1と1/2、すりごま 大さじ1、マヨネーズ 大さじ2、砂糖 小さじ1と1/2、お酢 小さじ2》の調味料を全て混ぜ合わせる。

2.
鍋で中華麺を表記時間茹でたら素早く湯切りし、冷水でしめる。
水気を切ったら皿に盛り付ける。

3.
A《アボカド 1/4個、サラダチキン 1/2個、ミニトマト 2個、ゆで卵 1個、カットレタス 適量、カニカマ 2本、コーン 適量》の具材を綺麗に盛り付ける。

4.
B《麺つゆ 大さじ1と1/2、すりごま 大さじ1、マヨネーズ 大さじ2、砂糖 小さじ1と1/2、お酢 小さじ2》の混ぜ合わせたタレを全体にかける。

《ポイント》
・中華麺は中太麺だとタレが絡みやすいです♪細麺が好みだったらどちらでもお好きな方で!
・麺はしっかり冷水でしめるとコシがあって美味しくなります。

②キムたま冷やし中華:10分


出典:Nadia

次にご紹介する夏におすすめ「冷たい麺レシピ」は、具材を乗せるだけで食べたいときにパパッと作ることができる超お手軽なキムたま冷やし中華。

麺と一緒にもやしを茹でればさらに時短が叶います。茹で上がった麺は、氷水で一気に冷やすのが美味しさ倍増のポイント◎

材料1人分

生ラーメン ひと玉(110g)
もやし 50g(ひとつかみ)
お湯 適量
A 鶏がらスープの素 小さじ2
A 酢 小さじ1
A コチュジャン、おろしにんにく 各 小さじ1/2
A 砂糖 ひとつまみ
A 味の素®︎ 4振り
ごま油 大さじ1
キムチ 60g
卵黄 1個(全卵でも◎)
小口切り小ねぎ、白ごま 適量

作り方

下準備
小ねぎは小口切りにする。

1.
お湯を沸騰させ、生ラーメンを茹で始める。
袋表記の時間を目安にして、茹で時間終了20〜30秒前にもやしを加える。
ザルにあげてお湯をきり、流水に当てて揉みながらしっかり冷やし水気をきる。

2.
ボウルに1とA《鶏がらスープの素 小さじ2、酢 小さじ1、コチュジャン、おろしにんにく 各 小さじ1/2、砂糖 ひとつまみ、味の素®︎ 4振り》を入れてよく和え、仕上げにごま油を加えて和える。

3.
2をお皿に盛り付け、真ん中にキムチをのせ、さらにその真ん中に卵黄を落とす。
小口切り小ねぎ、白ごまを散らす。

《ポイント》
・水道水がぬるい時は、氷水に浸して手早く冷やすと美味しいです。ぬるいとなんとなく味がダレるのでキンキンに冷やしてください。
・キムチは種類や発酵の具合で酸味等変わりますので、こちらの分量きっちりに拘らずお好み量でお試しください。
・全卵使用した場合、白身分薄味になります。その際はあとがけでいいので、味の素®︎か鶏がらスープの素を少々加えるなどして調整していただけます。

③冷たいレモンラーメン:15分


出典:recipe.rakuten.co.jp

次にご紹介する夏におすすめ「冷たい麺レシピ」は、レモンのさっぱりとした風味と煮卵のホッとするまろやかさが相性抜群な冷たいレモンラーメン。

氷でキンキンに冷やした中華麺の食感は新鮮!弾力のあるモチモチ感にハマること間違いありません♪ 鶏ガラスープを注ぐ前に、器をしっかり冷やしておくのが美味しさアップのコツ◎

材料(2人分)

中華麺 2玉
生姜 1片(チューブでも可)
ニンニク 1片(チューブでも可)
醤油 小さじ1
鶏ガラスープ 600ml
塩 少々
レモン 1/2
お好みの具材 今回は味玉2つとほうれん草を適量使用
ごま油 適量
氷 お好み

作り方

1.
生姜、ニンニクはすりおろしておく

2.
鍋に鶏ガラスープを入れ、すりおろしておいたニンニク、生姜、醤油、塩を入れ味を整える

3.
ほかの鍋にお湯を沸かし、麺を茹で、しっかり湯切りをして器へいれ、スープを入れる

4.
最後にお好みの具材とレモンをのせ、ごま油を垂らし氷を浮かべて完成!

《ポイント》
鶏ガラスープは器に入れる前にしっかり冷やしておく!

④冷やしちゃんぽん:15分


出典:Nadia

次にご紹介する夏におすすめ「冷たい麺レシピ」は、火を使うのは麺を茹でる時だけ、具材はレンジでチンでOKの野菜たっぷり簡単“ちゃんぽん”です。

スープは豆乳ベースの優しい味わいで飲み干したくなる美味しさ♪ 最後に回しかけるごま油の香りに食欲をそそられますよ!

材料1人分

中華めん 1人分
豚バラ薄切り肉 40g
キャベツ 50g
もやし 40g
にんじん 10g
蒲鉾 15g(7mmスライス2枚)
コーン缶 小さじ1
A 鶏がらスープの素 小さじ1/4
A 胡椒 適量
豆乳 150ml
B お湯 50ml
B 鶏がらスープの素 小さじ1
B 醤油、オイスターソース 各小さじ1/2
B にんにく、生姜すりおろし 少々
ごま油 適量

作り方

1.
【スープを作る】
B《お湯 50ml、鶏がらスープの素 小さじ1、醤油、オイスターソース 各小さじ1/2、にんにく、生姜すりおろし 少々》を耐熱容器に入れてよく混ぜる。
※調味料が溶けない時は、40~50秒程度レンジにかけて溶かす。
豆乳を加えて混ぜたら冷蔵庫で冷やす。

2.
【具材の準備】
豚バラ薄切り肉は5~6cmに切る。キャベツは手で適当な大きさにちぎる。もやしは洗い、にんじん、蒲鉾は短冊切り。コーン缶は水気を切っておく。

3.
【具材に火を通す】
耐熱容器にキャベツ、もやし、にんじんを入れ、上に豚肉を並べる。A《鶏がらスープの素 小さじ1/4、胡椒 適量》を全体にふり、ごま油を少々かけてラップまたは蓋をして600Wのレンジで2分半加熱する。加熱が終わったら自然に冷まし、蒲鉾、コーンを加えて軽く混ぜる。

4.
【麺を茹でる・もりつけ】
中華めんは袋表示通りに茹で、冷水でよくもみ洗いをした後、器に盛り付け、①のスープを注ぐ。③を盛り付け、ごま油をひとまわしかける。

《ポイント》
・スープを器に注ぐ際、調味料が沈殿している場合があるため、よく混ぜてから注いでください。またスープはコクが少なめなので、最後のごま油ひとまわしは是非♪
・二人分を作る際は、具材のレンチン時間は3分半〜4分。レンジの途中で中身を一度混ぜてください。
・中華めんは乾麺でも蒸し麺でもお好きなものをご使用ください(今回は生麺を使用しました)

⑤たことトマトのさっぱりそうめん:15分


出典:Nadia

次にご紹介する夏におすすめ「冷たい麺レシピ」は、夏に不足する塩分や水分を補ってくれる、冷やして美味しいイタリアンなそうめんです。

「そうめん=めんつゆ」のイメージを覆す美味しさにきっと驚くはず!そうめんを冷水でしめるまで、トマトソースをしっかり冷やしておくのが美味しさのポイントです♪

材料2人分

素麺(そうめん) 2束
トマト 中2個(260g)
ゆでだこ(刺身用) 140g
大葉 4枚
ぬるま湯 50ml
鶏がらスープ顆粒 小さじ1
A オリーブオイル 大さじ4
A 酢 大さじ1
A おろしにんにく 小さじ1/2
A 塩 小さじ1/4
A 黒こしょう 少々
粉チーズ 適量(お好みで)

作り方

1.
トマトはヘタを取り、ひと口大の乱切りにする。ゆでだこ(刺身用)は5mmの厚さに削ぎ切りする。大葉は千切りにする。

2.
ボウルにぬるま湯と鶏がらスープ顆粒を入れてよく溶かし、トマト、たこ、A《オリーブオイル 大さじ4、酢 大さじ1、おろしにんにく 小さじ1/2、塩 小さじ1/4、黒こしょう 少々》を加えてよく和える。素麺が茹で上がるまでラップをして冷蔵庫で寝かせる。

3.
素麺(そうめん)を袋の表示時間通りに茹でる。茹で上がったらすぐにざるに上げ、冷水でしめて水けをしっかりと切る。

4.
2のボウルに素麺を加え、手早く和える。

5.
器に盛り付け大葉をのせる。お好みで粉チーズを振りかける。

《ポイント》
・素麺を冷水でしめるまで、トマトソースをしっかり冷やしておくのがポイントです。
・バジル、小ねぎ、パセリみじん切りなどをのせても美味しいです。

⑥冷たいスープ仕立てのたらことオクラのそうめん:15分


出典:recipe.rakuten.co.jp

次にご紹介する夏におすすめ「冷たい麺レシピ」は、和テイストスープ仕立てのたらこパスタ風そうめんです。

イタリアンなアレンジですが、お箸でサラサラッといただけます。たらこの量はお好みで調整をしましょう。お好みで、わさびを添えても美味しくいただけますよ♪

材料(1人分)

そうめん 1把
生たらこ 40~50g(内トッピング用に10g)
*酒 小さじ1/2
*白だし 大さじ1
*氷水 120cc
*オリーブオイル 小さじ1
オクラ 1本
塩 少々
刻み海苔 2つまみ位
万能ネギ 大さじ1(刻んだもの)
レモンの薄切り 2枚

作り方

1.
小ネギを刻む

2.
たらこの皮を取り除いたものからトッピング用のたらことスープ様のたらこに分けておく

3.
鍋にタップリの湯を沸かし、そうめんを茹で、水にとり氷水で締めておく
※鍋のお湯はとっておきオクラを茹でる

4.
・オクラのヘタをとり、全体に塩を揉み込んでから、3の素麺のお湯でサッと茹で、綺麗な緑色に変わったら水にとって粗熱を取る
・上記を薄切りの輪切りにする

5.
〈たらこのスープを作る〉
2のスープ用のたらこに*の調味料をいれ、氷水で割る

6.
・スープが張れるお皿の中央に3のそうめんを盛り、5のたらこスープを張理、オクラを散らす
・刻みネギ、たらこ・刻み海苔をトッピングする
・レモンのの輪切り2枚を添える

《ポイント》
・たらこスープの調味料はたらこの塩加減で違ってくるので調整して下さい。
・お好みで、わさびを添えて

⑦トマトジュースでガスパチョ風ひやむぎ:10分


出典:Nadia

次にご紹介する夏におすすめ「冷たい麺レシピ」は、トマトジュースベースのガスパチョ風スープに野菜をたっぷり入れた冷や麦です。

酸味と辛みがあるので、食欲が落ちている時もツルンと喉を通ってくれるので、栄養もしっかりと摂れますよ!冷や麦は、氷水でしっかり冷やすことで、より美味しさがアップ♪

材料2人分(2~3人分)

ひやむぎ 200g(またはそうめん)
トマトジュース 300ml(食塩不使用)
玉ねぎ 1/8個
パプリカ 1/6個
きゅうり 1/2本
セロリ 1/4本
A おろしにんにく 小さじ1/2~1
A 白だし 大さじ1と1/2
A 酢 大さじ1(ワインビネガーなど)
A オリーブオイル 大さじ1
A 醤油 小さじ1
A タバスコ 適量

作り方

1.
トマトジュースに、A《おろしにんにく 小さじ1/2~1、白だし 大さじ1と1/2、酢 大さじ1、オリーブオイル 大さじ1、醤油 小さじ1、タバスコ 適量》を混ぜて冷やしておく。

2.
玉ねぎは、5~6mm角に切って水にさらしてから、水気をとる。
パプリカ、きゅうり、セロリも同じ大きさに切る。

3.
ひやむぎ(そうめん)は、袋の表示の通りに茹でてザルにあけ、揉み洗いして水気を切る。氷水で冷やしてしっかり水気を切る。

4.
皿にひやむぎ(そうめん)を盛り付け、冷やしておいたスープを注ぎ、角切りにした玉ねぎ、パプリカ、きゅうり、セロリをのせる。

《ポイント》
・ひやむぎ(そうめん)は、水でぬめりを取った後、氷水でしっかり冷やすと清涼感がアップします。
・白だしはお使いのものに合わせて、量を加減してください。
・塩分の入っているトマトジュースの場合は、醤油を減らしてください。
・お好みで、レモンの輪切りや、生ハムなどを添えてください。

⑧豚コマで作る冷たい肉うどん:10分


出典:Nadia

次にご紹介する夏におすすめ「冷たい麺レシピ」は、甘く味付けした肉うどんを冷やして夏仕様にした一品。

温泉卵をトッピングすることでまろやかな味になります。冷蔵庫に残っている野菜をプラスして具だくさんにしても◎ 残った煮汁は旨味たっぷりなので、ぜひうどんにかけてみてください♪

材料2人分

冷凍うどん 2袋
豚コマ肉 200g
A 砂糖 大さじ3
A 醤油 大さじ3
A みりん 大さじ2
A 酒 大さじ2
A 顆粒だし 小さじ1
B 麺つゆ 大さじ2(3倍希釈のもの使用)
B 水 大さじ6
水菜 1/4束
きゅうり 1/2本
温泉たまご 2個(なくてもOK)
糸唐辛子 適量(なくてもOK)

作り方

下準備
温泉たまごをオーブンレンジで作る。
※温泉たまごは、なくても大丈夫です。

1.
B《麺つゆ 大さじ2、水 大さじ6》を混ぜ、麺つゆを作り、冷やしておく。同時進行で、きゅうりを斜め切りの後千切りに、水菜も4cmほどに切っておく。

2.
A《砂糖 大さじ3、醤油 大さじ3、みりん 大さじ2、酒 大さじ2、顆粒だし 小さじ1》を鍋に入れ沸騰したら、カットした豚コマ肉を入れ、汁が少なくなるまで煮込む。

3.
冷凍うどんを軽く茹でる(ほぐれたらOK)、もしくはレンジで温める。その後、氷水でしめる。

4.
お皿に、うどん、麺つゆ、水菜、きゅうり、甘く煮た豚コマ肉、温泉たまごの順でのせ、あれば糸唐辛子を飾る。

《ポイント》
温泉たまごはなくてもOK。
野菜も冷蔵庫のあまり野菜で、アレンジもOK。
もちろん、豚コマ肉を、牛コマ肉に変更しても大丈夫です。
※煮汁が残ったら、うどんにかけてください。

⑨カラフル夏野菜のさっぱり冷やしうどん:10分


出典:Nadia

次にご紹介する夏におすすめ「冷たい麺レシピ」は、ゴマの香ばしい風味と生姜のパンチがきいた麺つゆが美味しいカラフル夏野菜のさっぱり冷やしうどん。

カラフルな夏野菜をたっぷりと使って見た目にも楽しく仕上げます。火を使わずにレンジ加熱で手軽に作ることができるので、忙しい時に特におすすめです♪

材料1人分

冷凍うどん 1袋(180g)
なす 1/2本(70g)(長なすを使用)
オクラ 2本
トマト 1個(65g)(小さめのトマトを使用)
ホールコーン(缶詰) 50g
A めんつゆ(4倍濃縮) 大さじ1
A 水 大さじ1
A すりごま 小さじ1
A おろししょうが 1かけ分
B ごま油 大さじ1
B 塩 ひとつまみ
いりごま 適量

作り方

下準備
・冷凍うどんはパッケージの表記通りにレンジ加熱し、氷水で冷やす。
・うどんを入れる器にA《めんつゆ(4倍濃縮) 大さじ1、水 大さじ1、すりごま 小さじ1、おろししょうが 1》かけ分を合わせ入れ、冷蔵庫で冷やしておく。
・なすは1.5cm角に切って水洗いし、水気のついた状態で耐熱ボウルに入れ、電子レンジ(600W)で2分程加熱する。加熱後、ざるにあけて粗熱を取る。
・オクラはこすり洗いしてヘタを切り落としたら、ラップで包んで、電子レンジ(600W)で20秒程加熱する。加熱後、小口切りにする。
・トマトは1cm角に切る。
・ホールコーン(缶詰)は水気を切っておく。

1.
ボウルになす、オクラ、トマト、コーン、B《ごま油 大さじ1、塩 ひとつまみ》を入れて混ぜる。

2.
冷やしておいたつゆにうどんを入れ、1を盛り付けていりごまをふる。

《ポイント》
・火を使わず、レンジを使用してお手軽にできます。
・有機酸が使用されているチルド麺に対して、冷凍めんは保存料不使用のため、風味がしっかりとしていておいしく仕上がります。

⑩冷製トマすきうどん:10分


出典:recipe.rakuten.co.jp

最後にご紹介する夏におすすめ「冷たい麺レシピ」は、トマトの爽やかな酸味と甘味に甘辛い牛肉がベストマッチな冷製トマすきうどん。

加熱することで甘味が出る玉ねぎをたっぷり使うのが美味しく仕上げるポイント◎ サラダ感覚でいただける、ボリューム満点のすきうどんです。トマトはよく冷やしておきましょう♪

材料(1人分)

うどん 1玉
牛肉こま切れ 100g
玉葱 1/4個
●料理酒 大さじ1
●砂糖 小さじ2
●醤油 小さじ2
●水 大さじ1
トマト 半分

作り方

1.
玉葱とトマトをくし切りにする。

2.
小鍋に牛肉、玉葱、●の材料を入れて火が通るまで煮る。

3.
うどんを茹でて冷水で締め、器に盛り付ける。

4.
うどんの上に2とトマトを盛り付ける。

夏におすすめ「冷たい麺レシピ」を作ろう!

夏におすすめ「冷たい麺レシピ」をご紹介しました。気になる冷たい麺はありましたか?

夏はもうすぐそこです。夏バテになってしまう前に、美味しい冷たい麺を食べて元気に夏を乗り越えましょう♪

トップへ戻る

FOLLOW US