previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

彼氏と別れたいと思ったときの5つの判断基準とは|カップル倦怠期・恋愛・結婚・悩みのサイン診断


出典:pinterst

彼氏と別れたいと思ったときの5つの判断基準

「最近倦怠期かな…」「彼氏のことが好きかわからない…」

そう思い悩む人に浮かぶ「別れ」という2文字。でも、恋人と急に縁を切って別れるなんて、簡単にできることではないですよね。

そんな時に何を基準に今後の関係を考えていけば良いのか、またいざ別れるとなった時に何に気をつけるべきなのでしょうか?

そこで今回は、彼氏と別れたいと思ったときの5つの判断基準をご紹介します。

「恋人と別れるべきか」について悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

【カップル】別れる?別れない?判断基準5選

①別れた後のことを想像してみる


出典:dokujo

彼氏と別れたいと思ったときの判断基準の1つとして、別れた後のことを想像してみましょう。

彼との別れを想像してみて、彼がいないことへの寂しさや消失感よりも開放感を感じるという人は別れた方がいいかもしれません。

別れる、別れないでもやもやしながら付き合うよりも、スッパリ関係を切って自由になりたいという気持ちが表れているようです。

②彼といる自分のことが好きか


出典:adobestock

彼氏と別れたいと思ったときの判断基準の2つ目は、、彼といる自分のことが好きかということ。

彼といる自分が自分で好きかどうかも立派な判断基準です。彼といるとワガママになってしまったり、仕事や友達をそっちのけで彼中心になってしまったりなど、付き合う相手によって自分自身が少し変わってしまう人もいます。

彼といる自分を客観視してお互いに悪い方向に影響し合っているのなら別れを選んだ方がいいかもしれません。

③将来に希望はあるか


出典:shutterstock

彼氏と別れたいと思ったときの判断基準の3つ目は、将来に希望はあるかということ。

彼との将来を考えたときに、楽しみが勝つか、諦めが勝つかじっくり考えてみましょう。彼と一緒にいることで我慢しているものが大きい場合は、彼との将来を考えてみると良さそうです。

④彼と話し合いができるか


出典:shutterstock

彼氏と別れたいと思ったときの判断基準の4つ目は、彼と話し合いができるかということ。

問題を2人で解決していけるかどうかも、付き合いを左右するポイントです。お互いに納得のいく話し合いができない人は、いくつになってもその性質が変わることはありません。

これから大きな問題に直面したときに話し合いができるかどうかで、今後の関係性が大きく変わってくるでしょう。話し合いができないまま、もしその彼と結婚したとしても、必ずまた壁にぶつかってしまうはず。

⑤情で付き合っていないか


出典:shutterstock

彼氏と別れたいと思ったときの判断基準の5つ目は、情で付き合っていないかということ。

長く付き合っていると恋愛感情から、情に変わってしまって別れられないというケースがよくあります。

あなたが本当に恋愛感情で好きなのか、家族のような情で別れられないのか自分の心に問いただしてみましょう。「ドキドキするかどうか」や「異性として魅力的かどうか」も重要です。

別れには勇気や痛みが伴う!判断は慎重に。

今回は、彼氏と別れたいと思ったときの5つの判断基準をご紹介しました。

いかがでしたか?

大人の女性にとって、現在の彼氏と別れるかどうかというのは、大きな決断のひとつ。年齢を重ねるにつれて出会いの数が少なくなる傾向があるだけでなく、もし結婚を考えているなら、今の彼氏が最も結婚相手に近い人物なので、関係性を終わらせるのには勇気や痛みが伴います。

だからこそ、判断は慎重に。迷ったときは上記の基準を思い出してみてくださいね。

トップへ戻る

FOLLOW US