90年代風リップメイクが今年の秋のトレンド♪アイテムを選ぶコツやメイクのポイントは?

今のリップメイクのトレンドは、唇の中央を濃く、外側に向かって薄くする、自然に色づいたように塗るもの。しかしそれが秋にはガラッと変わるといいます。

90年代風リップメイクがトレンドに

90年代ファッションのリバイバルとともに、メイクも90年のトレンドがカムバックの兆し。M・A・CコスメティックスUKのメイクアップディレクターであるテリー・バーバーは、なかでもリップメイクについて、「リップライナーが復活する」と英メディアrefinery29に話した。

90年代のリップメイクといえば、リップライナーで唇の輪郭をくっきり描き、リップライナーはダークカラー、口紅の色はリップライナーよりも明るい色やヌーディカラーにするような、リップライナーを際立たせてモードに仕上げるのが人気だった。

画像: 90年代を代表するスーパーモデルのナオミ・キャンベル
90年代を代表するスーパーモデルのナオミ・キャンベル

今っぽく取り入れるポイントは?

テリーいわく、2019年にはこの90年代風のリップメイクが復活するという。

90年代風のリップメイクを今年取り入れる場合、テリーは、「リップのシェイプは以前よりもクラシックで、よりきちんとした形で強いものになると思う。輪郭は少しだけぼかすと良い」と、アドバイス。リップブラシや指で輪郭部分をほんの少しぼかすことで、モードになりすぎず、クラシックでロマンティックな雰囲気が生まれて今年っぽく仕上がるという。

画像1: 今っぽく取り入れるポイントは?

カラーについては、テリーは、唇の輪郭部分に描くリップライナーは暗いものを選び、唇の中央にはリップライナーとは少し対照的な明るい色を選ぶことを提案。

ここしばらくの間、唇の中央に向かって色が濃くなるリップメイクが主流だったため抵抗が感じられそうだけれど、マックスファクターのメイクアップ・アーティストのキャロライン・バーンズは、「リップライナーの色をディープカラーにしたら、それで十分」と、まずはダークカラーのリップライナーを取り入れる方法をオススメ。

画像2: 今っぽく取り入れるポイントは?

また、キャロラインは、「90年代のリップメイクでは、唇の中央に光沢感をつけていたけれど、今年のリップメイクでは、光沢感を出す仕上げよりも、もう少しさわやかで控えめにしたほうが良い」とアドバイスしている。

くっきりリップラインを強調させるメイクにはまだ勇気がいる人は、まずはキャロラインがオススメするように、ダークカラーのリップライナーから取り入れてみては。

(フロントロウ編集部)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
みなさんも今年の秋は、トレンドの90年代リップメイク、挑戦してみてくださいね♡


トップへ戻る