春夏に大活躍!細ボーダートップスでお洒落に着こなし♡

毎年春夏シーズンで大活躍するボーダートップス。今年は細ボーダーがトレンドなんだそうです!そこで今回は、ボーダートップスを使ったお洒落なコーデをご紹介したいと思います。早速見てみましょう♪

ボーダートップスを使った着まわしコーデ集

画像提供: SIZUのコーディネート

雑誌で見るような大人カジュアルコーデ。ポイントは首元のスカーフ♡
これを付けるだけでオシャレ度がグッとUPします。

パリッとした春らしいトレンチコートを羽織れば美しいシルエットに。

画像提供: ari☆のコーディネート

公園にお散歩でも♪
カジュアルでとっても動きやすいコーディネート。
お団子ヘアにメガネをかければどこか大人の休日をイメージさせるラフなスタイルに仕上がります。黒スキニーは脚も細く見えるのでおすすめですよ。

画像提供: MISATOのコーディネート

落ち着きのあるナチュラルコーデ。
夏でもいけそうなボーダートップス×白パンツの組み合わせは清潔感たっぷり!
暖かい日はロングカーディガンやワンピースを羽織ればOK。
ショートヘアの方はウェットなヘアスタイリングにおお振りなアクセサリーを付けるといいですよ♡

画像提供: nonのコーディネート

たまにはキャップで子供らしさを☆ダボっとした袖が可愛らしいですね。
ボーダートップスはハイウエストなパンツにINするのが◎

スニーカーやバッグはトップスの色と合わせているのでバランスがいいですね!

画像提供: yukari_riraのコーディネート

あまり見かけない赤のボーダートップスを使ったコーディネート。
薄い色のデニムにトップスをIN。
濃いめの色のトレンチコートとの相性もバッチリです♪キメすぎないよう、バッグはトートバッグでラフに。

画像提供: こうのコーディネート

女性らしいワンピースコーデ♡
ボーダートップスはさりげなく見せる程度でOK!
こちらもバッグは流行りのビニールバッグですね。ワントーンコーデなので、ハズレがなく、チャレンジしやすいコーディネートになっています。

画像提供: MISATOのコーディネート

定番人気のボーダートップス×デニムのコーデ。

トレンチコートはベージュを着る方が多いので、被りにくそうな青色をチョイス♪
上に羽織るか羽織らないかで春夏楽しめちゃうコーデです。
カゴバッグもとっても似合いますね☆

おすすめボーダートップスをご紹介♪

<SAINT JAMES(セントジェームズ)>

画像提供: ZOZOTOWN

OUESSANT/ウエッソン|¥11,664(税込)

ボーダーカットソーといえばセントジェームズ!

シンプルなのでどんなアイテムとも相性抜群。
綺麗見えする生地感なので1枚できても手抜き感のない1着です。

合わせるアイテム次第で様々な表情を見せてくれますよ。

<ORCIVAL(オーシバル)>

画像提供: ZOZOTOWN

ボーダーレースアップカットソー|¥13,824(税込)

古くからフランス海軍御用達のブランド、オーシバル。
コットン100%の目の詰まった生地のボーダーカットソーは毎年大人気です。

フロントのレースアップディテールがさりげなくトレンド感漂う一着。
一枚着からインナー使いまで、着まわしもしやすいアイテムですよ!

画像提供: ZOZOTOWN

ボーダー ロングスリーブ プルオーバー|¥10,260(税込)

こちらはオーシバルの代表作。
しっかりとしたコットン素材で型崩れしにくく、洗濯に強いのが人気のワケ!

裾にはお馴染みのミツバチマークが☆
季節問わず、デイリーユースにぴったりな一枚です。

<agnes b.(アニエス・ベー)>

画像提供: ZOZOTOWN

WK69 TS ボーダーTシャツ|¥9,612(税込)

こちらも人気のブランド、アニエス・ベー。
バックのネックラインに入ったハートのプリントがとってもキュート♡
7分袖のすっきりとしたデザインで、パンツにもスカートにも合わせやすい丈なのがポイントです。

カジュアルになりがちなボーダーアイテムですが、細いラインのボーダーピッチが大人っぽく見せてくれますよ。

<Ungrid(アングリッド)>

画像提供: ZOZOTOWN

サイドスリットボーダーロングスリーブTee|¥5,292(税込)

ご紹介したコーデの中でも人気の高かったこちらのお色。

着合わせがしやすいアイテムなので、デニムでカジュアルなスタイリングにも、スカートでミックススタイリングにもマッチします。

コシのある素材感で大人カジュアルな仕上がりに♪


いかがでしたでしょうか?

ボーダーとトップスは色々な着こなしが実現可能で、可愛らしさと大人っぽさを両方を兼ね備えています。今回ご紹介したコーデを参考にして、春夏はボーダーコーデを楽しんでみては?

トップへ戻る