彼女が何人かいる男性との「正しい付き合い方」とは? | Na美|働く大人女子のライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

彼女が何人かいる男性との「正しい付き合い方」とは?


今回は、天性の才能じゃないかというレベルでモテまくり、女性達が彼を自分のものにするために競争を繰り広げ、彼女もしくは彼女的な存在が何人かいるようなモテモテ男性との、正しくて・賢くて・美しい、付き合い方のポイントについて執筆します。

この手のタイプの男性を一度知ってしまったら最後。

読者女性からはよく「モテモテ男を好きになってしまって嫉妬心や独占欲から逃れられないのですがどうしたらいいですか?」という相談を受けます。

残念ながら「あー、それは苦しいですね」と冷たい一言を放って終わりになってしまいます。なぜならモテモテ男は、世間一般の恋愛観が通用するような相手では無いからです。非凡で非常識だけど麻薬のように中毒性が高く魅力的。

そんな彼を一度でも知ってしまったらもう普通の恋愛は物足りなくなってしまうのでは?
早急に自分のアタマを切り替えて「モテモテ男に対応できる私」を作り上げるのが賢いでしょうね。

競争相手に圧勝する戦略を考え抜く

モテモテ男を恋愛相手に選んだ場合は競争相手が常にいることを前提として「どうやったら圧勝できるのか?」考え抜くとそのうち道が見えてきます。

そもそも、モテモテ男には目に見えない女性に対する格付けがあります。自分が以下の格付けランクのどの位置にいるのか正確に受け入れて、もしもレベルが低い位置にいると感じたのなら、彼のなかでの自分のレベルを上げていくように頑張ればいいでしょう。

ちなみにレベル5か6にいってしまえば競争相手の存在は気にならなくなると思いますよ。自分が圧勝している手ごたえを感じられるようになるからです。

圏外 やりたいと思わない

レベル1 一回やってみたい

レベル2 もう一回やってもいいかもな

レベル3 暇な時に会うならいいかも

レベル4 ちょっとお気に入り

レベル5 他の男に取られたくないぐらいお気に入り

レベル6 彼女のことを喜ばせたいし離したくない

彼女になりたい子を彼女にさせてあげる

もしも、モテモテ男の周りにいる女性達のなかで揉め事が起きた時にはどう対処すればいいのでしょうか?

この場合はずる賢い戦い方になりますが「セフレもしくは友達戦略」を使うのが有効です。多くの女性は彼にとって1番の女になりたがり「彼女」というポジションを欲しています。ですから、女同士で揉めてしまったときには「彼女」のポジションを「どうぞ」と誰かに譲ってあげるのです。

「私はただの友達だから彼とは大した仲じゃないですよ」と女性に意思を表明して「彼女」のポジションになった子を立てます。彼女を表向きに勝たせて安心させて自分は部外者を装うのです。

でもウラでは速攻で彼に電話して根回しします。「私はただの友達って言っといたから彼女さんのこと大切にしてあげてね」なんて言いながら彼と信頼関係を築きます。「なにか困ったり都合悪いことあったらいつでもあなたのこと守るから」ということも伝えて「都合のいい女だと思ってていいよ」と言って彼のことも安心させます。

世の中の大半の女性は彼女のポジションを得ると安心して危機感を覚えなくなるみたいですね。つまり努力を怠るようになります。ライバルの気を緩めさせその隙に徹底的に努力します。都合のいい女と言っておきながら彼の需要を誰よりも掴んで満たしていれば、そのうち彼はいつでも自分を求めたくなるでしょう。

なぜなら一緒にいると他のどんな女性よりもラクだからです。記念日や誕生日になにかして欲しいとも全く望みませんし、疲れたら寝かせてあげて、自分の予定にも付き合わせない。彼が面倒くさいなと感じるようなことや、ウザいと思われるようなことは一切やりません。ほかの女性との関係を立てて応援しながら、でも結局彼は自分を選ぶよねというように時間をかけて仕向けるのです。

彼女が何人かいるのは彼の個性だと認める

彼女が何人かいる男性を観察していると、最初から彼女を増やしたくて増えたのではなく気付いたら彼女が増えちゃったんだなというのが分かります。彼女が増えることに特別な理由などありません。何となく自然に増えちゃったんです。

モテモテ男に対しては彼女が何人かいたり彼がモテることを「それも彼の個性だからまあ仕方ないよね」と認めると彼とはグッと深い関係になりやすいです。なぜなら世の中は彼の女遊びを認められない女性が殆どだからです。例えば、彼のことを束縛しようとしたり威張ろうとしたりして、全く効き目のないことをやってしまうらしいのです。

人と同じことをやると勝負の世界では負けてしまうので、彼の女遊びを尊重して推奨していればいいんだと思います。個人的な体験談ですが「遊びに行っておいで」と送りだすと「最近、そういうテンションにならないんだよね」と言ってなぜか帰ってきます。過去に何人かやりましたが同じ反応でした。もしかしたら、男性は女を増やすこと自体が目的ではないのかもしれません。どんな自分も認めて欲しくて受け入れて欲しい。そっちの願望のほうが圧倒的につよいです。ただ埋め方がわからないので、毎晩遅くまで飲んでみたり、女を増やしてみるのかもしれません。

1人の女性と愛し合って満たされたいという気持ちは実はどんな男性にも眠っています。その相手にラッキーな男性なら出会えるといったところでしょう。でもこの願望は、相手によって引き出された時に初めて男性が気付くものみたいですね!

ですから女性は、彼を丸ごと愛せるぐらいの許容を身につける必要がありそうです。

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON