結婚したくなる!?煮え切らない彼に見せたい夫婦映画3選

男性にとって、結婚は独身の自由を奪い、大黒柱としての責任を負うということ。そのため、女性よりも慎重になってしまう人が多いのです。

しかし、彼がその気になるのを待っていたら、いつゴールインできるのか分かりませんよね。

「結婚って、案外いいかもなぁ」と思ってしまう夫婦映画を3つご紹介するので、ぜひ彼に見せてみてください。

きいろいゾウ/主演:宮崎あおい

夫婦になり、一緒に暮らしているからといって、なにもかも分かり合うなんてことはできない。お互いに秘密を抱えて苦しんでいる場合もある。

だけど、一緒にいられることは当たり前なんかじゃなく奇跡に近いことで、何気ない日常がすごく幸せなんだと思わせてくれる映画です。

「結婚したら、人の関係が変わってしまうかもしれない。嫌いになってしまうかも」と悩んでいる男性にもぜひ。

武士の献立/主演:上戸彩

自分のほうが年上、しかも夫のコンプレックスである「料理の腕」を持っていることから、きつく当たられることになってしまうお嫁さん。

男性はプライドが高いので、つまらないことで妻に傲慢な態度をとってしまうことがあるのですよね。

見ていてハラハラさせられますが、最後は「そうでなくちゃ!」と言いたくなるような幸せな結末。思わず「夫婦っていいなぁ」と思ってしまうようなあたたかい映画ですよ。

ペンギン夫婦の作りかた/主演:小池栄子

恋人が中国人なことから、日本で夫婦として暮らすための帰化申請に四苦八苦する2人。また、旅行をきっかけに石垣島へ移住することになり、苦労しながら生活の基盤を整えていきます。

共通の趣味である料理を武器に、力を合わせて人生を切り開いていこうとする姿がとても素敵で、好きな人と一緒に苦労する幸せというものを感じることができますよ。

ちなみに、モデルとなったのは石垣島で「辺銀食堂」を営むご夫婦。「石垣島のラー油」でも有名です。

今度の週末は、彼とゆっくり映画を見よう!

男性の場合、女性から働きかけないとなかなか結婚をする勇気が持てないことが多いです。それは、結婚に対して過剰な不安を抱いていたり、自分に自信がなかったりするから。

実際に結婚をして、紆余曲折を経ながらも幸せになっているカップルの姿を見ることで「よし、自分も!」と思ってくれる可能性は高いですよ。ぜひ、2人で一緒に見てみてください。

トップへ戻る