彼とケンカしちゃった… 効果的な仲直りの方法やタイミングって?

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ケンカするのは仲が良い証拠といいますが、ケンカにもいろいろありますよね。すぐに仲直りができればよいのですが、長引くと仲直りをしづらくなり、最悪の場合は、そのままケンカ別れになることも…。今回は、彼とケンカをした時のために、上手な仲直りの方法についてお伝えします。

謝るタイミングが重要

男女関係は、些細なことがきっかけでケンカになっちゃうことがよくありますよね。そして、最初は小さなケンカだったはずなのに、ちょっとしたすれ違いから、大きなケンカに発展してしまうことも…。
特に、ケンカになった後の、謝るタイミングが重要です。
男性と女性は脳の構造や使い方にも違いがあるので、よかれと思ってした行動が裏目にでてしまうことがあります。

女性はケンカの後、なるべく早いうちに謝って、怒った彼をなだめようとしてしまいがちです。そのため、ケンカ直後で彼がまだ興奮しているうちに「ごめんね」をくりかえしたり、もしくは何ごともなかったかのように、明るく話しかけたりしてしまいます。

そして、それを彼が無視すると「まだ怒ってるの?」とか「そのくらいのことで、そんなに怒らなくてもいいじゃない」などと、つい口走ってしまうので、さらに彼を怒らせて最悪の方向に向かうことなる可能性があります。

ケンカ直後は、とりあえずお互いが頭を冷やすために、時間をおく方がよいでしょう。

謝り方のポイント

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

男性は、怒りで頭がカッカしている時に理由もなく謝られると、さらに怒りが増します。一方で、女性の場合は一度怒りだすと、彼に対してこれまでに怒ったことや不満に思っていたことなども、どんどん思い出していくので怒りの範囲がさらに広がってしまいます。

そのような違いがあるので、まずはお互いがひとりになる時間を作り、気持ちを落ち着かせることが大切です。

そして、少し落ち着いたあとに謝った方が効果的なのですが、ここにもポイントが。

男性はケンカの原因や理由、どのくらい反省しているのかなどを、きちんと知りたいと思うので、ただ謝るだけでは納得してはくれません。

つまり、謝る場合には、原因や理由をきちんと説明して、なおかつ、自分の反省する気持ちまでも言葉にして伝えるようにしないと、男性は許してはくれないのです。逆にこれさえ守れば気持ちを理解してくれるので、和解しやすいということにもなります。

このタイミングと謝り方を間違えてしまったばかりに、些細なケンカだったはずが、大きなケンカとなり、収拾がつかなくなることはよくありますよね。

さらに効果的なちょっとした小ワザ

もしも、ケンカが長引きそうになったり、彼の怒りがなかなか収まらなかったりしそうな場合は、自分の気持ちを織り交ぜて話すようにしてみましょう。

たとえば…

「ケンカすると、気持ちが離れていくようでつらいから、もうケンカするのはやめよう」

「あなたの怒っている顔をみると悲しくなるから。ケンカはやめにしよう」

「ケンカしていると、さみしい気持ちになって何も手につかなくなるからもうやめよう」

など、こちらが下手になりながら、自分の気持ちを織り交ぜて伝えると、彼の心にも響きます。

ただし、このような感情を入れた言葉は、ケンカが長引きそうなタイミングを見計らって使うことがポイントです。くれぐれもケンカ直後や、お互いの怒りを吐き出してしまった後では、逆効果になるので気をつけてくださいね。

終わりに

ケンカをしても、お互いが納得するようにきちんと謝ることができれば、スムーズに仲直りができるはず。ですが、やっぱりケンカは避けたいですよね。できれば、ケンカになる前や、怒りが頂点に達する前に、じょうずにストップさせましょう。

トップへ戻る