心と身体に変化!お気に入りのランジェリーがもたらす素晴らしい効果

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

特別なランジェリーを持っていますか?勝負下着やいざというときのために着る下着はもちろん必要ですが、実は普段でもランジェリーを着けると特別な効果があることが科学的に判明してきています。

今回はそんなランジェリーに秘められた女子力アップの秘密をお教えします♡

どんな時にランジェリーをつける?

ランジェリーの本来の意味は、飾りのついた女性用の肌着や下着、部屋着などのことですが、日本ではあまり普段の肌着のイメージはないですよね?良質な素材でデザインもオシャレだったり、価格も普段のものよりちょっとだけ高価だったりして、特別な時に着用するスペシャルな下着というイメージが浸透しています。

そして、勝負下着といわれるように、ここぞ!という時にスペシャルなランジェリーを着用する人はとても多くいます。

でも、勝負下着というからには、デートの時はもちろんのこと、何か自分にとって特別なできごとがある時に着用する方もいませんか?デートの時には、彼に見せるかも?という理由がありますが…、その他の特別なできごとの時には、まったく関係がないはずです。でも、就職の面接、大事なプレゼンや会議など気合いを入れたい時、入学式、卒業式など、人生の節目の大切な日にもランジェリーをつけるのは、つけると気持ちが変化することを実感している証拠ですよね。

ランジェリーをつけることで起こる気持ちの変化とその理由

ランジェリーを着用した時の気持ちを想像してみてください。なぜか、気持ちが晴れやかになったり、うれしくなったりと、高揚した気持ちになりませんか?これは、脳の中で起こる変化が心に作用しているのですが、恋をした時に起こる変化にもよく似ているのです。

人の脳細胞はさまざまな物質を合成して、ホルモン物質を作り出す働きがあります。このホルモン物質にはたくさんの種類があり、いろいろな状況や環境に合わせて脳が判断し、必要なものが必要なところに分泌されていくしくみです。

このように脳内のホルモンバランスは、絶えず変化をしていますし、変化の度に脳は大きな影響を受けています。そして、脳はその変化を自ら察知して、興奮させたり鎮静させたりをくりかえしているのです。

少しむずかしい説明となってしまいましたが…つまり、人はうれしさ心地良さなどを感じることで、脳の中で変化が起こり、ドーパミンやβエンドルフィンと呼ばれるホルモン物質があふれだします。

これらは、快楽ホルモンや脳内麻薬といわれるくらいに、心と身体に大きな変化をもたらします。ランジェリーを着用するというたったそれだけのことでも、このような変化が起こるのです。

脳内麻薬「βエンドルフィン」の効果について

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

少し大げさに感じるかもしれませんが、女性の心は、ほんの些細なできごとで変わりやすいものです。特にかわいいもの、美しいもの、自分の好きなものなどに対しての心の動きは、男性には想像がつかないほどかもしれませんね。

「脳内麻薬」や「快楽ホルモン」というすごいネーミングで呼ばれる「βエンドルフィン」ですが、その由来のとおり驚くような効果があります。

  • 脳全体の働きがアップする(頭が冴える、回転がよくなる)
  • 感情豊になるので、より感受性が高まる
  • 強い精神力やポジティブな気持ちを持てる
  • 性格が明るくなり、表情が変わる
  • やる気がみなぎり、アクティブになる
  • 毛細血管が広がることで、血液循環がよくなり美容効果がアップする(肌、髪、爪など)
  • 免疫力が高まり健康になれる
  • ストレスに強くなり、ストレスを感じにくくなる

などなど…このような効果があります。素晴らしいですよね!

ただし、ただランジェリーをつけるだけでは、この効果も半減してしまいます。お気に入りのランジェリーであることが大切ですが、着用する時に「理想の自分」をイメージしながら着用して、もちろんその後もその気持ちを思い出すことがとても大切です!

終わりに

いかがでしたか?ランジェリーはただ単に女性として美しく見せてくれるだけではなかったんです。「男のため」だけにランジェリーを選ぶのではなく、時には自分のメンタルアップのために、様々なシーンに合わせたランジェリー選びをしてみるのもきっと楽しいと思いますよ♡

トップへ戻る