previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

【メイクテクニック】マスクにファンデーションがついてしまう原因や対処法とは

マスクにファンデがつかない方法が知りたい!

貴重なマスクにファンデーションがついてしまうことに悩んでいませんか?

マスクを人前で取らない場合は目元だけのアイメイクで過ごすこともできますが、接客業の人などはなかなかそう簡単にはいきません。

今回は「マスクにファンデーションがつかない方法が知りたい!」と悩んでいる大人女子のために、マスクにファンデーションがつきやすい原因を詳しく説明します。ぜひご覧ください!

マスクにファンデがつきやすい原因とは?


出典:Freepik

まず最初に、マスクにファンデーションがつきやすい原因から見ていくことにしましょう。

「マスクにファンデーションがついてしまうのは自分のメイクが濃すぎるのが原因なのかな?」と考える人も多いようですが、実は原因はそれだけではありません!

マスクにファンデーションがつきやすい人は、共通してお肌にある特徴が見られることが分かっています。さらに外気温や湿度なども大きな関係があります。

暑さや呼気で蒸れて化粧が落ちる!

まずマスクにファンデーションがつきやすい原因には、気温や湿度の上昇が関係しています。

マスクは自分の飛沫を周りの人に飛ばさないためにピタリと密着させて使用することが多いため、どうしても外気温の暑さや自分の呼吸で顔が蒸れやすくなります。

顔に常にスチーマーを当てているような状態になり、その結果ファンデーションが取れてマスクについてしまうことがあります。目元はキレイにメイクが残っているのに、マスクを取るとドロドロに…という悲惨な状態になっていることも多いですね。

皮ふに水分不足?乾燥と皮脂が原因に!

皮ふに水分が不足している人はファンデーションが取れやすくなると言われています。

一般的に皮ふの水分が足りない時は体内の皮脂が顔の表面に浮き出てきて肌を守ろうとします。皮ふに水分が足りない人は顔が皮脂でテカテカになっていることが多く、いわゆる皮脂性肌になってしまいます。

皮脂性肌の人は肌のテカリを気にして頻繁に洗顔をしてしまう人が多いのですが、その繰り返しの洗顔でさらに肌の水分が奪われて乾燥してしまい、余計に皮脂の分泌を促してしまう悪循環に陥ってしまうことも珍しくありません。

べたつく皮脂は顔のファンデーションを取れやすくしてしまい、その結果マスクにファンデーションがべったりとついてしまうことになります。

皮ふの水分不足は乾燥や皮脂の分泌を促し、様々な肌トラブルを招いてしまいます。寒い冬以外もしっかりスキンケアをして肌に水分を補うことが大切です。

マスクが肌とぶつかってメイクが落ちる!

お肌のスキンケアはしっかり行っていても、マスクと肌がぶつかり擦れることでファンデーションがマスクについてしまうこともあります。

現在外出中は常にマスクを着用している人が多いです。肌とマスクが擦れる時間が長くなると、どうしてもメイクは取れやすくなり、マスクにファンデーションがつきやすくなってしまいます。

最近はマスクと肌の間に1枚ガーゼを挟んだり、当て布をして対処している人もいるようです。

マスクにファンデがつかないための4つの方法!


出典:Freepik

なかなか厄介なマスクとファンデーションの関係ですが、マスクにファンデーションがつかないための対処法も幾つかあります。

お肌を休ませるために週に何日かはノーメイクで過ごすのも良いですが、やっぱり人前に出る時は薄付きのナチュラルメイクでも良いのできちんとフルメイクをして過ごしたいですよね。

それでは、メイクをしながらマスクにファンデーションを付けない方法をチェックしていきましょう!

①ファンデをパウダーやジェルでカバーする

マスクにファンデーションをつかないようにするためには、ファンデーションを肌に付けた上からパウダーやジェルでカバーするのがおすすめです!

パウダーは「ルースパウダー」や「おしろい」「粉おしろい」などと呼ばれています。非常に細かい微粒子のパウダーを仕上げに肌にのせることで、ファンデーションの浮き上がりを抑えて、きめ細かな肌に見せることができます。

ジェルも効果は同じです。ジェルを仕上げに使うとファンデーションの持続力が格段にアップします。ルースパウダーやジェルはナチュラルなラメ入りの物もあり、普段のメイクをワンランク華やかに仕上げることもできるので年間を通して非常に人気です。

②落ちにくいファンデを選ぶ!保湿効果にも注目!

マスクにファンデーションがつかないようにするためには、落ちにくさを追求している専用のファンデーションを使うのも◎

特に夏用だと、皮脂や汗に強く、長時間美しさをキープできるファンデーションがたくさん販売されています。皮脂性肌の人は、テカり防止のファンデーションなどが効果的。

また、最近は落ちにくいだけでなく肌に潤いを与える保湿効果の高いファンデーションも登場していたりします。高機能ファンデーションでも買い求めやすいリーズナブルなものもありますので、ぜひ自分の肌に合ったものを探してみましょう。

③フィットするマスクを選ぶ!

マスクにファンデーションがつきやすいのは、もしかするとマスクの大きさが関係しているのかもしれません。

マスクは自分の顔に対して大きすぎるとサイドに隙間が出来てしまうため、少し小さめのサイズを付けている人も多いです。

しかし小さめサイズのマスクを付けるとどうしてもマスクに肌が擦れやすくなり、そこの箇所にファンデーションがつきやすくなってしまいます。

今はマスク不足も徐々に解消されつつありますので、できればマスクは自分の顔にピタリとフィットするサイズのものを購入したり手作りして使用したいですね。

④日々の保湿ケア&ベースメイクが大切!

ファンデーションがすぐに取れてしまうことでマスクにつきやすいという人は、日々の肌の保湿ケアを徹底的に行うとともに、ベースメイクをしっかり作り上げることも大切です。

肌の下地を整えておくとファンデーションのノリがまるで違います。

ベースメイクは肌に必要な水分を補充して閉じ込め、肌の表面を滑らかにしてファンデーションの吸着率をアップしてくれます。

手抜きをしてベースメイクをしないままファンデーションを付ける人もいますが、ある程度の年齢がいくとそのやり方では長時間美しさをキープすることは不可能です。

少しの手間をかけるだけでマスクにファンデーションがつくという悩みを少し解決できるかもしれません。

落ちないテクニックで快適マスク生活を送ろう!

今回はマスクにファンデーションがついてしまう原因や対処法を解説しました。

ぜひ落ちないテクニックを使って快適なマスク生活を送りましょう♡

トップへ戻る

FOLLOW US