「価値観の違い」を乗り越える3つの方法
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

「価値観の違い」を乗り越える3つの方法


「価値観の違い」を乗り越える3つの方法

育ってきた環境が違うと、物事の考え方や捉え方違ってきます。
また、血のつながった家族であっても考え方が違うことから、価値観が合うことは稀と言ってもいいかもしれません。

今まで違う生活環境で暮らしてきた2人であれば、価値観が違うことは当然です。

価値観の違いで喧嘩をしてしまい別れるのか、それともうまくやっていけるのかは、価値観の違いを乗り越える方法を知っているかどうかで変わってきます。

そこで今回は、価値観の違いをどうやって乗り越えるか、その秘策をご紹介します。

①どうしてそのような価値観なのか聞く


出典:freepik

「どうしてその考え方なんだろう」と、疑問に思うことがあった場合は、素直に聞いてみるのが1番です。
「なぜそう考えるの?」と聞いてみると、パートナーから理由を聞くことができます。

理由を聞いて、パートナーのバックボーンにどのような事があったのかを知り、納得できると次の解決策が見えてきます。

理由が分かれば、パートナーを理解しようとする姿勢も伝わり、喧嘩になるリスクが避けられるでしょう。価値観を合わせるのは難しいので、お互いを知る事が大切です。

②新しい考え方として受け入れる

出典:freepik

自分とは違う考え方に対して「それは考え方が間違ってる!」と、否定したり改善させたくなったりすることもあるでしょう。

しかし、今まで育ってきた環境が異なると、すぐに考え方を直す事は困難です。

自分とは違う価値観に、最初は戸惑うことも多いかもしれませんが、”新しい考え方として自分の経験値にしてしまおう”このように考えるとどうでしょう。

「こんな考え方もあるんだ」と、自分の引き出しを増やすことができ、新しい考えを敵対視せず気持ちも楽にすることができます。

③すべてを合わせなくても良い

出典:freepik

恋人だから、夫婦だからといってすべてを一致させることは難しいので、無理に合わせる必要はありません。
気づくと考え方や物事の価値観を、すべて一致させようと真面目に頑張ってしまっている事もあると思います。それでは自分自身が辛くなってしまいます。

パートナーと、より長く一緒にいたいと思えば思うほど、ずれをなくそうとしてしまうんですよね。

すべてを合わせなくても、考え方が違うことで難局を乗り越えることができますし、2人して落ち込むこともなくなります。

ちょっと違うくらいが関係をよくすると思うことで、気持ちが一気に楽になりますよ。

価値観はずれているくらいがちょうどよい

価値観をすべて合わせようとすると、価値観の違いを乗り越えられなくて、結果的にお別れしてしまったり、相手のことが嫌になったりしてしまいます。
つまり、価値観はずれているくらいがちょうどよいのです。
どんなに好きな相手でも、自分と違う考え方であると知ったときは、モヤモヤすることがあるでしょう。相手のことをちゃんと知った上で「これくらいなら大丈夫」と許せると、一気に2人の関係性は深まり、より良いものになっていきます。
トップへ戻る

FOLLOW US