【餃子の皮】で作る「お酒に合うおつまみレシピ」5選|人気のおすすめ簡単”一品料理”の作り方

レシピ・グルメ

DAILY RANKING
デイリーランキング

DAILY RANKING
デイリーランキング

【餃子の皮】で作る「お酒に合うおつまみ」レシピ

手作りしようと買った餃子の皮。使いきれずに余らせてしまった経験ありませんか?

そんなときは、餃子の皮を使ったアレンジレシピがおすすめです。

そこで今回は、【餃子の皮】で作る「お酒に合うおつまみ」レシピをご紹介します。

サクサク、もちもちのおつまみレシピを厳選しました。ぜひ参考にしてみてください♪

①餃子の皮で サクサクおつまみ


出典:kurashiru

まず初めにご紹介する、【餃子の皮】で作る「お酒に合うおつまみ」は、すりおろしニンニクと粉チーズをのせて巻き、オーブントースターで焼くだけのおつまみレシピです。さっと作ることができるので、お酒のおつまみにもぴったりです。鷹の爪輪切りや、ペッパーソースをトッピングにプラスしてもおいしいですよ。ディップするソースにつけて食べても◎

材料2人分

餃子の皮…6枚
水 (のり用)…適量
すりおろしニンニク…大さじ1
粉チーズ…大さじ2
トッピング
パセリ (乾燥)…適量
添え物
ミニトマト…3個

作り方

下準備
ミニトマトはヘタを取り除いておきます。

1
ラップを敷いて餃子の皮を並べ、重なる部分に水を塗って留めます。

2
すりおろしニンニクを塗り、粉チーズをふりかけます。

3
端から巻き、巻き終わりを水で留め、ラップのまま冷蔵庫で10分休ませます。

4
1cm幅の輪切りにします。アルミホイルを敷いた天板にのせ、焼き色がつくまでオーブントースターで5分ほど焼きます。

5
器にミニトマト、4を盛り付け、パセリをかけて完成です。

《ポイント》
・巻き終わりをしっかりと留めて、冷蔵庫で10分ほど休ませると生地がなじみ、切りやすくなります。
お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W220℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

②餃子の皮で 枝豆のおつまみ


出典:kurashiru

次にご紹介する、【餃子の皮】で作る「お酒に合うおつまみ」は、餃子の皮をリメイクした、簡単おつまみです。餃子の皮にマヨネーズで和えた枝豆を包み、トースターでカリッと焼き上げました。ひとくちサイズで食べやすく、ビールのおつまみにぴったりですよ。カリカリの食感はクセになること間違いなし。

材料2人分

餃子の皮…7枚
枝豆 (ゆで、正味量30g)…28粒
マヨネーズ…大さじ1
水 (のり用)…適量
粉チーズ…大さじ1
黒こしょう…適量

作り方

1
餃子の皮を半分に切ります。

2
枝豆とマヨネーズを混ぜ合わせます。

3
1に2を2粒ずつのせて包み、縁に水を塗り、留めます。

4
アルミホイルを敷いた天板に並べ、表面に水を塗り、粉チーズをかけます。オーブントースターで表面がきつね色になるまで5分ほど焼きます。

5
器に盛り付け、黒こしょうをかけて出来上がりです。

《ポイント》
・お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子をみながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。

③餃子の皮で 鮭としめじのクリームホットパイ


出典:kurashiru

次にご紹介する、【餃子の皮】で作る「お酒に合うおつまみ」は、ホットパイのレシピです。鮭としめじのホワイトソースを包んだ、アツアツのホットパイは寒い日にぴったり。余ったシチューなどで作っても◎ 餃子の皮がパリパリでとてもおいしいので、おもてなしにも喜ばれる一品です。

材料5個分

鮭…1切れ
有塩バター (鮭焼く用)…5g
しめじ…1/2株
玉ねぎ…1/2個
ホワイトソース
有塩バター…10g
薄力粉…15g
牛乳…200ml
塩…少々
餃子の皮… (大判5枚)
水…適量
卵 (塗る用)…1/2個
パセリ…適量

作り方

1
中火で熱したフライパンにバターを入れ鮭を両面焼いたら一度取り出し、ほぐしながら皮と骨を除きます。

2
しめじは石づきを切り落とし手でほぐします。

3
玉ねぎは薄切りにします。

4
中火で熱したフライパンにバターを入れ3をしんなりするまで炒めます。

5
薄力粉を加え、粉っぽさがなくなったら牛乳を加えて塩で味を調えます。

6
とろみがついたら1と2を加えて、ココットに移します。

7
餃子の皮をココットにかぶせます。ふちに水をつけてしっかり止めます。

8
表面に卵を塗って、トースターで10分程焼きます。

9
お好みでパセリをかけたら完成です。

《ポイント》
・塩加減は、お好みで調整してください。
餃子の皮に焼き色がついたら、焦げないようにアルミホイルをかぶせてください。
お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

④アボカドチーズ餃子


出典:kurashiru

次にご紹介する、【餃子の皮】で作る「お酒に合うおつまみ」は、アボカドとチーズを組み合わせた餃子のレシピです。まろやかなアボカドに、チーズとマヨネーズの旨味がよく合います。味付けはマヨネーズと黒こしょうで簡単に仕上がるので、ズボラさんにもおすすめの一品。おやつとしても、お酒のおつまみとしても便利ですので、ぜひお試しください。

材料10個分

餃子の皮…10枚
水 (のり用)…適量
アボカド…1個
ピザ用チーズ…50g
(A)マヨネーズ…大さじ2
(A)黒こしょう…ふたつまみ
サラダ油…大さじ1
パセリ (生)…適量

作り方

1
アボカドは半分に切り、種を取って皮を剥き、1cm角に切ります。

2
ボウルに1、ピザ用チーズ、(A)を入れ、よく混ぜ合わせます。

3
餃子の皮の中央に2を乗せます。縁に水を塗り、半分に折って包みます。

4
中火に熱したフライパンにサラダ油をひき、3を入れ、中火で5分程焼きます。

5
火を止めて器に盛り付け、パセリを添えて出来上がりです。

《ポイント》
・焼くときにピザ用チーズがはみ出ないように、縁をしっかり閉じてください。
今回は蓋をせずに焼き、カリカリに仕上げていますが、しっとりとした食感に仕上げたい場合は蓋をして焼いてください。

⑤簡単 餃子の皮でチキントルティーヤ


出典:kurashiru

次にご紹介する、【餃子の皮】で作る「お酒に合うおつまみ」は、簡単にご家庭で作れるトルティーヤのレシピです。 もちもちの皮に、ピリッとした具材が相性抜群の一品です。 安価で手に入る、餃子の皮、鶏ささみ、野菜で作ることができるので、おつまみやおやつにおすすめです。

材料2人分

鶏ささみ…3本
(A)酒…大さじ1.5
(A)塩…少々
玉ねぎ…1/4個
ピーマン…1個
ソース
ケチャップ…大さじ3
ウスターソース…大さじ1
すりおろしニンニク…小さじ1/2
チリパウダー…小さじ1/3
カレー粉…少々
黒こしょう…少々
餃子の皮 (大判)…11枚
水 (のり)…適量
粉チーズ…大さじ1
オリーブオイル…大さじ1

作り方

下準備
ピーマンのヘタ、ワタ、種を取っておきます。 鶏ささみは、筋を取り除いておきます。

1
玉ねぎとピーマンをみじん切りにします。

2
耐熱ボウルに鶏ささみと(A)を入れ、ふんわりとラップをし、600Wのレンジで2分加熱します。粗熱が取れたら水気を切り、手で小さく裂きます。

3
別の耐熱ボウルに、1とソースの材料を入れ、混ぜ合わせてふんわりとラップをし、600Wのレンジで3分加熱します。

4
餃子の皮に、3、2、粉チーズを乗せて巻き、端に水を付けて留めます。

5
弱火に熱したフライパンにオリーブオイルを熱し、4をきつね色になるまで焼き、お皿に盛り付けて完成です。

《ポイント》
・塩加減とチリパウダー、カレー粉の量は、お好みで調整してください。
鶏ささみは、加熱しすぎると硬くなってしまうため注意してください。
餃子の皮の水で留めた面を下にして焼き始めてください。

今夜の晩酌のお供に「餃子の皮」でおつまみを作ろう♪

今回は、【餃子の皮】で作る「お酒に合うおつまみ」レシピをご紹介しました。

気になるアレンジレシピはありましたか?

どれもサクサク、もちもちのお酒にピッタリな絶品おつまみレシピばかりです。ぜひこちらを参考に、ホームパーティーにはもちろん、今夜の晩酌のお供に作ってみてはいかがですか?

コメント