綺麗に染めた髪色が長持ちしない・・・ヘアカラーを長持ちさせる方法公開♡

ヘエカラーリングであるあるなのは、せっかく綺麗に染めてもらったのに髪色がすぐに抜けてしまうこと!お気に入りのヘアカラーは長持ちしてほしいですよね。そこで今回は色落ちの原因とカラーを長持ちさせる方法をご紹介していきます!!

せっかくの髪色が長持ちしない…なぜ?

View this post on Instagram

Willeさん(@willehair)がシェアした投稿

せっかく綺麗に染めてもらったのに…
カラフルで可愛い髪色がすぐに抜けちゃう…

そんなお気に入りのヘアカラーはずっと長く綺麗に続いて欲しいですよね。

数日経つと色落ちしてしまう、そのヘアカラーの悩み。

今回はその原因とカラーを長持ちさせる方法をご紹介します。

Q.どうしてこんなにもすぐ色が抜けちゃうの?

日本人の髪は染まりにくいから

View this post on Instagram

Manato.Sato✂︎さん(@manatosato)がシェアした投稿

日本人の髪は海外の人たちと比べて色素が薄くない。

日本人特有の黒髪は実は黒一色じゃなくて
赤と黄色の色素が多く入っています。

赤系や黄色系の暖色はアッシュなどの寒色が入りにくく
すぐ抜けやすいという特徴があるんです。

ヘアカラーは抜けるもの

View this post on Instagram

Willeさん(@willehair)がシェアした投稿

ヘアカラーは髪内部に完全に定着することがないので
時間の経過と一緒に色素が抜けていくのが当たり前。

ヘアカラーの後しばらくすると
髪がパサパサに感じるのはヘアカラーが抜けてきてるからなんです。

ダメージ髪は抜けやすい

View this post on Instagram

Willeさん(@willehair)がシェアした投稿

髪にダメージなどの負担がかかると
ヘアカラーは抜けやすくなります。

髪の水分や栄養素であるキューティクルがある状態はいいのですが、
キューティクルが剥がれ落ちたり、開いたりすることで
髪内部の染料が抜けやすくなるんです。

ヘアカラーを長持ちさせる方法《当日》

◆ヘアカラーした日は髪を洗わない

ヘアカラーをした当日はなるべく髪を洗わないようにしましょう。

ヘアカラー直後は染料が髪にしっかり定着しきっていないので
シャンプーをしてしまうと綺麗に入った色が抜けてしまう原因になるんです。

◆なるべく水やお湯に触れない

 
ヘアカラーしたばかりの髪はキューティクルが傷んでいるので
水や熱いお湯に触れるとカラーリングが落ちてしまいます。カラーが髪に馴染むまでは
なるべく水やお湯を髪に触れないようにしましょう。入浴の際はできるだけ髪をクリップなどで留めるのがベスト。

ヘアカラーを長持ちさせる方法《後日》

◆うるおい重視のシャンプーを

シャンプーなどを選ぶときは保湿を重視したアイテムを選んでみてください。

ヘアカラーの後の傷みやすい髪に水分を与えて
頭皮や髪を健やかな状態に保つことが大切です。

◆カラートリートメントで色をサポート

カラートリートメントのアフターケアで
毎日抜けていくヘアカラーを補うことができます。

髪に定期的に色を入れていく
そしてトリートメントで保湿してあげることで
色を長持ちさせることができるんです。

◆熱から髪を守る

ドライヤーをするときは洗い流さないトリートメントや
オイルで髪を熱から守ってあげましょう。

ドライヤーやヘアアイロンなどの熱によって髪が傷んでしまうので、
できるだけドライヤーやアイロンの温度は低めに設定するのがおすすめ。

◆紫外線から髪を守る

カラーリングで傷んでしまった髪に紫外線を与えないように
帽子や日傘、日焼け止めスプレーなどでの対策も大切。

紫外線を浴びると髪が傷んでヘアカラーが
抜けやすくなるんです。

ヘアカラーを長持ちだせてもっと可愛く♡

View this post on Instagram

Willeさん(@willehair)がシェアした投稿

いかがでしたでしょうか?
せっかく可愛く染めてもらった色味だからこそ、すぐ抜けてしまうのは悲しいですよね。
是非今回の記事を参考にして、お気に入りのヘアカラーを少しでも長く保って楽しんでくださいね♡

トップへ戻る