クリスマスパーティー【メインディッシュ】の人気レシピ|おすすめ簡単な”魚・肉料理”レシピを厳選
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

クリスマスパーティー【メインディッシュ】の人気レシピ|おすすめ簡単な”魚・肉料理”レシピを厳選


クリスマスパーティー【メインディッシュ】の人気レシピ

クリスマスはすぐそこ。

今年のクリスマスは外食をせずに、お家でクリスマスパーティーを楽しむ方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、クリスマスパーティーにおすすめの【メインディッシュ】の人気レシピをご紹介します。

メインディッシュがまだ決まっていない方やこれから作る方は、ぜひ参考にしてみてください。

①【基本】失敗しない ローストビーフ レシピ・作り方

出典:Nadia

まず初めにご紹介するのは、失敗しないローストビーフです。

クリスマスパーティーにあるとうれしいローストビーフが上手に作れない…という方も、このレシピを見れば大丈夫!とても丁寧に解説されているので、きれいなピンク色のローストビーフに仕上がりますよ。

料理が苦手な方でも気軽に作ることができるのでぜひチャレンジしてみてください。

材料4人分(作りやすい分量)

牛もも塊肉…400~500gくらい
塩…小さじ1弱
こしょう…適量
オリーブオイル…大さじ1

作り方

下準備
・調理するときは牛もも塊肉を冷蔵庫から1~2時間前に出して常温にしておきましょう。(中まで火が通りやすくなります)
・冷蔵庫から出して、塩こしょうをして味をなじませます。
塩の分量は肉の重量の1%くらい。
塊肉が400~500gくらいですから小さじ1弱が目安です。

1
フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、焼き色をつける。
※片面1~2分くらいが目安。しっかり計ると周りの色の付き方が均等になります。
※ローストビーフと言っても和風・洋風・中華・薬膳・エスニック・・・など様々な楽しみ方があります。
にんにく・しょうが、ローズマリー・クミンなどのハーブなどフレーバーを変えてみても面白いです。

2
粗熱が取れたら、ラップで2重にくるみ、さらにアルミホイルで巻く。
※ホイルではなく厚手のポリ袋に入れても良いですが、その場合はしっかりと空気を抜くようにしましょう。

3
80℃前後(沸騰前)の湯に入れて5~10分弱火~中火で加熱します。
(ぐつぐつと加熱しては火が強いです。肉を入れて温度が下がると思いますが60~80℃をキープするようにします)
火を止めてそのまま30分湯の中に入れておきます。

湯から取り出し、さらに室温において常温になるまで冷まします。

※肉は加熱すると50~60℃前後でたんぱく質が凝固。さらに高温になると肉の繊維が収縮し水分が流出します。
この時の温度が高いほど水分が流出しやすくパサパサして硬くなるので旨味も減少します。
茹でて放置することで過加熱を防ぐことができます。

※これ以外にも60℃くらいの湯を入れた炊飯器で1時間程度保温するという方法もあります。

4
※お好みの大きさに切り分け、ソースなどをかけてお召し上がりください。
(写真はわさびを混ぜた 乳酸キャベツ(ザワークラウト)を添えています。)
※ローストビーフは塊肉のまま保存しましょう。(冷蔵で3~4日くらい。冷凍の場合は小分けにしておくと便利です)
※日にちが過ぎてしまったら、ビーフシチューやカレーなどにリメイクしても。

《ポイント》
・牛肉は鉄分が豊富に含まれています。
作り置きにしていつでも食べれると貧血予防にもおすすめです。
・付け合せにビタミンCが豊富な緑黄色野菜やフルーツのソースを加えると吸収率がアップします。

②骨付き鶏もも肉で♪定番クリスマスチキン


出典:Nadia

次にご紹介するのは、クリスマスに作りたい、骨付き鶏もも肉で作るローストチキンです!

作り方は、超簡単!にんにくとしょうがが香る照り焼きの味のたれに鶏肉を漬け込んで、オーブンで焼いたら出来上がり♪大きな口でかぶりついてくださいね!

材料2人分

骨付き鶏もも肉…2本
塩…小さじ1/2
A酒…大さじ1
A醤油…大さじ2
Aはちみつ…大さじ2
A生姜すりおろし…小さじ1
Aにんにくすりおろし…小さじ1
オリーブオイル…大さじ1
黒こしょう…少々

作り方

1
骨付き鶏もも肉は、余分な皮や筋を取り除く。
(骨に沿って切り込みが無い場合は、切り込みを入れる。)

2
肉に塩をし、全体にしっかりともみ込みこむ。

密封袋に肉とA酒 大さじ1、醤油 大さじ2、はちみつ 大さじ2、生姜すりおろし 小さじ1、にんにくすりおろし 小さじ1を加えさらに揉み、しっかり閉じて冷蔵庫で2~3時間漬け込む。

3
オーブンシートの上に、水気を切って肉をのせる。
刷毛で、オリーブオイルを表面に塗る。

4
210℃にオーブンを予熱し、30~35分焼く。
※10分ごとに開けて2回ほどオリーブオイルを塗ると、ジューシーに!

5
お皿にのせ、黒こしょうを挽く。

《ポイント》
・オーブンのクセで加熱時間が異なります。竹串をさして、透明な肉汁が出たらOKです。

③クリスマスにも!絶品!本格!チーズインハンバーグ


出典:Nadia

次にご紹介するのは、贅沢なメインおかず「チーズinハンバーグ」のレシピです。

美味しく仕上げるためのポイントはチーズの中にバターを仕込ませること。特別感たっぷりでゲストにも大満足してもらえること間違いなしの一品です。

材料2人分(大きめのハンバーグ2個)

牛ひき肉…200g程度(牛ひき肉(または、合挽きひき肉、できれば 牛:豚2:1))
塩…2g
A卵…1個
Aパン粉…1/3カップ
A玉ねぎ…1/3個(みじん切り)
Aこしょう…ひとつまみ
Aお好みでナツメグ…ひとつまみ
スライスチーズ…3枚
バター…3g
オリーブオイル…小さじ1
B赤ワイン…50ml
Bケチャップ…大さじ2
Bウスターソース…大さじ1
Bはちみつ…小さじ1
B醤油…小さじ1

作り方

下準備
・玉ねぎをみじん切り500Wで2分加熱
・スライスチーズ1枚にバター3gを包みスライスチーズ1/2に切り巻く。2個作る

1
ボウルに冷蔵庫から出したばかりの牛ひき肉と塩を加え、素早く、粘り気が出るまで混ぜる。
A卵 1個、パン粉 1/3カップ、玉ねぎ 1/3個、こしょう ひとつまみ、お好みでナツメグ ひとつまみを加えよく練り合わせる

2
2等分してバターを包んだチーズを
真ん中に入れ楕円に形を整え、空気をぬく。
バットにのせ冷蔵庫で10分ねかせる。

3
フライパンにオリーブオイルを入れ
ハンバーグを並べ1分半、ひっくり返して1分
中強火で焼く。

水大さじ2を加えフタをし弱火で10分蒸し焼きにする。

4
小さなボウルにB赤ワイン 50ml、ケチャップ 大さじ2、ウスターソース 大さじ1、はちみつ 小さじ1、醤油 小さじ1を混ぜ合わせ、フライパンに加え、お好みの濃さまで中火で煮詰める。

《ポイント》
・ハンバーグの形を作ったら、10分冷蔵庫でねかせます(②の工程)これをすることで
肉汁が出ていくのを防ぎます。両面焼いてから蒸し焼きにするのもポイントです。

④旨み凝縮♡『タラの切り身のアクアパッツア風』


出典:Nadia

次にご紹介するのは、おしゃれで難しい印象のあるアクアパッツァのレシピです。

こちらのレシピでは、切り身魚と料理酒で簡単に作ります!シンプルで素材のうま味を楽しめる一品です。彩りも鮮やかで、一気に食卓が華やかになること間違いなし♪

材料2人分

あさり…180g
A水…200ml
A塩…小さじ1
タラの切り身…2~3切れ
B塩…ひとつまみ
B酒…大さじ1
塩胡椒…適量
ミニトマト…4~5個
にんにく…1かけ
オリーブオイル…大さじ1
酒…大さじ2
パセリ・カットレモン…適量

作り方

下準備
ざるをしいたボウルにA水 200ml、塩 小さじ1を加え、あさりを加える。アルミホイルで蓋をして1~2時間砂抜きする。
砂抜きが終わればあさり同士をこすりつけるようにして軽く洗っておく。

1
タラの切り身にB塩 ひとつまみ、酒 大さじ1をふり、しばらく置いておく。
その後キッチンペーパーで水気をふき取り、塩胡椒を振る。

2
ミニトマトは4等分に切る。
にんにくはみじん切りにする。

3
フライパンでオリーブオイルとにんにくを熱し、香りがたてばタラを加え両面を焼く。

4
タラの周りにあさりを加え、酒をまわしかけ蓋をして弱火~中火で3~5分ほど蒸し焼きにする。(あさりが開けばOK!)
さらにミニトマトを加え、軽く煮る。

5
パセリ・カットレモンをトッピングする。

《ポイント》
・白ワインではなく身近な料理酒を使用し、気軽に調理しやすい切り身魚を使用しました。ブロッコリーやパプリカを加えても◎

料理が苦手な方にも上手に作れるクリスマスレシピ♪

今回は、クリスマスパーティーにおすすめの【メインディッシュ】の人気レシピをご紹介しました。

気になるレシピはありましたか?

料理が苦手な方にも上手に作れる簡単なレシピばかりです。ぜひこちらを参考に、素敵なクリスマスパーティーにしてくださいね♪

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US