【人気】ごはんに合う「鶏もも肉」レシピ8選|脱マンネリ!忙しい日に役立つ簡単&おすすめチキン料理を厳選
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

【人気】ごはんに合う「鶏もも肉」レシピ8選|脱マンネリ!忙しい日に役立つ簡単&おすすめチキン料理を厳選


【人気】ごはんに合う「鶏もも肉」レシピを厳選

ほかの部位に比べてこってりジューシーな味わいの「鶏もも肉」。ごはん料理や麺料理問わずアレンジできる 、使いやすい食材です。

でも、毎回同じような味付けになってしまって、マンネリ化している方も少なくないはず。

そこで今回は、マンネリ化しない、ごはんに合う「鶏もも肉」レシピをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

①鶏もも肉の甘辛チキン


出典:kurashiru

まず初めにご紹介する、ごはんに合う「鶏もも肉」レシピは、鶏もも肉を使った旨辛炒めです。揚げ焼きすることでさらに美味しく仕上げることができます。お酒との相性も良いのでおつまみとしてはもちろん、ご飯の上に乗せて丼スタイルにもおすすめです。

材料2人分

鶏もも肉…250g
片栗粉…大さじ2
揚げ油…適量
【たれ】
しょうゆ…大さじ1
みりん…大さじ1
コチュジャン…小さじ2
料理酒…小さじ2
砂糖…小さじ2
七味唐辛子…小さじ2
白いりごま…小さじ2
フリルレタス…2枚

作り方

1
鶏もも肉を一口大に切ります。

2
片栗粉をまぶします。

3
フライパンの底から1cmの高さまで揚げ油を注ぎ、180℃に熱し、2を入れて3分程、揚げ焼きにします。色が変わって鶏もも肉に火が通ったら火から下ろし、油を切ります。

4
別のフライパンにたれの材料を入れて中火で熱し、3を入れて絡め、味がなじんだら火から下ろします。

5
器に盛り付け、フリルレタスを添えて完成です。

《ポイント》
・今回は七味唐辛子を使用しましたが、辛いものが苦手な方は入れなくてもおいしくいただけますよ。七味唐辛子の量はお好みで調整してくださいね。

②スキレットで とろーりチーズのタンドリーチキングリル


出典:kurashiru

次にご紹介する、ごはんに合う「鶏もも肉」レシピは、とろーりチーズをたっぷりのせてトースターで焼き上げる、タンドリーチキンです。スパイシーな香りと、ヨーグルトのまろやかな酸味が食欲をそそる一品。パンを添えたり、ナンにのせていただくのもおすすめですよ。パーティーレシピやおもてなしレシピとしてもどうぞ♪

材料2人分

鶏もも肉…250g
(A)無糖ヨーグルト…大さじ1.5
(A)カレー粉…大さじ1
(A)ケチャップ…大さじ1
(A)チリパウダー…小さじ1
(A)コンソメ顆粒…小さじ1/2
(A)塩…小さじ1/4
ピザ用チーズ…60g
【トッピング】
パセリ (乾燥)…適量

作り方

1
鶏もも肉を一口大に切ります。

2
ボウルに1と(A)を入れ、味がなじむように揉みこみます。

3
スキレットに入れてピザ用チーズをのせ、鶏もも肉に火が通るまでオーブントースターで15分ほど焼きます。

4
パセリを散らして完成です。

《ポイント》
・直径12×深さ3cmのスキレットを使用しています。
お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

③鶏とトマトのチーズ焼き


出典:kurashiru

次にご紹介する、ごはんに合う「鶏もも肉」レシピは、卵の衣で旨味を閉じ込めた鶏もも肉に、トマトとチーズをのせて焼き上げた一品です。お家にある食材だけで、簡単にイタリアンな雰囲気が楽しめますよ。見た目も華やかなので、ちょっとしたおもてなしなどにもおすすめです。ワインとの相性も抜群です。

材料2人分

鶏もも肉…200g
塩こしょう…小さじ1/4
薄力粉…大さじ1
溶き卵 (Mサイズ)…1個分
オリーブオイル…大さじ1
トマト…1/2個
ピザ用チーズ…30g
【トッピング】
パセリ (生)…適量

作り方

下準備
パセリは刻んでおきます。

1
トマトはヘタを取り除き、1cm幅に切ります。

2
鶏もも肉は余分な脂肪を取り除き、半分に切り、厚さを均一にします。

3
塩こしょうをふって薄力粉をまぶします。

4
強火で熱したフライパンにオリーブオイルをひき、3を溶き卵にくぐらせて入れ、焼きます。両面にこんがりと焼き色が付き、中まで火が通ったら火から下ろします。

5
アルミホイルを敷いた天板に4を並べ、1、ピザ用チーズの順にのせ、オーブントースターで5分焼きます。

6
チーズが溶けてこんがりと焼き色が付いたら、器に盛り付け、パセリを散らして完成です。

《ポイント》
・お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W220℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

④揉むだけ簡単!やみつきチキン


出典:kurashiru

次にご紹介する、ごはんに合う「鶏もも肉」レシピは、しっかりした味付けがたまらないやみつきチキンです。一口大に切った鶏もも肉を、ケチャップ、砂糖、マヨネーズなどの調味料と一緒に袋に入れて、しっかり揉むだけで下ごしらえは終了!あとはフライパンでサッと焼くだけなので、洗い物も少なく、手軽にメインおかずが完成します!作り置きにも重宝するので、忙しい日にも大活躍してくれること間違いなし。

材料2人分

鶏もも肉…250g
調味料
ケチャップ…大さじ4
砂糖…大さじ1
みりん…大さじ1
醤油…大さじ1
すりおろしニンニク…大さじ1
マヨネーズ…小さじ2
塩こしょう…ふたつまみ
パセリ (乾燥)…適量

作り方

1
鶏もも肉は一口大に切ります。

2
ジップ付保存袋に1と調味料を入れて揉み込み、中火で熱したフライパンに入れて焼きます。

3
鶏もも肉の中まで火が通ったら、火から下ろします。

4
お皿に盛り付け、パセリを散らして完成です。

《ポイント》
・今回は漬け込んでいませんが、15~30分程冷蔵庫で漬け込むことで味がなじんでおいしいですよ。
すりおろしにんにくはニンニクのみじん切りでも代用可能です。

⑤激辛ネギソースの油淋鶏風


出典:kurashiru

次にご紹介する、ごはんに合う「鶏もも肉」レシピは、激辛ネギソースでいただく油淋鶏です。鶏むね肉を広げて揚げ焼きにするので、手間もかからず簡単に作ることができます。激辛なネギソースがクセになり、お酒との相性もピッタリです。

材料2人分

鶏むね肉…250g
(A)料理酒…大さじ1
(A)しょうゆ…大さじ1
(A)砂糖…小さじ2
片栗粉…大さじ3
【激辛ネギソース】
長ねぎ…1/2本
しょうゆ…大さじ2
砂糖…小さじ2
ラー油…小さじ2
酢…小さじ2
すりおろし生姜…小さじ1
ごま油…小さじ1
一味唐辛子…小さじ1
サラダ油…大さじ2

作り方

1
鶏むね肉はフォークで数ヵ所に穴を開け、麺棒で叩いて伸ばします。

2
ポリ袋に(A)を混ぜ合わせ、1を入れて揉み込み、5分程置きます。

3
長ねぎは小口切りにし、ボウルに激辛ネギソースの材料と共に混ぜ合わせます。

4
バットに片栗粉を入れ、2にまぶします。

5
フライパンにサラダ油をひき、中火で4を焼きます。両面こんがりと焼き色がつき、中に火が通るまで10分程焼いたら火から下ろし、食べやすい大きさに切り分けます。

6
器に盛り付け、3をかけて完成です。

《ポイント》
・辛味が苦手な方は、ラー油と一味唐辛子の量を調整してください。鶏むね肉の代わりに鶏もも肉でもお作りいただけます。今回は直径20cmのフライパンを使用しています。フライパンのサイズによってサラダ油の量を調整してください。加熱時間は目安となります。中に火が通るまでしっかりと加熱してください。

⑥ごはんがすすむ!チキンとキャベツのガーリック炒め


出典:kurashiru

次にご紹介する、ごはんに合う「鶏もも肉」レシピは、食べ応え抜群、チキンとキャベツのガーリック炒めです。ニンニクと黒こしょうが効いているので、ごはんの進む味つけになっています。シンプルな味つけなので、料理が苦手な方にもおすすめの一品です。

材料2人分

鶏もも肉 (250g)…1枚
(A)すりおろしニンニク…小さじ1
(A)塩…ふたつまみ
片栗粉…大さじ2
キャベツ (200g)…1/4個
(B)鶏ガラスープの素…小さじ2
(B)粗挽き黒こしょう…ふたつまみ
サラダ油…大さじ1
【トッピング】
黒こしょう…適量

作り方

1
キャベツはざく切りにします。

2
鶏もも肉は一口大に切ります。

3
ボウルに2と(A)を入れて揉み込み、片栗粉を加えて更に揉み込みます。

4
中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、3の皮目から焼きます。

5
両面に焼き色が付いたら1を加え、蓋をして中火のまま3分程蒸し焼きにします。

6
鶏もも肉に火が通り、キャベツがしんなりしたら(B)を加えて中火のまま炒め合わせ、全体に味がなじんだら火から下ろします。

7
お皿に盛り付け、トッピングをかけて完成です。

《ポイント》
・調味料の加減は、お好みで調整してください。
鶏もも肉は、鶏むね肉でも代用いただけます。

⑦鶏もも肉の塩レモン唐揚げ


出典:kurashiru

次にご紹介する、ごはんに合う「鶏もも肉」レシピは、鶏もも肉を塩レモンで味付けをした唐揚げです。鶏もも肉のコクと、レモンの風味がよく合います。ご飯が進み、お酒のおつまみや、お弁当の一品としても便利です。いつもと一味違った唐揚げを作りたい時におすすめです。

材料2人分

鶏もも肉…300g
レモン…1個
【味付け調味料】
料理酒…大さじ1
鶏ガラスープの素…小さじ1
塩…小さじ1/2
すりおろし生姜…小さじ1/2
すりおろしニンニク…小さじ1/2
片栗粉…大さじ4
揚げ油…適量

作り方

下準備
レモンの皮はすりおろし器ですりおろしておきます。

1
鶏もも肉は一口大に切ります。

2
レモンを半分に切って絞り器で絞り、種を取り除き、40ml程取り分けます。

3
バットに1、2、レモンの皮、味付け調味料の材料を入れ、手でよく揉み込み、ラップをかけて冷蔵庫で15分程おきます。

4
片栗粉を入れたバットに、キッチンペーパーで余分な汁気を拭き取った3を入れ、全体に粉をつけます。

5
揚げ油をフライパンの底から3cm程の高さまで入れ、170℃まで熱します。4を入れ、中に火が通るまで7分程揚げ、取り出して油を切ります。

6
器に盛り付けて出来上がりです。

《ポイント》
・塩加減は、お好みで調整してください。
レモンの果汁が足りない場合は、市販のレモン汁を追加してください。
お弁当に入れる際には、必ずよく火を通し、しっかり粗熱をとってからお弁当に詰めてください。
今回レモンは国産のものを使用しております。レモンの防カビ剤が気になる方は国産の防カビ剤不使用のものをご使用ください。

⑧Wネギだれのニンニクバターチキンステーキ


出典:kurashiru

次にご紹介する、ごはんに合う「鶏もも肉」レシピは、Wネギだれのニンニクバターチキンステーキです。皮目をカリッと焼いたチキンステーキに、ネギだれをたっぷりかけてお召し上がりください。ニンニクバターの香りと、さっぱりとしたネギだれが食欲をそそります。食べ応えがあるので、男性も喜ぶこと間違いなしです。

材料1人分

鶏もも肉…250g
塩こしょう…小さじ1/3
有塩バター…15g
ニンニク…1片
【ネギだれ】
長ねぎ…10cm
玉ねぎ…1/4個
ポン酢…大さじ2
ごま油…小さじ1
すりおろし生姜…小さじ1/3

作り方

1
長ねぎと玉ねぎは粗みじん切りにします。

2
ニンニクは薄切りにします。

3
鶏もも肉はフォークで数ヶ所に穴をあけ、塩こしょうをまぶします。

4
ボウルに1と残りのネギだれの材料を入れて混ぜ合わせます。

5
中火に熱したフライパンに有塩バターを溶かし、2を入れて炒め、香りが立ってきたら3を皮目から入れて強火で焼きます。

6
皮目にこんがりと焼き色が付いたら裏返し、蓋をして中火で5分ほど焼き、火が通ったら火から下ろします。

7
食べやすい大きさに切り、お皿に盛り付け、4をかけて完成です。

《ポイント》
・塩加減は、お好みで調整してください。
鶏もも肉はフォークで穴を開けることで焼き縮みを防いでいます。

鶏もも肉で豪華で食べ応えのあるチキン料理を作ろう♪

今回は、マンネリ化しない、ごはんに合う「鶏もも肉」レシピをご紹介しました。

気になるレシピはありましたか?

お祝い事やホームパーティーにはもちろん、がっつり食べたい日やお酒のおつまみとしてもおすすめです。ぜひこちらを参考に鶏もも肉を使って豪華で食べ応えのあるチキン料理を作ってみてくださいね。

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US