お弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピ|時短おかずやパスタもご紹介♪Part2
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

お弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピ|時短おかずやパスタもご紹介♪Part2


お弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピ Part2

うま味がぎゅっと詰まった、ボリューム満点の「ウインナー」。料理にも手軽に使いやすいので、冷蔵庫に常備している方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、お弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピをご紹介します。

10分以内に作れる簡単おかずや休日のランチにぴったりなパスタなど、人気レシピを集めました。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

①作り置きOK!ミックスビーンズとウインナーのケチャップ炒め


出典:Nadia

次にご紹介するお弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピは、ウインナーとミックスビーンズを使ったケチャップ炒め。

冷蔵庫で3日ほど保存も可能ですよ。缶詰のミックスビーンズを使えば手早く作れます。大人も子どもも喜ぶ、親しみやすい味わいです。

材料

ミックスビーンズ 1缶
玉ねぎ 1/2個
ウインナー 4本
A  ケチャップ 大さじ2
A  砂糖 小さじ1/2
A  顆粒コンソメ 小さじ1/4
A  ブラックペッパー 少々
オリーブオイル 小さじ1

作り方

下準備
ウインナーを1cm幅に切る。玉ねぎを1cm角に切る。

1
フライパンを熱し、オリーブオイルを入れ、玉ねぎを加えて玉ねぎが半透明になるまで弱火で炒める。

2
1に、ミックスビーンズ、ウインナー、Aケチャップ 大さじ2、砂糖 小さじ1/2、顆粒コンソメ 小さじ1/4、ブラックペッパー 少々を加えて炒める。

《ポイント》
・ブラックペッパーの量はお好みで調整してください。

②コロンとかわいい♪ウインナー入り卵焼き


出典:Nadia

次にご紹介するお弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピは、ウインナーを巻き込んで作った卵焼き。

断面もかわいらしく、お弁当にもおつまみにもおすすめです。卵焼きにピザ用チーズを混ぜ込むことで、タンパク質を強化できるだけでなく、トロリとした風味も楽しめますよ♪

材料4人分

卵 2個
A  牛乳 大さじ1
A  ピザ用チーズ 20g
A  塩こしょう 少々
ウインナーソーセージ 2本
オリーブオイル 小さじ1

作り方

1
ウインナーソーセージは卵焼き器の横幅に合わせ、長ければ切っておく。溶き卵にA牛乳 大さじ1、ピザ用チーズ 20g、塩こしょう 少々を混ぜ合わせる。

2
卵焼き器にウインナーソーセージを入れて弱めの中火で炒め、焼き色がついたらお皿に取り出す。

3
卵焼き器にオリーブオイルを熱して卵の1/3量を流し、ウインナーソーセージを手前に並べて巻き込む。(弱火)

4
残りの卵液を数回に分けて巻く。
全て巻けたらお皿に取り出す。
粗熱が取れたら6等分する。

《ポイント》
・3でウインナーを巻き込む時はフライ返しと菜箸を使って、最初はしっかり目に巻き込むようにします。

③定番の美味しさ!洋食屋さんのナポリタン


出典:Nadia

次にご紹介するお弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピは、ウインナーを使った定番のパスタ、ナポリタン。洋

食屋さんのナポリタンを再現した人気レシピがこちらです。ケチャップとウスターソースを混ぜたソースは、まろやかでコクがある味わい。パスタは少し焼きつけるようにしっかり炒めるのがポイントです。

材料2人分

スパゲッティー 120~160g
玉ねぎ 1/2個
ピーマン 1個
マッシュルーム 4個
粗びきウインナー 8本
サラダ油 大1
A  ケチャップ 大3
A  ウスターソース 大2
牛乳 大2
バター 15g
パルメザンチーズ 適宜

作り方

下準備
スパゲッティーを茹でる (湯に対して1%の塩)。

1
スパゲッティーが茹で上がったら水気を切り、皿に広げてサラダ油を回しかける。粗熱を取る。

2
玉ねぎは繊維に沿って切る。ピーマンは繊維を断つように切る。
マッシュルームは薄切りにする。粗びきウインナーは斜めに切る。
ピーマンは繊維を断つことで柔らかく。玉ねぎは繊維に沿うことでシャキシャキにする。

3
フライパンにサラダ油を熱し、弱火~中火でじっくり②を炒める。

4
具を端に寄せ空いているところにAケチャップ 大3、ウスターソース 大2を入れ熱する。

5
バターを加える。

6
パスタを加えソースと合せる。

7
牛乳を加え混ぜる。

8
皿に盛り、パルメザンチーズをかける。

《ポイント》
・しっかりパスタを炒めることで香ばしさがUPします。

④簡単にプロの味!ほうれん草とウインナーのペペロンチーノ


出典:Nadia

次にご紹介するお弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピは、ほうれん草とウインナーを使ったペペロンチーノです。

パスタとゆで汁を加えたら、強火で一気にかき混ぜるのがコツ。ソースをしっかり乳化させることで、口当たりのいい本格的な味わいになりますよ。

材料2人分

ウインナー 6本
ほうれん草 3株
にんにく 1かけ
鷹の爪 少量
オリーブオイル 大さじ1/2(具材用)
塩胡椒 適量
オリーブオイル 大さじ1.5
パスタ 200g

作り方

1
にんにくは半分に切りスライスする。
ウインナーは半分に切る。
ほうれん草はよく洗って4~5㎝幅に切る。

2
フライパンにオリーブオイル(具材用)を熱し、ウインナーを炒める。
焼き色がついてきたらほうれん草を加えしんなりとするまで炒め合わせる。
火を止め、塩胡椒で味を調え別皿に移しておく。

3
フライパンの端にオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を加え、弱火で熱する。
5~8分ほどじっくりと熱する。

4
3と同時に、鍋にたっぷりの水と塩小さじ1(分量外)を加え、沸騰させる。
お湯が沸騰したらパスタを加え表記時間茹でる。

5
茹で上がったパスタをトングで掴み、ざるに移して水気を切る。
3のフライパンの火力を強火にし、残ったパスタのゆで汁をおたま一杯分加え、フライパンを絶えずゆすりながらおたまで手早くかき混ぜる。

6
とろみがついてきたらパスタを加え、トングで一気にかきまぜる。更に具材も加えよく和える。

《ポイント》
・オリーブオイル、にんにく、鷹の爪は弱火でじっくりと炒める。
・炒め終われば一気に強火にしパスタのゆで汁をおたま一杯分加えて絶えずかき混ぜる!
この2つのポイントで乳化がおこり美味しいペペロンチーノに仕上がります。

⑤フライパンひとつで!ウインナーとキャベツのクリームパスタ


出典:Nadia

最後にご紹介するお弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピは、風味に奥行きをプラスする味噌がポイントの和風クリームパスタです。

ゆでるときから牛乳を加えることで、濃厚なカルボナーラとクリームパスタの中間のような味わいに。フライパンひとつで作れるレシピなので後片付けもラクちん♪

材料1人分

パスタ 80g
ウインナー 2本
キャベツ 1枚(※小さめの葉の場合2枚)
玉ねぎ 1/4個
A  牛乳 300ml
A  水 150ml
味噌 小さじ1.5
オリーブオイル 大さじ1
塩 少々
ブラックペッパー

作り方

1
フライパンにA牛乳 300ml、水 150mlとパスタを半分に折って入れ、中火にかけ味噌を溶かしながら、途中沸騰したらふつふつとする程度の弱火で、途中混ぜながら茹でます。

※今回は、茹で時間7分のパスタを使用しています。
※タイマーは、火をつけた直後から袋に記載の時間にセットしておきます。

2
茹でている間に、ウインナーは斜め薄切りに、キャベツは1.5cm幅のざく切りに、玉ねぎはごく薄切りにします。
茹で時間が終わったら弱めの中火にして、準備した材料を入れ全体に絡めるように2分半〜3分煮ていきます。

3
2の工程の途中、煮詰まってきたところでオリーブオイルを回しかけながら煮詰めてください。
仕上げに塩で味を整え器に盛り、ブラックペッパーを振ってできあがり。

※できあがりの目安は、パスタをひと口つまんでアルデンテになったところがベストです。使用するお味噌によって塩分が異なるため最後に味を見て塩で調整してください。

《ポイント》
・写真は、茹で時間7分のパスタを使用して、できあがりまで10分です。
茹でている間に材料をカットすることで、準備からできあがりまで10分です。
・茹で時間8分のパスタを使用した場合は、できあがりまで11分を目安にしてください。

手軽で美味しいウインナーおかずを作ろう!

お弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピはをご紹介しましたが、気になるレシピはありましたか?

美味しくて、何かと使い勝手の良いウインナー。ぜひこの記事を参考に、手軽で美味しいウインナーおかずを作りましょう♪

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US