お弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピ5選|時短おかずやパスタもご紹介♪
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

お弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピ5選|時短おかずやパスタもご紹介♪


お弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピをご紹介!

うま味がぎゅっと詰まった、ボリューム満点の「ウインナー」。料理にも手軽に使いやすいので、冷蔵庫に常備している方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、お弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピをご紹介します。

10分以内に作れる簡単おかずや休日のランチにぴったりなパスタなど、人気レシピを集めました。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

目次

お弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピ5選

①レンジで時短!甘辛ガーリックのジャーマンポテト


出典:Nadia

まず初めにご紹介するお弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピは、じゃがいもと玉ねぎ、ウインナーで作る定番のジャーマンポテト。

じゃがいもはレンジ加熱することで時短になり、所要時間たった5分で一品完成しますよ。醤油ベースの甘辛風味で、男性やお子さまにも人気の味です。

材料2人分

じゃがいも 2個(小さめなら3個)
ウインナー 5~6本
玉ねぎ 1/2個
バター 10g
にんにくチューブ 小さじ1/2
醤油・酒・みりん・砂糖 各大さじ1
ブラックペッパー お好みで

作り方

1
じゃがいもは皮を剥き、小さめの一口大に切る。

ウインナーは斜めに3等分に切る。
玉ねぎはスライスする。

2
じゃがいもはボウルに入れ、しっかりとラップをして600Wで3分加熱する。

3
フライパンにバターを溶かし、にんにくチューブを加え、ウインナーと玉ねぎを炒める。
じゃがいもの加熱が終わったら、じゃがいもも加え炒める。

4
醤油・酒・みりん・砂糖を加え、汁気がなくなるまでしっかりと炒め、ブラックペッパーで味を調える。

《ポイント》
・じゃがいもはレンジで加熱して中まで火を通すことで、時短に♪
・じゃがいもは小さめの一口大に切って600Wで3分加熱!大きめに切る場合は5分加熱してください。
・バターがない方はオリーブオイル大さじ1/2、ブラックペッパーがない方は塩胡椒でもOKです◎
・日持ちは冷蔵で4~5日です。

②野菜を美味しく!ほうれん草とウインナーのバター醤油ソテー


出典:Nadia

次にご紹介するお弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピは、ほうれん草のソテーにウインナーを加え、ボリュームアップさせたおかず。

ウインナーのうま味とコーンの甘みで、野菜嫌いの人でもほうれん草を美味しく召し上がれますよ。バター醤油のシンプルな味付けで、手早くサッと作れます。

材料2人分

ほうれん草 1束
ウインナー 2~3本
しめじ 1/2株
コーン(缶詰) 大さじ1
バター 大さじ1
酒 大さじ1
醤油 大さじ1/2
塩コショウ 少々

作り方

1
ほうれん草は根元に切り込みを十字に入れて、根元の土をよく落とすようにしながら水洗いする。食べやすい大きさに切る。
ウインナーは斜め薄切りにする。
しめじは石づきを落として手でほぐす。

2
フライパンにバターをひいて中火で熱し、溶けてきたらウインナーを入れてさっと炒める。ほうれん草、しめじを加えて酒を加え、全体を炒め合わせる。

3
ほうれん草がしんなりとしたら、コーン(缶詰)、醤油を加え、塩コショウで味を調える。

《ポイント》
・ウインナーの代わりにハムやベーコンでも。玉ねぎなどを加えても美味しいです。

③忙しい日のおかずに!ウインナーとブロッコリーのにんにく炒め


出典:Nadia

次にご紹介するお弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピは、ブロッコリーとウインナーを炒めたシンプルなおかず。

ブロッコリーは少ない水と一緒にレンジ加熱することで、時短になるだけでなくビタミンCの損失を防げます。にんにく、コンソメ、塩こしょうで味付けも簡単です!お弁当や作り置きにも◎

材料4人分

ブロッコリー 1株(350〜400g)
A  水 大さじ2
A  オリーブオイル 大さじ1
A  塩 ひとつまみ
ウインナーソーセージ 6本(120g)
にんにく 2かけ(薄切り)
オリーブオイル 大さじ2
B  顆粒コンソメスープの素 小さじ1/2
B  塩・こしょう 各少々

作り方

下準備
*ブロッコリーは小房に分ける。芯も周りの固いところを切り落として輪切りにする。
*ウインナーソーセージは斜めに半分に切る。
*にんにくは薄切り。

1
ブロッコリーを耐熱容器に入れて、蓋またはラップをしてA水 大さじ2、オリーブオイル 大さじ1、塩 ひとつまみを加えて電子レンジ〈600W〉で2分加熱する。
*串を刺してすーっと通るまで30秒追加加熱する。

2
フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを炒めて、カリカリになったら取り出しておく。

3
同じフライパンを洗わずに、ウインナーソーセージを炒め、火が通ったら、ブロッコリーの水気を切って加え、B顆粒コンソメスープの素 小さじ1/2、塩・こしょう 各少々で調味する。

4
器に盛りにんにくを散らす。

《ポイント》
・ブロッコリーの電子レンジの加熱時間は小房の大きさでも変わります。調節してくださいね。
・ウインナーのかわりに厚切りベーコンやハムなどでも美味しいですよ

④餃子の皮で!アスパラウインナーのスティック


出典:Nadia

次にご紹介するお弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピは、餃子の皮でウインナーとアスパラガスを包んだ簡単おかず。

皮はパリッと、中のウインナーはジューシーで、アスパラガスによく合い美味しいですよ。ウインナーのうま味が効いているので、何もつけなくてもパクパクいけちゃいます。

材料4人分

アスパラガス 1束(100g)
ウインナー 10本
餃子の皮 15枚
サラダ油

作り方

1
佐賀県産アスパラガスは、根元の固い部分をピーラーで剥き、ウインナーと同じ長さに切る。ウインナーは縦に4等分に切る。

2
餃子の皮1枚に、佐賀県産アスパラガス1本とウインナー2〜3本を乗せて巻く。巻き終わりは、皮の淵に水を塗って止める。残り14個も同様に作る。

3
フライパンにサラダ油を中火で熱し、2の巻き終わりを下にして並べる。時々上下を返しながら4〜5分揚げ焼きにする。

4
器に盛って、お召し上がりください♪
そのまま食べても美味しいですが、お好みでケチャップをつけても!

《ポイント》
・ウインナーは、ブロックベーコンでも代用可能です。
・春巻きの皮で包んでも♪・フライパンは、26cmのものを使用しました。

⑤シンプルが美味しい!小松菜とウインナーのソテー


出典:Nadia

次にご紹介するお弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピは、栄養たっぷりの小松菜とウインナーを使ったおかずです。

エリンギも加えることで、ヘルシーだけどボリューム感もしっかり。ウインナーのうま味を活かし、塩こしょうだけで味付けしましょう。シンプルだけどリピートしたくなる美味しさです。

材料2人分

ウィンナー 1袋(1袋に5本入っているものを使用)
小松菜 1袋
エリンギ 1パック
A  塩胡椒 適量
A  ナツメグ(あれば)適量
かつお節 1袋

作り方

1
ウィンナーは縦長半分に切り
小松菜は根を切り落としたら水洗いしザク切りにします。
エリンギは縦長半分に切ったら斜め細切りにして下さい。

2
温めたフライパンにウィンナーを切った面を下にして重ならないように並べ焼き色をつけます。

3
焼き色がつきウィンナーの脂が出てきたらエリンギを入れて炒め合わせます。

4
小松菜も入れてしんなりしてきたらA塩胡椒 適量、ナツメグ(あれば) 適量を入れて炒めます。

5
最後にかつお節を入れて炒め合わせたら出来上がり。

《ポイント》
・ウィンナーはベーコンでも代用可能です。
・エリンギはキノコ類に代用可能です。
・小松菜はチンゲン菜に代用可能です。
・シンプルな味付けなので作って置くと色んなレシピにリメイク出来ます。

手軽で美味しいウインナーおかずを作ろう!

お弁当に入れたい「ウインナーおかず」レシピはをご紹介しましたが、気になるレシピはありましたか?

美味しくて、何かと使い勝手の良いウインナー。ぜひこの記事を参考に、手軽で美味しいウインナーおかずを作りましょう♪

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US