10分で完成「時短パスタレシピ」10選|おもてなしにもぴったりな簡単レシピを大公開
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

10分で完成「時短パスタレシピ」10選|おもてなしにもぴったりな簡単レシピを大公開


10分で完成する「時短パスタレシピ」を大公開

一皿で大満足できるパスタは、一人暮らしの救世主。

お腹が空いた休日やランチ、忙しい平日の晩御飯にもおすすめです。

そこで今回は、10分で完成する、「時短パスタレシピ」を大公開!彼氏や友達がきたときのおもてなしにもおすすめのレシピばかりです。

覚えておくと役立つこと間違いなしなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①タコとオリーブのパスタ


出典:Nadia

最初にご紹介するのは、魚介の旨味が詰まったオイルパスタのレシピです。シンプルな味付けのオイルパスタには、タコやツナなど旨みたっぷりの具材を使って贅沢に仕上げました。簡単にできて豪華に見えるので、ホームパーティにもおすすめです。

材料2人分

スパゲッティ…160g
タコ(蒸しor茹で)…150g
黒オリーブ…10粒
ツナ…1/2缶
ニンニク…1片
オリーブオイル…大さじ2
黒コショウ…適量

作り方

1
鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を加えて(お湯1Lに対して塩小さじ2)スパゲッティを茹で始める。

2
タコは食べやすい大きさに、黒オリーブは3~4等分に、ニンニクはみじん切りにする。

3
フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて中火にかけ、ニンニクの香りがしてきたらタコとオリーブを加えて炒める。
(タコが跳ねやすいので、入れる時は一旦火を弱めても)

4
茹で上がったパスタを加え、ツナ、パスタの茹で汁お玉1杯程度加えて炒める。お皿に盛り、黒コショウをふる。お好みでパセリのみじん切りをちらし、レモンを添える。

・ツナを入れることで旨みがさらに増します。
・もう一味足りないなという時は、コンソメをひとつまみ加えてもいいですよ。

②ワンポットパスタ☆ボロネーゼ


出典:Nadia

パスタは、別茹でしなきゃいけないのがちょっと面倒ですよね。そんな時は、洗い物が少なくて済んで時短にもなる、ワンポットパスタがおすすめです!ひき肉たっぷりのボロネーゼは、食べ応えがあるので男性からも人気のあるレシピです。

材料2人分

合びき肉…200g
トマト缶(カット)…200g
パスタ…160g
にんにく…1片
玉ねぎ(みじん切り)…1/4個
水…300ml
味噌…小さじ2
塩コショウ…適量
オリーブオイル…適量

作り方

1
野菜は微塵切りにし、フライパンにオリーブオイルをひいてにんにくを炒め、香りが立ったら玉ねぎを加えて、玉ねぎが透き通るまで炒める。

2
1に合びき肉を加えて火が通ったら、水とトマト缶と味噌を加え、沸騰したら半分に折ったパスタを加える。

3
蓋をして弱火で表示時間よりも1分多く煮る。途中、半分くらいたったところで麺をほぐす。

4
蓋をとって水分を飛ばしながらアルデンテになるまで火を通し、塩コショウで味を調え、お皿に盛ってお好みでチーズ(分量外)を振る。

・途中で一度パスタをほぐすのと、表示時間より1分多く蒸らすのがポイント
・細くて早く火が通る、1.4ミリのパスタを使うのがおすすめ

③ほうれん草とベーコンの和風パスタ


出典:Nadia

次にご紹介するのは、ほうれん草とベーコンの和風パスタのレシピです。使う食材は、緑黄色野菜の王様と言われる”ほうれん草”。これに、相性のいいベーコンを合わせて、バター醤油味で味付けしました。少ない材料で簡単にできるので、忙しい日にもおすすめです。

材料2人分

パスタ…160〜200g
ほうれん草…1束
ベーコン…4枚
Aしょうゆ、みりん…各大さじ1.5
Aコンソメ顆粒…小さじ1
Aにんにくチューブ…1〜2cm
Aパスタのゆで汁…大さじ5
バター…20g
塩、こしょう…少々

作り方

下準備
・パスタは、塩少々(分量外)を加えた熱湯で袋の表示より1〜2分短めに茹でる。
・ほうれん草は、3〜4cm長さのザク切りにし、塩少々(分量外)を加えた熱湯で40秒〜1分ほどゆでて冷水にとる。
・ベーコンは、1cm幅にスライスする。

1
フライパンにバター10gを中火で熱し、ベーコンを炒める。ベーコンに火が通ったら、水気を絞ったほうれん草を加えて、サッと炒める。

2
パスタとAしょうゆ、みりん 各大さじ1.5、コンソメ顆粒 小さじ1、にんにく チューブ1〜2cm、パスタのゆで汁 大さじ5・残りのバターを加え、炒め合わせる。最後に、塩、こしょうをふって、味をととのえたら、できあがり。

パスタは、1.6mmのものを使用。
ほうれん草は、小松菜でも代用可能。
ベーコンは、ウインナーでも代用可能。
最後、味がちょうどいい場合は、塩は抜いて、こしょうのみで味を整える。

④生ハムとアボカドのパスタ


出典:Nadia

次にご紹介するレシピは、まな板もフライパンも不要!パスタをフォークでざっくり潰したアボカドで和える、簡単なのにオシャレなパスタレシピ。アボカド好きにはたまらない贅沢パスタレシピです。生ハムの塩味が良いアクセントになっているのでおつまみ感覚で食べられます。

材料2人分

アボカド…1個
生ハム…6枚
Aオリーブオイル…大さじ1
A牛乳…大さじ1
Aレモン汁…大さじ1/2
塩、ブラックペッパー…少々
スパゲティー…160g
粉チーズ…適量

作り方

1
アボカドはボールに入れフォークで粗く潰す。Aを加え混ぜ、塩、ブラックペッッパーで味を整える。

2
スパゲティーを規定通り茹で1と和えて器に盛り、生ハムをちぎってのせ、チーズを散らす。

ソースがどろどろすぎたら茹で汁か牛乳を加えて調節。
固まってほぐれないようならEXVオリーブオイルを足す。

⑤梅と大葉の冷製パスタ


出典:Nadia

次にご紹介するのは、梅や大葉など、和食材オンパレードな冷製パスタのレシピ。薬味をたっぷりと加えるので、爽やかでさっぱりとした味わいです。食欲が無い時でも食べやすいレシピです。

材料2人分

カッペリーニ…120ℊ
梅干し…小3個
大葉…5枚
みょうが…1~2個
シラス…大さじ2
白ごま…少々
Aめんつゆ(ストレート)…大さじ3
Aオリーブオイル…大さじ1

作り方

下準備
カッペリーニは袋の表示通りに茹で、ザルにあげる。麺がくっつかないように薄くオリーブオイル(分量外)をまぶしておく。

1
梅干しは種を取り除き、果肉を包丁の背で叩いてペースト状にする。
大葉は千切りにする。
みょうがは輪切りにする。

2
ボウルにAめんつゆ(ストレート) 大さじ3、オリーブオイル 大さじ1とペースト状にした梅干しを加えて良く混ぜ合わせる。
(タレを冷蔵庫で冷やしておくとより美味しいです。)

3
2にカッペリーニと大葉、シラス、みょうがを入れて全体を良く混ぜ合わせる。
器に盛り付けて白ごまをふる。

・ここで使用している梅干しは、お弁当用に使われるタイプの小ぶりの梅です。お好みで量を加減してください。
・シラスや梅干しに塩分があるので、調味料として塩は加えていませんが、お好みで調整してください。

⑥ツナトマトとアボカドのパスタ


出典:Nadia

こちらのレシピは、具材を切って和えるだけ。トマトとアボカドの色合いが綺麗な、和風味のパスタレシピです。味付けは白だしや柚子胡椒で、さっぱりとした和風ドレッシング風。上品で、彩りも豊かなので、記念日や大切な日にもおすすめの一品です。

材料2人分

Aヤマキ割烹白だし…小さじ2
Aオリーブオイル…大さじ2
A柚子胡椒…小さじ1/2
スパゲッティ(1.4㎜)…160g
トマト(小)…1個
アボカド1個
ツナ缶(オイル漬け)…1缶
大葉…2枚
いりごま…適量

作り方

1
スパゲッティを茹で始める。表示時間よりも1分長く茹でる。

2
トマトとアボカドは角切りにする。ボウルにトマト、アボカド、ツナ、Aヤマキ割烹白だし 小さじ2、オリーブオイル 大さじ2、柚子胡椒 小さじ1/2を混ぜる。

3
茹で上がったスパゲッティは冷水にとり、ザルにあげて水気をしっかりと切り、キッチンペーパーなどで軽く水気をふく。

4
2のボウルに3を加えて和える。お皿に盛り、千切りにした大葉といりごまをふる。

・白だしとオリーブオイルの少し和風なドレッシングでいただきます。
・柚子胡椒を入れるのがおすすめですが、ない時は白だしを少し増やしてくださいね。

⑦レモンクリームパスタ


出典:Nadia

次にご紹介するのは、レモン色がとても綺麗なレモンクリームパスタ。美味しい国産レモンが手に入った時に特に作りたいパスタですね。皮まですりおろして使い、香りまで存分に楽しめますよ。こってりしすぎず後味もさっぱりなので、クリーミー系が苦手な方にもおすすめです。

材料2人分

スパゲッティ…170g
レモン…1個
生クリーム…120ml
ベーコン…4枚
バター…5g
塩…小さじ1/4
ブラックペッパー…適量

作り方

下準備
・ベーコンを短冊切りにする。
・レモンを横半分に切り、真ん中から2〜3mm幅の輪切りを2枚作り、さらに半分に切り、飾り用にとっておく。

1
鍋にたっぷりのお湯をわかし、スパゲッティと塩適量(分量外)を加えて、スパゲッティを規定時間茹でる。

2
ベーコンを耐熱皿に乗せて、電子レンジ600Wで1分加熱する。余分な油をキッチンペーパーで拭き取っておく。

3
レモンの果汁を絞り、皮をすりおろす。ボウルに、生クリーム、レモン果汁、塩、バター、2を入れて混ぜる。

4
3に1を加えて和え、器に盛り、レモンの皮、ブラックペッパーをふりかけて、飾り用にとっておいたレモンを飾る。

⑧トマトとニンニクのスパゲティ


出典:Nadia

次にご紹介するのは、パスタの基本になるようなレシピ。粉チーズのコクや隠し味の砂糖を加えることで、おうちでもいつもとひと味違う深みのある味わいが楽しめます。おうちにある、少ない食材で完成するのもおすすめポイントです。

材料2人分

スパゲッティ…200g
にんにくオイル…大さじ3
Aカットトマト…300g
Aにんにくピューレ…1玉分
A粉チーズ…大さじ2
A砂糖…大さじ1
A塩…小さじ1

作り方

1
にんにくオイルをフライパンに入れ、弱火で3~4分。
薄茶に色づいてくるまでゆっくり加熱し、香ばしさを引出します。

2
Aカットトマト 300g、にんにくピューレ 1玉分、粉チーズ 大さじ2、砂糖 大さじ1、塩 小さじ1を加え、中火で4~5分煮ます。

3
茹であがったスパゲッティを加えてひとまぜ。
器に盛り、お好みで黒コショウやパセリを散らして召し上がれ(^-^)

⑨ズッキーニとベーコンのオイルパスタ


出典:Nadia

こちらのレシピは、シンプルな味付けのオイルパスタ。シンプルな味付けですが、具材の味をしっかり引き立ててくれます。白ワインとの相性も抜群ですよ。

材料1人分

スパゲッティ…80~100ℊ
ズッキーニ…小1本
ベーコン(薄切り)…30~50ℊ
ニンニク…1/2片
輪切り唐辛子…適宜
オリーブオイル…大さじ1
ブラックペッパー…少々

作り方

1
鍋に湯を沸かし、塩少々(分量外)を加えて、スパゲッティを袋の表示通りに茹でてザルに上げておく。この際のゆで汁は仕上げに使うので大さじ2~3ほど取っておく。

2
ズッキーニは8ミリ幅程度の厚さの輪切りにする。大きいものであれば半月切りにする。
ベーコンは短冊切りにする。
ニンニクは芯を取り除いてみじん切りにする。

3
フライパンにオリーブオイルをひいて中火で熱し、ニンニクと輪切り唐辛子を入れて炒める。香りが立って来たら、ベーコン、ズッキーニを加えて炒める。

4
ベーコンがカリカリになり、ズッキーニに焼き色が付いたらスパゲッティを加え、ゆで汁を大さじ2~3程加えて手早く絡める。味を見て、塩気が足りないようなら塩少々で味を整える。

5
器に盛り付けてブラックペッパーをふる。

⑩ツナとエリンギの和風ワンポットパスタ


出典:Eレシピ

次にご紹介するのは、味付けはめんつゆだけでOK!ツナの旨味たっぷりのオイルを活かした、和風パスタのレシピです。フライパン一つで作れるワンポットパスタなので洗い物も少なくて楽ちん。大根おろしと大葉を添えて、さっぱりと頂きましょう。

材料2人分

スパゲティー…150g
ツナ(缶)…1缶(小)
エリンギ…3本
水…400ml
麺つゆ(3倍濃縮)…50ml
大根…1/4本
刻みのり…適量
大葉…適量

作り方

1
エリンギは食べやすい大きさに手で割いておく、大葉はせん切りに刻んでおく。大根をおろしておく。ツナとエリンギの和風ワンポットパスタの作り方2

2
フライパンにツナ缶を汁ごと入れ、エリンギ、水、麺つゆも入れて火にかける。沸騰してきたら中火にし、半分に折ったスパゲティーを入れて麺がくっつかないようかき混ぜてから蓋をする。ツナとエリンギの和風ワンポットパスタの作り方3

3
5分ほどしたら蓋を取り、ソースを煮詰めるようにして1~2分ほど加熱する。お皿に盛り付けて、大根おろし、大葉、刻みのりをのせる。

おしゃれで満足度の高い「時短パスタレシピ」を作ろう!

今回は、10分で完成する、「時短パスタレシピ」をご紹介しました。

気になるレシピはありましたか?
10分と短い時間でも、おしゃれで満足度の高い一皿を作れるのがパスタの魅力!
材料もシンプルなものが多いので、ぜひ色々なレシピを試してみてくださいね♪

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US