【時短】10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピ10選|主役級のメイン料理を多数ピックアップ♡
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

【時短】10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピ10選|主役級のメイン料理を多数ピックアップ♡


10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピをご紹介!

主役級のお肉料理は満足感たっぷりで【また食べたい!」と、思いますよね。そんな絶品料理をささっと手軽に作れたら嬉しいと思いませんか?

そこで今回は、10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピをご紹介します。

主役級のメイン料理を多数ピックアップしました。ぜひ日々の献立にお役立てください♪

①エビマヨならぬ「とりマヨ」


出典:Nadia

まず初めにご紹介する10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピは、みんな大好きエビマヨならぬ「とりマヨ」。

あの美味しさを、鶏むね肉で味わってみませんか?下処理が面倒なエビを使わないから、調理も簡単。本当にむね肉?と思えるほどの美味しさです。(調理時間:10分 ※漬けこみ時間除く)

材料2人分

鶏むね肉 1枚
A マヨネーズ 大さじ1
A 酒 大さじ1/2
A 醤油 大さじ1/2
A にんにくチューブ 小さじ1/2
A 生姜チューブ 小さじ1/2
片栗粉 適量
B マヨネーズ 大さじ2
B ケチャップ 大さじ1
B 砂糖 小さじ2
B 酢 小さじ1
B 塩胡椒 少々

作り方

1.
鶏むね肉を1~1.5㎝角ほどの棒状に切る。

2.
鶏むね肉にA《マヨネーズ 大さじ1、酒 大さじ1/2、醤油 大さじ1/2、にんにくチューブ 小さじ1/2、生姜チューブ 小さじ1/2》を揉みこみ、15~30分漬けておく。
・時間のない方は10分程度でも〇
・余裕のある方は30分も漬ければ驚くほど柔らかになります◎

3.
鶏むね肉を適当にくるりと丸め、1つ1つ片栗粉をまぶす。
※くるりと丸めるのは大雑把で大丈夫です!

4.
フライパンにサラダ油(大さじ3)を熱し、鶏むね肉を片面およそ2分30秒ずつ焼く。
火加減目安:弱めの強火or強めの中火

5.
鶏むね肉に焼き色がつけばOK!
フライパンから取り出し、油を切る。
・生焼けが気になる方は、フライパンから取り出したあと3分程置いておけば余熱で中まで火が通ります◎

6.
ボウルにB《マヨネーズ 大さじ2、ケチャップ 大さじ1、砂糖 小さじ2、酢 小さじ1、塩胡椒 少々》を加え混ぜ合わせる。

7.
鶏むね肉を加え絡める。

《ポイント》
鶏むね肉を細めの棒状にカットすることで、繊維を細かに断ち切ることができ、またマヨネーズと絡む表面積を広げ、お肉が柔らかくなります。そして、棒状にカットした鶏むね肉を適当にくるりと丸め片栗粉をまぶすことで、食感も見た目もエビに近づけています♪

②鶏むね肉とナスの甘酢炒め


出典:Nadia

次にご紹介する10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピは、彼ウケも抜群の甘酸っぱいお肉レシピ。

調理の工程も簡単で、味付けもシンプル!思い立ったらパパっと作れるお手軽さも魅力です。気分に合わせて鶏のむね肉・ささみ・もも肉をセレクトできるのも嬉しいですね。(調理時間:10分)

材料2人分

鶏むね肉 1枚
なす 1本
塩胡椒 適量
片栗粉 大さじ2
サラダ油 大さじ3
A 酢・砂糖 大さじ2
A 醤油・酒・みりん・ケチャップ 大さじ1

作り方

1.
鶏むね肉は一口大の削ぎ切りにする。
なすは乱切りにする。

2.
鶏むね肉に塩胡椒を振り、片栗粉をまぶす。

3.
フライパンにサラダ油を熱し、鶏むね肉を両面こんがりと焼き色がつくまで焼く。
焼けたら一度取り出しておく。

4.
なすを加えて炒める。
なすがしんなりとしたら取り出す。

5.
フライパン内をキッチンペーパーで綺麗にし、A《酢・砂糖 大さじ2、醤油・酒・みりん・ケチャップ 大さじ1》を加え軽く煮詰める。(30~40秒程度)
鶏むね肉となすを戻し入れ、全体と絡める。

《ポイント》
・鶏むね肉は鶏もも肉やささみでも同様に作れます。ピーマンを加えるのもおすすめ。
・時間に余裕のある方は是非ブライン液の活用をおすすめします。
・作り方のポイントとしては、1つずつ調理していくことです。①鶏むね肉を揚げ焼きにし、取り出す②なすを加え揚げ焼き用の油を吸わせて炒める③調味料を軽くにぎってから、具材を加え絡める。の3ステップで調理してください♪

③タレが旨い!ヤンニョムチキン


出典:Nadia

次にご紹介する10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピは、タレが美味しいヤンニョムチキン。

甘辛さがたまらないヤンニョムのお味を、ヘルシー&節約バッチリな鶏むね肉で叶えてくれるレシピです。むね肉ながらとっても柔らかく頂けます。ボリュームがあるので満足感もばっちり!(調理時間:10分)

材料2人分

鶏むね肉 1枚(約300g)
塩こしょう 各少量
片栗粉 大さじ3
サラダ油 大さじ1
A ケチャップ 大さじ2
A コチュジャン・みりん・酒 各大さじ1
A 砂糖・にんにく(すりおろし)・ごま油 各小さじ1
いりごま 少量

作り方

1.
鶏むね肉は筋と余分な脂を取り、一口大に切り塩こしょうをふり良く揉み込み、片栗粉をまんべんなくまぶす。A《ケチャップ 大さじ2、コチュジャン・みりん・酒 各大さじ1、砂糖・にんにく(すりおろし)・ごま油 各小さじ1》を混ぜ合わせる。

2.
フライパンにサラダ油をひき中火で熱し、鶏むね肉を並べ、焼き色がついたら裏返し1分焼く。

3.
②が焼けたらA《ケチャップ 大さじ2、コチュジャン・みりん・酒 各大さじ1、砂糖・にんにく(すりおろし)・ごま油 各小さじ1》を加えて良く絡ませる。

4.
器に盛り付け、いりごまをふる。

《ポイント》
鶏むね肉を並べたら、周りが白っぽくなってきたら裏返すタイミングになります。

④ねぎ塩レモンのチキンソテー


出典:Nadia

次にご紹介する10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピは、ねぎ塩レモンのチキンソテー。

レモンの酸味をきかせたネギ塩ダレと、鶏もも肉のチキンソテーが相性抜群!塩麹で下味をつけた鶏もも肉は柔らかジューシーです。冷めても美味しく頂けるので、食事の時間差があるご家族にもおすすめですよ。(調理時間:10分 ※塩麹に浸ける時間は除く)

材料(鶏肉1枚分)

鶏もも肉 1枚(300g)
長ねぎ 1/2本
レモンスライス(あれば) 2mm
A ごま油 大さじ3
A レモン汁 大さじ2
A 塩・粗びき黒こしょう・鶏ガラ顆粒 各小さじ1/4
A にんにく・おろし 小さじ1/2
B 塩麹 大さじ1
C サラダ油 大さじ1

作り方

下準備
鶏もも肉は一口大に切り、B《塩麹 大さじ1》を揉み込み20分程度おく。
レモンスライスはいちょう切りにする。
【塩レモンねぎだれ】ボウルに長ねぎ輪切り、A《ごま油 大さじ3、レモン汁 大さじ2、塩・粗びき黒こしょう・鶏ガラ顆粒 各小さじ1/4、にんにく・おろし 小さじ1/2》を入れ混ぜる。

1.
フライパンにCサラダ油 大さじ1を入れ、鶏肉の皮目を下におき『弱めの中火』にかけて3分焼く。※鶏肉を全部入れてから火にかけることで、均一に焼けます。

2.
鶏肉を裏返し、さらに3分弱めの中火のまま焼き、キッチンペーパーで余分な油を吸い取る。

3.
2にカットしたレモンスライス(あれば)、ねぎだれ(大さじ2程度)を加えて、『強火』にしてさっとひと混ぜして火を止める。
※ねぎだれは大さじ2程度加えて、好みで量を増減してください。
残ったものは冷蔵庫で2〜3日保存可能で、豚肉や白味魚のソテーにも使えます。

《ポイント》
塩麹を使うことで肉が格段にやわらかく仕上がりますが、無い場合は、塩、こしょう少々でも作れます。

⑤てりやきチキンマヨネーズ


出典:Nadia

次にご紹介する10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピは、てりやきチキンマヨネーズ。

マヨネーズ&身近な調味料で作る「特製マヨソース」が、みんなが大好きな照り焼きチキンをアップデート♪ 照り焼きのタレはしっかり煮詰めるとキレイな照りが出せます。(調理時間:10分)

材料2人分

鶏もも肉 1~2枚
塩胡椒 適量
サラダ油 大さじ1/2
A 醤油・酒・みりん・砂糖 各大さじ1
B マヨネーズ 大さじ2
B にんにくチューブ 2㎝
B 砂糖 小さじ1
B ブラックペッパー しっかりめ

作り方

下準備
鶏もも肉の余分な皮や黄色っぽい脂肪、骨のかけらなどは取り除く。(余裕があれば)

1.
鶏もも肉にラップをしき、麺棒で叩いて厚みを均等にし、塩胡椒をふる。
大きい鶏もも肉なら半分に切る。
小さい鶏もも肉ならそのままでOK。

2.
フライパンにサラダ油を熱し、皮面を下にしてこんがりと焼き色が付くまで焼く。
焼き色がつけば裏返して蓋をして弱火~中火で3分程度蒸し焼きにする。
その間にA《醤油・酒・みりん・砂糖 各大さじ1》、B《マヨネーズ 大さじ2、にんにくチューブ 2㎝、砂糖 小さじ1、ブラックペッパー しっかりめ》をそれぞれ混ぜ合わせておく。

3.
余分な水分をキッチンペーパーでふき取り、混ぜ合わせたA《醤油・酒・みりん・砂糖 各大さじ1》を加え照りが出るまで強火でしっかりと煮絡める。
タレが少なくなるまで煮絡めて下さい。

4.
器に照り焼きチキンを盛り付け、混ぜ合わせておいた特製マヨネーズをたっぷりとかける。

《ポイント》
・特製マヨは味見して、にんにくが強いなと感じる場合はマヨネーズを少し追加してご調整下さい♪
・タレが少なくなるまでしっかり煮絡めることで、キラキラした照りが出ます。

⑥時短も節約も!甘辛つくね


出典:Nadia

次にご紹介する10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピは、鶏ミンチ&絹ごし豆腐の甘辛つくね。

こちらは、ヘルシーなのにガツンと系。満足度もある一品です。しかも一食83円ほどとお財布にも優しい神レシピ!卵黄につけて頂くと、甘辛いタレとの相性が抜群です。(調理時間:10分)

材料2人分

鶏ミンチ 165g(160~180g)
絹豆腐 150g
白ネギ 1/2本(90g)
A パン粉 大さじ4
A 卵の白身 1個分
A 生姜チューブ 小さじ1
A 塩胡椒 適量
サラダ油 大さじ1/2
酒 大さじ1
B 醤油 大さじ3
B 砂糖 大さじ2
B みりん 大さじ2
B 酒 大さじ1
卵黄 1個分

作り方

1.
絹豆腐をキッチンペーパーで包み、600Wで1分加熱する。
・絹豆腐は150g×3パック入りのものを使用しました。

2.
白ネギはみじん切りにする。※白ネギ1/2本は白い部分の方を使用してください。

3.
ボウルに水気を切った豆腐、白ネギ、鶏ミンチ、A《パン粉 大さじ4、卵の白身 1個分、生姜チューブ 小さじ1、塩胡椒 適量》を加えよくこねる。

4.
6等分にし、手のひらを行き来させ空気を抜き、丸く成形する。
・てのひらに薄くサラダ油を塗るとタネがくっつかず成形しやすいです♪

5.
フライパンにサラダ油をひき、つくねの両面に焼き色を付ける。

6.
焼き色がついたら、酒を加え蓋をして3分弱蒸し焼きにする。
火加減:やや強めの中火~弱めの強火
・すこし焦げが付くくらいがベスト。

7.
B《醤油 大さじ3、砂糖 大さじ2、みりん 大さじ2、酒 大さじ1》を加え照りが出るまで煮絡める。

8.
卵黄を添える。

《ポイント》
・つくねの蒸し焼き後少し焦げがついているくらいがベスト。居酒屋で出てくるつくねの雰囲気が出てより美味しそうになります♪
・甘辛タレはしっかり煮絡めて下さい。残ったタレをつくねにかけることでより照り照りに。

⑦ネギだれで頂く豚肉ステーキ


出典:Nadia

次にご紹介する10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピは、ネギ塩ダレがポイントの豚肉ステーキ。

手軽に作れるネギ塩ダレが豚肉の美味しさをUPしてくれます。とんかつ用の豚ロースを薄切り肉に変えれば、お子様やご高齢の方にも食べやすくなりますよ。(調理時間:10分)

材料2人分

豚ロース肉 2枚(とんかつ・豚テキ用)
片栗粉 小さじ2
A 青ねぎ 3本
A 鶏ガラスープの素 大さじ1/2
A ごま 小さじ1
A にんにくすりおろし 小さじ1
ごま油 大さじ2

作り方

下準備
豚ロース肉は食べやすい大きさに切る。(今回は縦に4等分しています)
青ネギを小口切りにする。

1.
A《青ねぎ 3本、鶏ガラスープの素 大さじ1/2、ごま 小さじ1、にんにくすりおろし 小さじ1》を耐熱容器に入れる。フライパンにごま油大さじ2を入れて中火にかけ、パチパチっとなるまで加熱したら、ねぎの上からかけてねぎ塩だれを作る。

2.
豚ロース肉に片栗粉をまぶし、先程のフライパンに並べる。中火にかけてふたをして焼き目がつくまで焼き、返して同様に焼く(約6分)。

3.
豚ロース肉を皿に盛り、ねぎ塩だれを添えてできあがり♪

《ポイント》
お子さんやご高齢の方と食べるときは、薄切りのものを使用してもOKです。

⑧豚きゃべつの生姜しょう油だれ


出典:Nadia

次にご紹介する10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピは、やる気が起きない日の夕ご飯におすすめの豚きゃべつの生姜しょう油だれ。

下味をつけた豚肉と、手でちぎったキャベツを順に茹であげたら、特性のタレを掛けて完成!簡単なのに見た目も華やかで嬉しいことづくし♪(調理時間:10分 ※下味をつける時間を除く)

材料2人分

豚バラ薄切り肉 200g(しゃぶしゃぶ用)
キャベツ 1/6個(200g)
A 酒 大さじ2
A 塩 小さじ1弱
B しょうが(粗みじん切り) 1片
B しょうゆ、ごま油 各大さじ1
B 砂糖 大さじ1/2
B オイスターソース、酢 各小さじ1

作り方

1.
豚バラ薄切り肉はA《酒 大さじ2、塩 小さじ1弱》を揉み込み10分おく。キャベツは手でちぎる。B《しょうが(粗みじん切り) 1片、しょうゆ、ごま油 各大さじ1、砂糖 大さじ1/2、オイスターソース、酢 各小さじ1》を合わせておく。

2.
鍋にたっぷりの湯を沸かし、豚肉を加えて茹でる。色が変わったらザルに取り出して水気を切る。アクを取り、続けてキャベツも茹でる。しんなりしたらザルに取り出して水気を切る。

3.
器に2を盛り、合わせたB《しょうが(粗みじん切り) 1片、しょうゆ、ごま油 各大さじ1、砂糖 大さじ1/2、オイスターソース、酢 各小さじ1》をかけてお召し上がりください♪

《ポイント》
・工程1で下味をつける時間がない場合は、よく揉み込んだあと、すぐに茹でてOKです!
・豚肉とキャベツを茹でる際、全部一気に入れてもOKですし、数枚ずつ加えて茹でてもOK!
・【B】を合わせる際、ごま油以外の材料を最初に混ぜ、最後にごま油を少しずつ加え、その都度よく混ぜ合わせるようにすると分離しません。
・豚肉の旨味が溶け出したお湯でキャベツを茹でることで、旨味がアップ!
・日持ちは、冷蔵庫で【2〜3日】です。

⑨豚ニラもやし炒め


出典:Nadia

次にご紹介する10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピは、豚バラともやし・ニラの相性が間違いなしの豚ニラもやし炒め。

肉野菜炒めはパパっと作れるのに絶品なおかず代表ですよね。片栗粉をうった豚肉は、もやしの水分でとろりとジューシーに。順に炒める必要もないのでとっても手軽に作れます。(調理時間:10分)

材料2人分

豚バラ薄切り肉 200g
もやし 1袋(200g)
ニラ 1/4束
A 片栗粉、しょうゆ 各小さじ1
A 塩、こしょう 少々
B しょうゆ 小さじ1.5〜
B 塩、こしょう 少々

作り方

1.
豚バラ薄切り肉はA《片栗粉、しょうゆ 各小さじ1、塩、こしょう 少々》を揉み込む(この時点で下味冷凍可)。ニラは3〜4cm長さのザク切りにする(キッチンバサミを使えば包丁いらず♪)。

2.
フライパンに豚肉→もやし→ニラの順に広げて重ねる。蓋をして強めの中火にかけ、5分ほど蒸し焼きにする。

3.
豚肉に火が通ったら蓋を取り、サッと炒める。火を止めBしょうゆ 小さじ1.5〜、塩、こしょう 少々で味をととのえる。

4.
器に盛って、お召し上がりください♪
私は面倒なので、よくフライパンのまま食卓に出します(笑)

《ポイント》
・豚バラ薄切り肉は、しゃぶしゃぶ用を使用しました。長いものをご使用の場合は、食べやすく切ってから調理してください。
・もやしのヒゲ根は、お好みで♪(私は取ってません)
・ニラは、なければ省いてもOKです。
・下味冷凍していたのものは、冷蔵庫に移して自然解凍してから調理してください。
・フライパンは、26cmのものを使用しました。
・下味冷凍可能。日持ちは30日。

⑩超特急で絶品!韓国風焼き肉


出典:Nadia

最後にご紹介する10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピは、コチュジャンの甘辛さがたまらない韓国風焼き肉。

炒めた牛肉に合わせ調味料を加えて炒めるだけの驚きの簡単さで、たった5分で完成します!(調理時間:5分)

材料4人分

牛バラ薄切り肉 350g
サラダ油 小さじ1
A 酒 大さじ1
A みりん 大さじ1
A コチュジャン 大さじ1
A 醤油 大さじ1
A 砂糖 大さじ1と1/2
A ごま油 小さじ2
ガーリックパウダー 2〜3振り

作り方

下準備
牛バラ薄切り肉は1枚が大きめのものなら食べやすい大きさに切る。

1.
熱したフライパンにサラダ油をしき、中火で牛肉を炒める。

2.
全体に焼き色がついたらA酒 大さじ1、みりん 大さじ1、コチュジャン 大さじ1、醤油 大さじ1、砂糖 大さじ1と1/2、ごま油 小さじ2を加え2分ほど炒める。

3.
火を止めガーリックパウダーを振りよく混ぜたら出来上がり!

《ポイント》
・お肉から出た余分な油は、味付けする前になるべくキッチンペーパーで吸い取るようにしてください。
・お弁当にも入れるので、にんにくはガーリックパウダーで香り付け程度にしてあります。パン効いた味がお好みであればにんにくチューブ3〜4㎝で代用してください。
・炒りごまをかけて食べても美味しいですよ!

主役級の絶品メイン料理を時短で作ろう!

10分以内で作れる「絶品お肉おかず」レシピをご紹介しました。

気になるレシピはありましたか?

ご紹介したものはどれも手軽に作れるのにボリューム満点で絶品です!ぜひこの記事を参考に、主役級のお肉おかずを時短で作ってみてください♪

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US