1Kで在宅勤務。快適にテレワークを行うレイアウト術とは
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

1Kで在宅勤務。快適にテレワークを行うレイアウト術とは


1Kで快適にテレワークを行うレイアウト術とは

コロナの影響で在宅勤務に変更になった方も多くいますよね。そこでお部屋を仕事部屋としてレイアウトし直した方も多いのではないでしょうか?

しかし1Kの狭い部屋で在宅勤務となると、窮屈さに悩んでいる方も多いはず……。

そこで今回は、1Kで在宅勤務をする方におすすめな「快適にテレワークを行うレイアウト術」をご紹介します。

上手なレイアウトにすれば、快適に在宅勤務ができ、作業効率UPも夢ではありません!テイスト別に分けて紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

1K部屋の在宅勤務レイアウト|モダン

①グレーで統一するモダンな1K

この投稿をInstagramで見る

maaco’s rooming!(@maaco.uw)がシェアした投稿

まず初めにご紹介する1Kで在宅勤務をする方におすすめな「快適にテレワークを行うレイアウト術」は、壁の色や家具などをグレーに統一した実例。

在宅勤務の部屋を落ち着いた色にすることで集中力がアップしますよ。

また、1Kでも小さめのデスクを置けば、それほど場所を取らず在宅勤務ができます。部屋の角に机を置くレイアウトにすることで、すっきり見せられるでしょう。

こちは、正方形でもできるレイアウトです。

②ブラックカラーでモダンな1K

この投稿をInstagramで見る

稲山(@mnminym)がシェアした投稿

次にご紹介する1Kで在宅勤務をする方におすすめな「快適にテレワークを行うレイアウト術」は、お部屋のインテリをブラックカラーで統一し、集中できるような空間を作った実例。

モノトーンなおしゃれなお部屋となり、お気に入りの場所にできるでしょう。

こちらの1Kでは、パソコンを二台分置けるくらいのデスクを使用しています。在宅勤務で長時間座る時は、居心地の良い椅子にこだわるのもおすすめ。

横長や正方形の1Kでもできるレイアウトです。

③コンクリートに囲まれたモダンな1K

次にご紹介する1Kで在宅勤務をする方におすすめな「快適にテレワークを行うレイアウト術」は、デザイナーズマンションのようなおしゃれな部屋にぴったりの実例です。

コンクリートの落ち着きのある色から浮かないような、少し落ち着いた色合いのデスクにすれば、集中できるスペースが作れます。

インテリアは、スタイリッシュなスタンドライトを置いてみるのも良いでしょう。

こちらは、横長でも縦長でもできるレイアウト実例ですよ。

1K部屋の在宅勤務レイアウト|北欧

④ホワイトカラーで合わせる北欧1K

次にご紹介する1Kで在宅勤務をする方におすすめな「快適にテレワークを行うレイアウト術」は、全体的にホワイトベースのインテリアをチョイスした北欧風の実例です。

木の温もりを感じさせるインテリアにこだわると心が落ち着きながらテレワークを行うことができるでしょう。

ポイントは、デスクを部屋の角にレイアウトすること。そうすれば特別感が生まれまれ、特に仕切りをつけなくてもおしゃれな空間が誕生します。

こちらのレイアウトは、横長や縦長のお部屋でもできます。在宅勤務で集中力を高めたい時におすすめです。

⑤木の温もりが感じられる北欧1K

次にご紹介する1Kで在宅勤務をする方におすすめな「快適にテレワークを行うレイアウト術」は、窓側にカウンターを作った実例です。

木製の家具が多いおしゃれなインテリアにすることで、落ち着ける空間ができます。小さな部屋でもこれならしっかりテレワークができそうですね。

窓側にカウンターを置いているので部屋に優しい光が差し込み、仕事もはかどるはず。

それほどものを置いていないので、一人暮らしの狭い1Kでも、在宅勤務ができる十分なスペースが作れますよ。これなら畳のような和室でもできそうです♪

⑥窓に配置する北欧1K

次にご紹介する1Kで在宅勤務をする方におすすめな「快適にテレワークを行うレイアウト術」は、リビングとは別に在宅勤務用の場所を作った実例です。

それほど場所をとらずにテレワークスペースを確保しているので狭めの1KでもOK◎

横に鏡を置いて仕事している姿を映せば、気が緩みがちな在宅勤務でもピリッと気が引き締まるはず。

北欧風の可愛いインテリアにすれば、ほど良くリラックスできる空間も作れますよ♪

こちらは、横長の部屋にもおすすめのレイアウトです。

⑦家具にこだわる北欧1K

次にご紹介する1Kで在宅勤務をする方におすすめな「快適にテレワークを行うレイアウト術」は、おしゃれにこだわった実例。

在宅勤務でもおしゃれにしたい時は、家具にこだわるのがおすすめです。こちらは、三角形のテーブルにおしゃれな椅子を合わせています。椅子は、在宅勤務に長時間座っていても疲れにくいタイプを選ぶのがおすすめ◎

こちらは、正方形の間取りでもできる実例です。

1K部屋の在宅勤務レイアウト|ナチュラル

⑧角に置くナチュラルな1K

次にご紹介する1Kで在宅勤務をする方におすすめな「快適にテレワークを行うレイアウト術」は、部屋の角にデスクを設置して、在宅勤務用のスペースを作った実例です。

狭い1Kでも、パソコンが置けるくらいの幅で十分テレワークスペースを作ることができます。コンパクトな部屋ですが、うまくそれぞれの空間を使い分けるのがポイント。

壁にも飾り棚を取り付けて、おしゃれなインテリアにすればうまくお部屋に馴染みますよ!

こちらは、縦長や横長、正方形のお部屋で在宅勤務ができるレイアウトです。

⑨真ん中にソファを置くナチュラルな1K

次にご紹介する1Kで在宅勤務をする方におすすめな「快適にテレワークを行うレイアウト術」は、入り口の近くに在宅勤務ができる場所を作ることで、うまく動線を作った実例。

ポイントは、ベッドとデスクを離すこと。すると、仕事に集中できるレイアウトになりますよ!

また、ナチュラルなインテリアにすれば頭がスッキリとクリアな状態でいられるはず◎ 在宅勤務で少し疲れた時は、ソファに座ってリラックしましょう。

⑩食事する場所と別にするナチュラルな1K

次にご紹介する1Kで在宅勤務をする方におすすめな「快適にテレワークを行うレイアウト術」は、食事をする場所と、在宅勤務をする場所を分けた実例です。

テレワークをする場所は、部屋の奥に配置することで集中できる空間が作れます。そうすることでメリハリのついた生活を送ることができるでしょう。

さらに、ナチュラルカラーの家具でおしゃれにまとめるとリラックスした雰囲気に。

ペンダントライトを吊り下げ、手元を見やすくするのもおしゃれさと快適さがアップするのでおすすめです。

1Kで在宅勤務でも快適なテレワークができる!

1Kで在宅勤務をする方におすすめな「快適にテレワークを行うレイアウト術」をご紹介しました。

気になるレイアウト術はありましたか?

狭い1Kでもデスクの位置や、スペースの区切り方など、工夫次第で快適なテレワークが実現できますよ!スペースが整えば、仕事の作業効率がアップすること間違いありません。

ぜひこの記事を参考に、1Kをレイアウトし直してみてください♪

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US