デートの定義とは?|20代の男女で異なる「どこからがデート?」を徹底調査
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

デートの定義とは?|20代の男女で異なる「どこからがデート?」を徹底調査


20代の男女で異なる「デートの定義」を徹底調査

異性を食事やお出かけに誘ったり・誘われたりして、一緒に時間を過ごすことってありますよね。「これはデートなのかな?」と頭を抱えたことはありませんか?

「デートの定義」は、個人差も大きく、男性や女性のそれぞれの立場でも違いがあります。

そこで今回は、20代の男女で異なる「デートの定義」について詳しくご紹介します。

どこから「デート」に含められるのか一緒に考えていきましょう。

①休日に2人きりで出かける


出典:Freepik

多くの男女は、ゆっくりと過ごせる休日に、2人で出かけることがデートと考えている人が多いようです。

男性の場合は、2人で出かけることが重要になりますが、女性の場合は、2人が「いつ・どこで・何をするか」ということも関係しています。

「お家デート」で、どちらかの家に行って2人きりで過ごしたり、「外出デート」としてお気に入りの場所に行ったりして、楽しむこともあるでしょう。

どちらの場合も、一緒に出かけることがあれば「デート」を楽しんでいることになります。

②どちらかが相手に好意を持っている


出典:Freepik

「男性か女性のどちらか一方が好意を持っている」ときにデートが始まります。

進展も早く、お互いに好意があれば、ロマンチックな関係になりやすいですね。

自分が恋愛感情を持っていても、お相手の気持ちはわからないので、どこからデートなのか少し判断基準難しい場合があるかもしれません。

「交際を申し込もうと思っている」など、男性か女性のどちらか一方が好意的であるなら、2人で過ごすことが「デート」になるでしょう。

③お互いが関係の発展を望んでいる


出典:Freepik

男性も女性も、お互いが幸せなカップルになりたいと思っている時に、2人で出かけるならデートだと考える男性や女性は多いです。

この場合は、一緒に出かける「目的」が重要となります。

まだ何も知らない相手だったとしても、お互いに関係が進むことを願っているなら、デートに含まれるでしょう。

④手を繋ぐなどのスキンシップがある


出典:Freepik

これはデートかなと思うシチュエーションには、2人のボディタッチなどが関係していることもあります。

歩くときに手を繋いだり、段差があるときに腕に触れたりするでしょう。

また、肩を組むこともあれば、腰に手を回すなどのスキンシップもあるはず。

出かけたときには、デートとは思っていなくても、スキンシップがあったりすることで、「デートだった」と認識する人も多いですよ。

⑤行き先が一般で言うデートスポット


出典:Freepik

2人で一緒に出かける行き先がデートスポットと呼ばれる場所なら「デート」だと考える人もいます。

有名なデートスポットでは、テーマパークなどの「水族館」や「遊園地」、「公園」などもあるでしょう。また、「映画」を観たり、「レストラン」で食事をしたりするのも、デートに含められます。

場所がどこであれ、誰もが考えるデートスポットにデートに2人で行くなら、デートになるでしょう。

⑥お互いがデートだと思っているなら、すべてがデートになる


出典:iStock

もっと簡単な定義としては、「お互いがデートだと考えているなら一緒に過ごす時間はすべてがデート」という考え方です。

この場合は、お相手の目的が自分の目的と同じかどうか、ということがポイント。

出かける場所、日時、共通の趣味など、2人の目的が合うならば、デートと言えるでしょう。

互いを思いやった素敵なデートができるといいですね♪

今回は、20代の男女で異なる「デートの定義」について詳しくご紹介しました。

いかがでしたか?

「デート」という定義は、境界線が人それぞれです。デートは外面だけではなく、好きという気持ちがあるかが大切。特に女性にとって、感情はとても大切な要素です。デートの定義を理解したうえで、一方的ではない、互いを思いやった素敵なデートができるといいですね。

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON