【カップル】浮気の定義とは?|男女で異なる「どこから浮気?」を徹底解説
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

【カップル】浮気の定義とは?|男女で異なる「どこから浮気?」を徹底解説


出典:shutterstock

男女で異なる「どこから浮気?」を徹底解説

「浮気」ってどこからでしょうか?

人によって考え方や価値観って違いますよね。一方が浮気と思っていなくても、その相手がそれは浮気だと解釈してしまう場合も多く、煮え切らない問題となってしまうことも多いようです。

そこで今回は、「どこから浮気?」男女で異なる浮気の定義を徹底解説します。

早速チェックしていきましょう。

男性が思う「浮気」の基準とは?

①2人だけで食事に出かけるは人によって異なる


出典:Freepik

男性は、食事に行くだけなら良いと感じるケースと、食事だけでも二人だけであることが気になるというケースに分かれるようです。

浮気と思われないためには、前もって誰とどこに行って、どんな雰囲気のところでどれくらいの時間を過ごすかを説明しておくのが無難でしょう。

単なる友達付き合いということで、疑われることなく、良い理解を示してもらえるようになることでしょう。

▼泊まりやオールは基本的にNGな男性が多い
ただし、その予定が泊まりで出かけるものであったり、夜遅くまでの予定であったりすると、前もって説明したとしても良い感情を持てないという場合がほとんどです。

仕事上の予定であったとしても、なかなかその状況は理解しづらいでしょう。そういう予定で出かけたいなら、他の女友達の参加者がいるように手配することができるでしょう。

男性と二人きりで泊まりは許せなくても、他の女友達がいるのであれば、状況が違うと思ってくれるはずです。

②バレなければ基本的にOK、ただし、バレたら即破局


出典:Freepik

バレなければなにをやっていても大丈夫だと考えている男性は多いです。

浮気をするなら、自分にバレないようにやってくれれば良いという意見です。

男性心理として、0か1かという白黒をつけて判断したいということがあり、自分が白と思えるなら、なんでも良いという考え方です。

バレないようにするというのは、怪しまれる要素をほとんど0にしておくことが求められます。

また、万が一、浮気の関係がバレてしまうなら、即離婚であったり、カップル解消であったりの結末を求められます。

③恋人以外の男性を好きと思ったら


出典:Freepik

女性の「好きという想いを第一にする」男性心理が強いという場合は、誰を一番好きなのかということだけが重要であるというケースもあります。

そういう場合では、二人で出かけたり、キスをしたりすること、さらに不倫関係を持つことさえも許すことができるけれども、その相手を好きになってはいけないというのです。

浮気ではないことを示す唯一の証拠として受け入れられるのが、「好きという気持ちをその相手の男性に持たないこと」だからです。

④男友達などとキスをするのも浮気と判断する


出典:Freepik

より一般的な「どこからが浮気か」という男性心理は、「キスをすること」といえるでしょう。

食事に二人きりで行ったりすることはOKであるという男性の場合でも、または、他の男友達とふざけて手をつないで歩いたりすることも許すことができるという場合でも、キスをするということは、完全に浮気であると考えるのです。

⑤肉体関係を持ったら完全にアウト


出典:Freepik

肉体関係を持つことは、完全にアウトです。これは女性側の基準でも同じ意見が大多数を占めます。

このような関係が明らかになってしまったなら、関係を修復するためには、最大限の誠意を持って謝ることが不可欠です。

既婚者の夫婦の場合は、不倫関係となるわけですから、離婚へと状況へと発展してしまうというケースも多くあります。

どこからが浮気かという観点で見ても、肉体関係を持つことは、一番最後のステップですから、納得できる結果といえるでしょう。

女性が思う「浮気」の基準とは?

①彼女には内緒で女性と二人っきりで会ってたら


出典:iStock

女性側の心理としては、他の女友達と会うということに対しては、さほど浮気と思うことはなく、嫉妬したり裏切られたと思ったりすることはほとんどありません。

ただ、問題となりえるのが、そのことをきちんと前もって報告してもらっているかどうかということがとても重要になってきます。

女性にとって、カップルの彼氏や夫婦の旦那が、その彼女や妻に前もって説明できないことがあるという事態は、とても疑わしく、やましい関係になろうとしていると勘繰られることになります。

▼幼馴染や職場の女性の場合、事前に言ってくれれば基本はOK
他の女友達を持つことがアウトというわけではなく、どういう関係かを説明できないという状況がアウトなのです。

男性としても、女性との付き合いは常にあるもの。

誰にでも、幼馴染であったり、ビジネスの関係での女友達や先輩や後輩であったり、いろんな関係があるはずです。

二人で出かけなければいけないというシチュエーションがあるなら、前もって、どういう関係の相手であるのか、どこに行くのかなどを詳しく説明しておくようにしましょう。

②まだ何も起きていなくても“隠した時点”でアウト


出典:Freepik

女性の心理として、相手の男性の誠実さを高く評価したいという思いがあります。

ですから、女性関係を隠すようなそぶりには、大きく反応してしまいます。

まだ二人で出かけたことがない関係であっても、何かを隠そうとしていることがとても不誠実にうつってしまい、信頼を大きく落としてしまうことになります。

どこからという観点でいうと、隠しているという段階でアウトということになります。

③手をつなぐなどスキンシップをとったら


出典:GettyImages

浮気の線引きとして、スキンシップをとることが上げられます。

手をつないだり、ハグをしたり、身体を接触させる行為を自分の旦那や彼氏が、他の女性とするということに大きな嫌悪感を抱きます。

身体の触れ合いによって、その二人の男と女としての意識が芽生えてしまうという考え方に由来した心理状態であり、二人で出かけたり、メールやLINEで連絡を取り合うのはよくても、スキンシップはNOという線引きをしているのです。

④彼女以外の女性とキスしたら完全に浮気


出典:Freepik

キスも大きなどこから浮気化の分岐点となりえます。女性心理としては、肉体関係は完全に一線を越えた関係です。

キスは、そこまでの基準ラインというわけではありません。

しかし、特定の相手とキスをするということは、その旦那や彼氏が完全に下心を持ってその女性との関係を持っていることの証拠となります。

肉体関係があるかないかにかかわらず、キスをしている関係というのは、ほぼ肉体関係を持った間柄であるとして理解されることでしょう。

⑤肉体関係は言わずもがなで完璧アウト


出典:Freepik

最後に、肉体関係ですが、これはどんな言い訳も通用しない完全にアウトな浮気の証拠となります。

結婚した夫婦の場合は、離婚してほしいということになりかねません。

カップルの場合でも、関係の修復が難しい深刻な状況に陥ってしまうことでしょう。

男性側としては、誠心誠意謝ることが求められます。

反省していることを言葉や態度で示す必要があります。どういうことがあったのかの説明を求められる場合は、誠意を持って答えてあげると良いでしょう。

一番は勘違いしない行動をすること!

今回は、「どこから浮気?」男女で異なる浮気の定義を徹底解説しました。

いかがでしたか?

どこからが浮気となってしまうのかは、それぞれの人によって、また男女別に異なるものです。

食事に行く、ハグをする、肉体関係を持つ、感情的に好きになるなど、どこからの線引きで、浮気を判定していることがよくわかりました。

恋人とうまくやっていきたいなら、いつでも愛情を持ってあたたかい関係を保てるようにして、浮気が発生してしまうことを防ぎましょう。

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON