男性が「この人、おばさんくさいな…」と思う6つの瞬間|おばさん認定される人の特徴とは?
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

男性が「この人、おばさんくさいな…」と思う6つの瞬間|おばさん認定される人の特徴とは?


男性が「この人、おばさんくさいな…」と思う瞬間とは?

年齢を重ねても若々しく素敵な人もいれば、そうでない人もいますよね。

実は、あなたもおばさんくさいかも?!無意識の習慣から、そう判断されているとしたら……即刻改善したいところです。

そこで今回は、おばさん認定される人の特徴をご紹介します。

早速チェックしていきましょう。

①自分が一番!


出典:Freepik

  • 「バスや電車で一目散に空席を勝ち取るのに人を押しのける女性……座りたいのはわかるけど……」(29歳・専門職)
  • 「割り込みする人。自分のことを突き通す人」(21歳・アルバイト)
  • 「空気が読めなくて、更に他人への干渉が好きな人。そういう人は大抵思い込みも激しい」(28歳・専門職)

誰よりも「自分が一番!」という行動をとると、おばさんっぽさが全開になってしまいます。周囲の目を気にせず、自分勝手な行動を周囲は冷ややかに観察しているようですよ。

②メイクやファッションに違和感


出典:Freepik

  • 「メイクを怠ってる人」(27歳・その他)
  • 「平気ですっぴんをさらせる。買い物で値切る」(32歳・会社員)
  • 「厚化粧をしている人。髪の毛がクリンクリンに巻いてある人」(24歳・会社員)
  • 「体型カバー系のお洋服ばかり着ている」(29歳・会社員)

全体的に多かったのが「見た目に気を使えていない」系の回答。まったくメイクをしていないのも問題ですが、濃すぎるのもちょっと……という意見も。また、特にお腹まわり、腰まわりを隠すような服ばかり着ている人も「おばさんっぽい」認定されがちです。清潔感のあるナチュラルさを心がけましょう。

③口癖


出典:Freepik

  • 「すぐ疲れたとか『ジェネレーションギャップ』とか言う人」(28歳・その他)
  • 「自分のことを、『おばさんだから』って言う35歳の上司がいる」(27歳・会社員)
  • 「文句をたくさん言う人」(17歳・学生)
  • 「荷物を持つときとか立つときに、よっこらしょういち! と言って立ちあがる人」(20歳・学生)

容姿ばかり気にしている人は、無意識で口にしている言葉にも注意が必要。自分で自分を「おばさん」扱いしていませんか? あなたが発している言葉がますますおばさん化を加速させているかも……。口癖は、自分の意識ひとつで変えられるものです。思い当たることがある人は、正直に言ってくれる友達に聞いてみたり、自分の言葉づかいを改めて見直してみたり……少しずつ改善していきましょう。

④「無料」が大好き!


出典:Freepik

  • 「タダのものは必ずもらおうとする」(36歳・フリーランス)
  • 「無料の飴やティッシュをたくさんもらう」(33歳・会社員)
  • 「無料と書いてあると必死でもらってる人を見たとき」(36歳・その他)
  • 「試供品を駆使している人」(23歳・学生)

無料のアイテムをもらえると、とてもお得な気持ちになって嬉しいですよね!しかし、無料だからといって、がめつくなると一気におばちゃんルートへまっしぐら。節度を守って楽しむのがベストです。みんなのためにはお金を使うなど、周りへの配慮ができていると◎

⑤人と話すときのこと


出典:Freepik

  • 「めっちゃ手を叩きながら大声で笑う人」(17歳・学生)
  • 「邪魔なところで、大声で立ち話している」(23歳・会社員)
  • 「愚痴とか噂話ばかりする人」(28歳・会社員)

「大声」というのがおばさん認定ポイントが高めのようです。楽しいのはいいけれど、つい声が大きくなりすぎていませんか?客観的な目線で、自分の行動や仕草をチェックしてみるのがオススメです。

⑥記憶力低下


出典:Freepik

  • 「一度聞いた話を忘れて、後日もう一度話してきたとき」(23歳・会社員)
  • 「何回も同じ話をしてるとき」(24歳・専門職)

年齢を重ねると、確かに記憶力は低下してしまいます。しかし、自身の努力次第でペースを遅らせることも可能です。脳トレをすることで、全身の若々しさも保てるのではないでしょうか。「その話、前も聞いたよ」と指摘されたら、自分の発言に注意し始めましょう。

脱・おばちゃん認定!

今回は、おばさん認定される人の特徴をご紹介しました。

自分に当てはまる項目はありましたか?

周囲から「この人、おばさんっぽい」と思われるポイントを改善できれば、印象もかなり変わるはずです。習慣になっているものを直すのはちょっと難しいかもしれませんが、普段の心がけひとつでどうにでもなるものです。脱・おばちゃん認定!

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON