復縁したい人必見!元カレとよりを戻す9つの方法とは?
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

復縁したい人必見!元カレとよりを戻す9つの方法とは?


よりを戻す方法やきっかけを解説

恋人と別れて、ある程度の期間が過ぎると「よりを戻したい」という気持ちが出る人が多いと思います。

今回は、別れた元カレとよりを戻したい人に向けて、よりを戻す方法やきっかけをお教えします。

連絡を取る前にぜひチェックしてみてください。

よりを戻すには?よりを戻す方法やきっかけを解説

①別れた恋人に対して、謝罪と感謝を伝えておく


出典:Freepik

相手をどれだけ想っていても伝わらなければ意味がありません。

まずは謝ること、そして感謝の気持ちを伝えることが大切です。特に喧嘩別れをした場合は、なるべく早く自分から謝るようにしましょう。あなたが悪いわけではなくても、自分から良い出せば相手も自然と謝りやすくなりますよ。

また、ありがとうという感謝の言葉には人間関係を円滑にする力があります。心を込めて謝罪と感謝を伝えれば、あなたに対する印象はグッと良くなりますよ。

②まずは別れた理由に合わせて、適切な冷却期間をおく


出典:Freepik

よりを戻す気持ちが強くなりすぎると、焦ってしまいますよね。しかし、焦ると感情的になりやすくなり、余計に嫌われてしまうことも。

別れた後すぐ会ったりするのではなく、少し期間を開けるようにしましょう。冷却期間のうちに元カレや元カノに新しいパートナーができてしまったら、と考えてしまう人もいるかもしれません。

それでも焦りは禁物です。まずは、連絡をとるなどアピールをしてから、徐々に気持ちを伝えていきましょう。

▼一般的には3ヶ月が平均と言われている

元カレや元カノと別れてから大体3ヶ月くらいは期間を開けるのが一般的です。

空いた期間で自分をより高める努力をするのをおすすめします。よりを戻す気持ちを行動に変えようとするのが大事です。

もし、自分に欠点があることを自覚していたら、なるべく改善するように努めましょう。以前とは違う自分を見せると相手にも想いが伝わるかもしれません。自分が変われば自信にも繋がります。

③別れた原因を整理して、すぐに改善をする


出典:Freepik

よりを戻す方法として、感情的になりすぎずに別れた原因を整理することがあげられます。

嫌な思い出を探るため辛い作業ではありますが、しっかりと取り組むのが大切です。思い出すだけではなく、別れる前に送ったLINEやメールをチェックしてみましょう。

相手の気持ちになっていない発言や、きつい言葉を投げかけてはいないでしょうか?自分の過去の行動を振り返ることで、再度付き合えた時に同じ過ちを繰り返さないことにも繋がります。

④徹底した自分磨きをし、変化をする


出典:Freepik

自分磨きをして、相手の理想とする人物に少しでも近づこうとするのも良いでしょう。

別れてから努力をして、これだけ変わったというのをアピールしやすくなります。前とは雰囲気が変わったと感じてもらえば大成功!

変われる人なのだと思わせられるだけでも感情がプラスに働きやすくなります。ただし、変化をわざとらしく見せるのではなく、相手に自然に気づいてもらえるかどうかが大切です。

⑤ポジティブな考え方を身につける


出典:Freepik

別れた後はどうしてもネガティブなイメージが働きやすいです。

しかし、ネガティブな考え方だと気持ちまで暗く落ち込んでしまいます。相手にこの人は楽しそう、幸せそうと思わせるために常にポジティブな考えでいるようにしましょう。

人間は面白いもので、気持ちが明るくなれば身体中の全体の調子にまで影響します。そして、明るい気持ちでいると周りにも伝わるのです。

「別れたけれど寄りを戻す」というのは、実はとてもポジティブな行動といえます。幸せになるために行動していれば、自ずと明るい道が開けていくものです。

⑥「久しぶり!」と軽いノリでLINEをしてみる


出典:Freepik

別れたからといって、相手がそこまであなたを嫌っていない場合もあります。

意外にもLINEなどで軽めのメッセージを送ると返事を返してくれるかもしれません。

送るのは「久しぶり!」や「調子はどう?」といった、送られきても不快に感じにくい内容、というのがポイントです。

ただし、返信がないからといって連投は禁物!簡単なきっかけを作る方法としてLINEを有効に活用しましょう。

▼誕生日LINEを送りきっかけを作るのもあり

あまり軽いノリはちょっと、という人は誕生日に少しだけ手をかけたLINEを送るのはどうでしょうか?

自分の誕生日を祝ってもらって嬉しくないと感じる人は少ないです。

相手としても別れたとはいえ、わざわざLINEでお祝いをしてくれたことに少し気持ちが揺らぐかもしれません。なにより自分の存在を忘れないようにしてもらう効果があります。

意味ありげなメッセージはしないで、さり気なくお祝いだけするのが良いでしょう。

⑦まずは友達として関係を改めて構築していく


出典:Freepik

離れてしまった距離を埋めるために、友達から関係を築くのも良い方法です。

男女共に、別れても友達としてなら付き合えるという人は多いとか。相手に完全に嫌われていないのなら、復縁する機会はまだあると言えます。友達として遊んだり、楽しいことを共有すると良いでしょう。

あくまで友達として、一緒にいて安心感があるかどうかが大事です。そこで以前とは変わった自分に気づいてもらえたら、一気に寄りを戻すチャンスが来ますよ。

⑧相手の近況を確認し、連絡が続くようであればデートに誘ってみる


出典:iStock

連絡をとって、できるだけ相手の近況を確認するようにしましょう。

相手が適度に返事を返してくれるなら、そこまで嫌われていない可能性があります。当然ですが、連絡の頻度は付き合っていた頃より少なくしましょう。付き合う前くらいの距離感が良いかもしれません。

気持ちも付き合う前のようにできれば、より新鮮な感じになります。連絡していて感触が良ければ、デートに誘うのもありです。

⑨脈ありサインを送り、相手の反応を伺う


出典:Freepik

何気ない連絡を続けたり、たまに会って遊んだりして、関係を続けていきましょう。

もし、自然な形でできるなら相手に脈ありのサインを送ってみるのがおすすめ。例えば、付き合っていた頃の良い思い出を話したり、恋愛トークなどです。

感の良い相手なら、もしかして復縁したいのかなと、気づいてくれる場合もあります。

連絡はできるだけ自分から送り、丁寧な返信を心がけるのも大切ですよ。

▼ストレートに「よりを戻したい」と伝えるのも一つの手

できるのなら、ストレートに「よりを戻したい」と伝えてしまうのも1つの方法です。相手の性格にもよりますが、はっきりと言ってくれた方が嬉しいという人もいます。

ただし、伝えるタイミングを見極めるのが大切です。一緒にいて違和感がないくらいの関係になってからが良いでしょう。

連絡を頻繁に送っている時点でよりを戻したいのかなと、感じてくれている場合もあります。単刀直入に復縁したいと伝えてしまうのも悪くない方法といえますね。

好きな人と寄りを戻して、「結婚」まで繋げてみてくださいね

別れた元カレとよりを戻したい人に向けて、よりを戻す方法やきっかけをお教えしました。

別れた人と寄りを戻すには、段階を踏んで徐々に関係を修復していくのが大切です。あなたの気持ちが本物なら自分を磨いて、気持ちを伝える努力をしましょう。

寄りを戻した相手とそのまま結婚したという人も意外と多いです。別れた元カレや元カノがまだ好きなら、前向きになって復縁を考えてみても良いかもしれませんね!

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON