洗い物少なめ「包み焼きレシピ」10選!夕食&おつまみにも大活躍♪
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

洗い物少なめ「包み焼きレシピ」10選!夕食&おつまみにも大活躍♪


洗い物少なめで超楽ちん♡「包み焼きレシピ」

アルミホイルやキッチンペーパーで作る「包み焼きレシピ」は、ほったらかし時間も多く洗い物も少なめ♪

そこで今回は、夕食&おつまみにも大活躍なのに洗い物が少なくて楽ちんな「包み焼きレシピ」をご紹介します。

お肉や魚、缶詰を使用したレシピまでピックアップしました。メニューのレパートリーを増やすチャンス♪早速チェックしていきましょう!

夕食&おつまみにも大活躍♪「包み焼きレシピ」10選

①トマトガーリックの包み焼きハンバーグ


出典:Nadia

誰もが「美味しい」を連呼するメチャ旨レシピ。ジューシーなハンバーグに切り込みを入れると、中からは肉汁がジュワッと溢れ出します。野菜も一緒に食べられてこれ一品で大満足♡(調理時間:30分)

材料2人分

玉ねぎ…1/2個
A 合いびき肉…200g
A 卵…1個
A パン粉…大さじ4
A 牛乳…大さじ1
A 塩、こしょう、ナツメグ…適量
サラダ油…大さじ1/2程度
おうちパスタ トマトガーリック…大さじ2
スライスチーズ…1~2枚
付け合わせ野菜…お好みで

作り方

1.
玉ねぎをみじん切りにし、ボウルに入れふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で3分加熱し、冷ましておく。

2.
ボウルに冷ました玉ねぎとA合いびき肉 200g、卵 1個、パン粉 大さじ4、牛乳 大さじ1、塩、こしょう、ナツメグ 適量を加えよくこねる。
手にサラダ油(分量外)を薄く広げ、タネを半量ずつ成形する。

3.
フライパンにサラダ油を熱し、タネを入れ、中央を指で軽くおしてくぼみを作る。
強火で両面に焼き色をつける。その後蓋をして弱火で5分蒸し焼きにする。

4.
蒸し焼きにしている間にアルミホイルで器を作っておく。
お好きな付け合わせ野菜も準備する。
(今回は茹でたブロッコリーといんげん、コーンを使用)

5.
ハンバーグが焼けたら、ペーパータオルの上に取り出して余分な脂を吸い取る。

6.
アルミホイルの器にハンバーグをのせ、「おうちパスタ トマトガーリック」を大さじ1ずつかける。
(ハンバーグの上に小さじ2程度、周りに小さじ1ほど)

7.
周りに付け合わせ野菜を盛り、スライスチーズをのせる。
(今回はハンバーグ1つにつきチーズ1/2枚分を使いましたが、1枚ずつそのままのせてもOKです。)

8.
上からアルミホイルをかぶせて包み、オーブントースター(220℃~230℃)で5分焼く。

ポイント
①玉ねぎはしっかりと冷やしてからタネに加える。
②手に薄くサラダ油を塗ってからタネを成形する。
③焼き終わったらペーパータオルの上に取り出し余分な脂をきる。

②ころころにんにく焼鳥


出典:Nadia

お酒好きな女子から大好評。ビールとの相性もバッチリな包み焼き焼き鳥です。しっかりと味が染みたお肉×スタミナ満点のニンニクの組み合わせは一度食べると誰もが虜になる美味しさ♡家飲みのお供にどうぞ。(調理時間:40分※焼き時間30分を含む)

材料2人分

鶏もも肉…1枚(320g)
にんにく…6〜8片(30g)
長ねぎ…60g
A 酒、みりん…各小さじ2
A 砂糖、濃口醤油…各小さじ4
マヨネーズ、七味唐辛子…適量

作り方

1.
鶏もも肉は小さめのひと口サイズに切る。
にんにくは皮をむく。大きいものは半分に切る。

2.
ポリ袋又はボウルにA酒、みりん 各小さじ2、砂糖、濃口醤油 各小さじ4を入れ、1.を加えてよく揉み込む。

3.
アルミホイルを長めに2枚取り、十字に置く。
真ん中の重なっている部分に2をタレごと置き、その上に4cm程度に切った長ねぎを置いて包む。

【包み方ポイント】
アルミホイルを舟形にしてから包んでもいいですし、高さのあるお皿にアルミホイルを置いて包むと簡単で綺麗に包めます。

4.
3.をトースターの網の上に置き、250℃/15分で焼く。

5.
トースターから取り出し、アルミホイルのフタを開いて一度全体を混ぜ、次はフタを開いた状態で250℃/15分で焼く。

6.
お好みでマヨネーズ、七味唐辛子をかける。
※手でちぎったキャベツを添えるのがおすすめです。焼鳥をのせて食べても、タレだけをつけて食べても美味しいです。

③ホタテとベーコンとアボカドの包み焼きクリームパスタ


出典:Nadia

ちょっぴり贅沢したい日にぴったりな女子ウケもバッチリなクリームパスタです。パスタ&食材を包み焼きにすることで旨味がぎゅっと濃縮されて極上の美味しさに。夕食はもちろんのこと休日ランチにもおすすめです。(調理時間:10分※パスタの茹で時間を除く)

材料1人分

パスタ…1人前
オリーブオイル…大さじ1/2
帆立貝柱(生食用)…3個
ベーコン…1枚
アボカド…1/2個
レモン…3枚
A生クリーム…100ml
A塩…小さじ1/3
Aブラックペッパー…適量
キチントさんフライパン用ホイルシート(ワイド)…45cm

作り方

下準備
■帆立貝柱(生食用)は、半分の厚さに切る。
■ベーコンは、2〜3cm幅に切る。
■アボカドは半分に切り、種と皮を取り除いて6等分のくし切りにする。
■レモンは、2mm厚さの輪切りにする。

1.
パスタはたっぷりの湯に塩(分量外)とオリーブオイルをる入れて、規定の時間より1分短く茹で、水気を切る。

2.
18cmのフライパンに、キチントさんフライパン用ホイルシート(ワイド)を敷く。

3.
茹で上がったパスタが温かいうちに、2に平たく盛り、帆立貝柱・ベーコンを乗せる。

4.
3にアボカド・レモンの順で乗せ、上からA生クリーム 100ml、塩 小さじ1/3、ブラックペッパー 適量をかける。

※アボカドの上にレモンが乗ることでアボカドの変色を防ぎ、レモンの上から生クリームを注ぐようにすることで、ホイルとレモンが直接触れずに変色しません。

5.
キチントさんフライパン用ホイルシートの角をたたむようにしてしっかりと密閉し、弱めの中火で4〜5分蒸し焼きにする。(必ずホイルで包んでから加熱する)

6.
ホイルを開いてそのまま器に盛るのも仕上がりがきれいでおすすめです。

④トマトと鶏のホイル焼き


出典:Nadia

口の中でトマトの甘みがふわっと広がるやみつきレシピ。くり抜いたトマトの中にはひき肉もたっぷり入っていてボリュームのある一品に仕上がっています。味噌マヨの濃厚な味付けも絶品!夕食やおつまみにも大活躍する一品です。(調理時間:20分)

材料1人分

トマト…1個
A 鶏もも挽肉…50g
A 味噌…小さじ1/2
A マヨネーズ…小さじ1/2
A 塩…ひとつまみ
A 粗挽きブラックペッパー…適量
ピザ用チーズ…10g

作り方

1.
トマトはヘタを1〜2cmくらいで切り落とす。中をくり抜き、種を除く。
くり抜いた実とヘタの周りの実の部分を1cm角に切る。

2.
A鶏もも挽肉 50g、味噌 小さじ1/2、マヨネーズ 小さじ1/2、塩 ひとつまみ、粗挽きブラックペッパー 適量と1cm角にしたトマトの実を混ぜ合わせ、トマトに詰める。上にピザ用チーズを乗せる。アルミホイルで包む。

3.
アルミホイルで包んだトマトをトースターで15分焼く。

⑤サラダフィッシュのピザ風ホイル焼き


出典:Nadia

調理時間は驚きの10分。忙しい日もサクッと作れるスピードホイル焼きレシピです。ヘルシーな食材を使用しているためダイエット中の方も罪悪感ナシで食べることができますよ。お酒との相性もバッチリ。(調理時間:10分)

材料2人分

サラダフィッシュ(バジル)…1パック
玉ねぎ(薄切り)…1/2個
茹でブロッコリー…適量
ピザ用チーズ…適量
A ケチャップ…大さじ1
A しょうゆ、砂糖…各小さじ1
片栗粉…大さじ1/2

作り方

下準備
写真では、一正蒲鉾さんの「サラダフィッシュ(バジル)」を使用しています。

1.
アルミホイルを広げ、サラダフィッシュを乗せ、片栗粉をまぶす。

2.
1.に玉ねぎ(薄切り)を加えて、全体をザッと混ぜ合わせ、茹でブロッコリーを添える。合わせたAケチャップ 大さじ1、しょうゆ、砂糖 各小さじ1をまわしかけ、ピザ用チーズを散らす。

3.
アルミホイルをしっかり閉じ、オーブントースターで10分ほど焼く。

4.
お好みで、粗挽き黒胡椒をふって、お召し上がりください♪

⑥豚肉と彩り野菜の包み焼き


出典:Nadia

お肉も野菜もバランスよく食べられる栄養満点メニュー。具材&調味料をクッキングシートで包み、あとは電子レンジでチンするだけで完成。大根おろしとポン酢をかければさっぱりとした美味しさに仕上がります。ズボラさんにもぴったりな簡単レシピです。(調理時間:10分)

材料1人分

豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用)…約100ℊ
玉ねぎ…1/4個
長ネギ…1/4本
しめじ…1/6株
かぼちゃ…少々
ニンジン…少々
昆布(だし用・カット)…1枚
酒…大さじ2
塩コショウ…少々
A 大根おろし…適量
A ポン酢…適量

作り方

1.
玉ねぎは薄切りにする。
長ネギは斜め細切りにする。
しめじは石づきを落として小房に分ける。
かぼちゃは皮付きのまま薄切りにする。
ニンジンは皮をむいて薄い輪切りにする。

2.
クッキングシートを30センチほどの長さに切り、中央に玉ねぎの薄切りをのせる。

3.
2.の上に昆布(だし用・カット)をのせ、豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用)をのせ、両脇に長ネギ、しめじ、かぼちゃ、ニンジンを並べる。酒をふり、塩コショウをする。

4.
クッキングシートを手前側から具材を全て覆うようにかぶせ、奥側からも覆いかぶせる。重なる部分を三つ折りにし、両端をキャンディ包みのようにねじる。

5.
600Wの電子レンジで3分加熱する。包みを開け、A大根おろし 適量、ポン酢 適量を合わせたタレを掛けて頂く。

ポイント
豚肉は、火の通りやすいしゃぶしゃぶ用ロース肉を使用しています。
野菜の大きさ、厚さに注意してください。

⑦チーズリゾット風包み焼き


出典:Nadia

休日ランチやお子様へのご飯にも大活躍。一度食べるとリピート確定のリゾット風レシピです。そのまま食べても絶品ですが、トマトソースなどをプラスして味変を楽しんでもGOOD。アレンジも楽しめる大人気メニューです。(調理時間:10分)

材料1人分

温かいごはん…100ℊ
玉ねぎ小…1/4個
ベーコン(薄切り)…20ℊ
コーン(缶詰)…大さじ2
A水…100㎖
A粉チーズ…大さじ1
A白ワイン…大さじ1
Aコンソメ(顆粒)…小さじ1/2
ブラックオリーブ…少々
ブラックペッパー…少々
イタリアンパセリ…適宜
ミニトマトなどお好みの野菜…適宜

作り方

1.
玉ねぎはみじん切りにする。ベーコン(薄切り)は短冊切りにする。

2.
ボウルに1.、温かいごはん、コーン(缶詰)を入れ、A水 100㎖、粉チーズ 大さじ1、白ワイン 大さじ1、コンソメ(顆粒) 小さじ1/2を加えてさっくりと混ぜ合わせる。

3.
クッキングシートを30cmほどの長さに切り、中央に2をのせる。

4.
手前のクッキングシートで、ごはんが全部隠れるように覆いかぶせ、奥側からもさらに覆いかぶせる。重なる部分を三つ折りにし、キャンディ包みのように両端をねじる。

5.
耐熱皿にのせ、600Wの電子レンジで3分加熱する。スプーンでさっくりと混ぜ合わせ、ブラックオリーブを散らしてブラックペッパーをふる。あればイタリアンパセリを添える。ミニトマトなどお好みの野菜を添えても◎

⑧サバ缶ときのこのホイル焼き


出典:Nadia

高コスパで栄養も満点なサバ缶を使った最強のホイル焼き。レモンのフレッシュな香り&バターの濃厚な味わいが絶妙にマッチしています。忙しい日も包丁要らずで作れるお手軽さも魅力♡(調理時間:15分)

材料1人分

サバ缶(水煮)…1缶
えのきだけ…100g
ミニトマト…3個
レモン(輪切り)…1枚
しょうゆ…小さじ1
粗挽き黒胡椒…適量
バター…5g

作り方

1.
①アルミホイルを広げ(できるだけ大きめに)、石づきを取ったえのきだけを敷く。
②上にサバ缶(水煮)身のみ・ミニトマト・レモン(輪切り)を乗せ、サバ缶の汁をまわしかける。
③しょうゆ・粗挽き黒胡椒をかけ、バターをちぎって散らす。

2.
アルミホイルをきっちり閉じ、オーブントースターで10分ほど焼いたら出来上がり。

⑨厚揚げの麻婆風包み焼き


出典:Nadia

白ごはんがモリモリ進む麻婆風の包み焼き。たったの10分で作れてしまうのに、まるで長時間煮込んだようなコクのある味わいを楽しむことができます。コスパも抜群なので節約中の方にもぴったり。(調理時間:10分)

材料1人分

厚揚げ…100ℊ
A 豚ひき肉…50ℊ
A 長ネギのみじん切り…大さじ1
A ニンニクのみじん切り…1/2片分
A 味噌…大さじ1
A みりん…大さじ1
A 鶏がらスープの素(顆粒)…小さじ1/2
A 水…大さじ1
A ごま油…大さじ1
A 輪切り唐辛子…少々
青ネギ…少々
白ごま…少々
ラー油…

作り方

1.
ボウルにA豚ひき肉 50ℊ、長ネギのみじん切り 大さじ1、ニンニクのみじん切り 1/2片分、味噌 大さじ1、みりん 大さじ1、鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ1/2、水 大さじ1、ごま油 大さじ1、輪切り唐辛子 少々の材料を全て入れて混ぜ合わせる。

2.
厚揚げは一口大に切る。

3.
クッキングシートを30cmほどの長さに切り、中央に1の半量を平らにのせる。その上に2の厚揚げを並べる。

4.
1の残りの半量を厚揚げの上に平らにのせる。

5.
手前のクッキングシートを厚揚げを覆うようにかぶせ、奥側からさらに覆いかぶせる。重なる部分を三つ折りにし、両端をキャンディ包みのようにねじる。

6.
耐熱皿にのせて、600Wの電子レンジで3分加熱する。包みを開け、スプーンでさっくりと全体を混ぜ合わせ、白ごまをふる。青ネギを添えて、好みでラー油をかける。

⑩サーモンのチーズ包み焼き


出典:erecipe.woman.excite.co.jp

バター×チーズの濃厚な味わいがやみつきになる一品。調理時間は30分と長めですが約半分はほったらかし時間なので実はとっても楽チン。仕上げにレモンを絞ることでフレッシュな味わいに変化します。メンズウケも良いので彼との晩酌メニューにぜひ♡(調理時間:30分)

材料4人分

サーモン…4切れ
塩コショウ…少々
小麦粉…大さじ1
バター…20g
玉ネギ…1個
ニンジン…1/4本
シメジ…1袋
パルメザンチーズ(塊)…40g
バター…20g
レモン…1/2個

作り方

下準備
①サーモンに塩コショウをし、薄く小麦粉をからめ、フライパンにバター20gを入れて中火にかけ、サーモンの両面に焼き色がつくまで焼く。
②玉ネギは縦半分に切り、縦薄切りにする。
③ニンジンは皮をむいて縦半分に切り、薄い半月切りにする。
④シメジは石づきを切り落とし、小房に分ける。
⑤レモンは4つに切る。
⑥オーブンを250℃に予熱する。

1.
アルミホイルを2重にして分量外のサラダ油を薄くひき、玉ネギ、ニンジン、シメジ、サーモンをのせ、パルメザンチーズをすりおろしながらたっぷり振る。

2.
バターをのせてホイルで包み、250℃に予熱しておいたオーブンで12~15分焼く。器にホイルごとのせ、レモンを添える。

白ごはんやビールとの相性もバッチリ♪

今回は、夕食&おつまみにも大活躍なのに洗い物が少なくて楽ちんな「包み焼きレシピ」をご紹介しました。

気になるレシピはありましたか?

白ごはんやビールとの相性もバッチリなので幅広いシーンでお楽しみいただけます。全てお手軽に調理できるので、ぜひこちらを参考に作ってみてくださいね♪

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON