6畳の部屋にベッドを2つ置きたい!狭い空間を上手に活用するインテリア術 | Na美|働く大人女子のライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

6畳の部屋にベッドを2つ置きたい!狭い空間を上手に活用するインテリア術



ベッド2つでも6畳を空間を快適に

夫婦や家族みんなで一緒に寝るためにはダブルベッドなどの大きなベッドを購入するのも良いですが、実は小さめのベッドを複数置く方がおすすめなんです!

今回は、6畳のお部屋にベッドを2つ置いて快適に過ごすアイディアを紹介します。「6畳の部屋だと狭いかも……。」と諦めてしまう前にぜひチェックしてみてくださいね。

①ベッドを2つ並べライトアップした6畳寝室

この投稿をInstagramで見る

keiko S(@asasa0509)がシェアした投稿

こちらはベッドの周りをライトでコーディネートした可愛い雰囲気のお部屋です。

シングルベッド2つの連結は、6畳の寝室でも通り道が確保できます。もう少し導線にゆとりが欲しい場合はセミシングルベッドもおすすめです。

夫婦だけでなく家族みんなで寝る場合はセミダブルベッド以上のサイズを2つ組み合わせてみても◎

②ベッドを2つ並べ北欧風にした6畳寝室

この投稿をInstagramで見る

Carina(@mrscarlissa)がシェアした投稿

こちらはガーリーな北欧風インテリアのお部屋です。2つのシングルベッドで寛げる寝室を作っています。

部屋全体のインテリアの色合いや雰囲気が統一されておしゃれですね。ベッド横の棚上の箱も、さりげなく色合いが揃えられています。

壁の写真などよく見ると全体的にスクエアのものが多く、形状でレイアウトを考えても楽しそうです。

③ベッドを2つ並べツイン風にした6畳寝室

この投稿をInstagramで見る

Tommy(@v2evolution)がシェアした投稿

こちらは隣り合わせにベッドを2つ並べるのではなく、隙間を開けて配置しています。6畳あれば連結しなくてもスペースは十分!

ベッドの真ん中を開けるレイアウトでホテルのツインルームのような雰囲気を楽しめます。一緒に寝る家族の寝相や寝返りによっては狭いスペースになるのを気にする必要はありません。

部屋のインテリアと雰囲気を合わせたコーディネートがおしゃれですね♪

④ベッドを2つ並べカントリー風にした6畳寝室

この投稿をInstagramで見る

(@izumi_0129)がシェアした投稿

こちらは6畳のスペースにベッドを2つレイアウトしたカントリー風のお部屋。

全体的にレトロな雰囲気のあるインテリアでまとめられています。部屋床面にあるラグともイメージがぴったりと合っていますね。照明が寝転んだまま操作できるように手元にスイッチが配置されている工夫も。

おしゃれと利便性をバランスよく考えて寛げる部屋を作りましょう。

⑤ベッドを2つ並べゴージャスにした6畳寝室

この投稿をInstagramで見る

Natasha Meininger(@natashas.home)がシェアした投稿

こちらはゴージャスなホテルのようにコーディネートされた寝室。

ベッドの中心にレイアウトされた家具がやや大きめですが、ベッドがセミシングルサイズなので畳スペースでも十分です。

涼しげな色で統一されているインテリアの中でゴールドの差し色の存在感は抜群。ポイントカラーが部屋の雰囲気をリッチにしていますね。

⑥ベッドを2つ並べ床置きした6畳寝室

この投稿をInstagramで見る

(@m_sai0511)がシェアした投稿

こちらは低いすのこベッドを2つレイアウトした寝室です。

床に直接すのこを置く場合は、色布団やマットレスの高さによって雰囲気が変わります。目線が低くなると天井が高く見えるため、6畳の部屋も広く感じられるのでおすすめのテクニックのひとつです。

ホワイトを基調としたインテリアにリースや、繊細な脚のテーブルなどがコーディネートされた部屋は清潔感がありますね。

⑦用途をシンプルにしたベッド2つの6畳寝室

この投稿をInstagramで見る

__kayo__(@muno_home)がシェアした投稿

二人で使っている子供部屋に、ベッドと机を2つレイアウトしても導線が確保できているのは2段ベッドならでは。勉強と寝るだけと決めてしまえば6畳の広さでも十分スペースが確保できます。

明るめにコーディネートされたインテリアの配色も部屋を広く見せるポイント。

机が2つ配置されていますが、市販されている長机なら縦がやや短めなので、DIYしても良さそうです。

⑧すのこベッドを2つ並べる6畳寝室

この投稿をInstagramで見る

shinkok(@shinkok)がシェアした投稿

こちらはすのこベッドを2つ並べた寝室です。

カビを防ぐためにベッドの下にすのこを置くのは、ベッドルームのコーディネートをするときに注目されているテクニックのひとつ。

脚の太さや高さ、サイズなど様々なすのこが市販されています。折り畳み式のすのこを使えば使わないときはしまっておけるので、6畳のベッドルームでもスペースを広く使えて便利です。

⑨パレットベッドを2つ並べる6畳寝室

この投稿をInstagramで見る

Mana(@manataro.500)がシェアした投稿

こちらはパレットをベッドの下に並べた寝室です。

パレットというのは物流界でよく使われている荷物を載せる台のこと。重たいものを載せるのが本来の用途なので、その耐久性の高さはベッドフレームにぴったりなんです。

DIY初心者でも簡単にベッド作りにチャレンジできるのでおしゃれなインテリアを安く作ってみたい人はぜひ挑戦してみてください。

⑩脚付すのこベッドを2つ並べる6畳寝室

この投稿をInstagramで見る

MARI(@mari.s.home)がシェアした投稿

脚付きのすのこベッドです。シングルサイズの2つのベッドを並べてレイアウトしているので、小さな子供なら広々と寛げます。

部屋のインテリアが全体的にシンプルにコーディネートされていておしゃれな寝室ですね♪

写真よりお部屋が狭い場合は、ベッドをセミシングルにしたり机のレイアウトをちょっと変えたりするだけで6畳のスペースに全部収められます。ぜひ試してみてください。

6畳にベッドを2つ置いても快適空間に♪

6畳のお部屋にベッドを2つ置いて快適に過ごすアイディアを紹介しました。

ベッドを2つ使うと、広さの確保だけでなく、プライベート空間を作れたり、安眠をえられたりとメリットがたくさんあります。

シングルベッドだけで組み合わせたり、セミダブルベッドを組み合わせたりとアイデアも様々です。

ベッドルームのインテリアを工夫してぜひおうち時間を楽しんでくださいね。

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON