シワや伸びる心配とはおさらば♪「カーディガン」をきれいにしまう収納方法 10選 | Na美|働く大人女子のライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

シワや伸びる心配とはおさらば♪「カーディガン」をきれいにしまう収納方法 10選



出典:instagram

カーディガンをきれいにしまう収納方法とは?

カーディガンはちょっと肌寒い時に羽織るものとして、とても便利なお洋服♪ でも、使わなくなってしまったり、たくさんありすぎた時に、どうしまっておけば良いのか困ってしまうこともありますよね。

そこで今回は、カーディガンを綺麗にしまう方法をご紹介します!シワになりやすい素材でも綺麗に収納することでシワにならないですよ♪

早速どのような収納方法があるのか見ていきましょう。

①無印のアルミハンガーで統一した収納

この投稿をInstagramで見る

natsu._.log(@natsu._.log)がシェアした投稿

これらは丈夫なアルミハンガーを使用してカーディガンを収納しています。

アルミハンガーはデザインがとてもシンプルなので、ワンピースなどにも同じ物を使えば統一感もばっちり◎

ロング丈のカーディガンなら下に何もない状態にするのがポイントです。

②シンプルなハンガーラックでスッキリ収納

カーディガンをシワシワにさせたくないのであれば、かけて収納するのがおすすめ。

ラックは見せる収納になるので、使う時は「どのようなインテリアにしたいか」を考えて購入することが重要です。

カーディガンやアウターなどをかける時は、見せても良いような物をチョイスすると良いでしょう。

③スリムコートハンガーでスタイリッシュに収納

この投稿をInstagramで見る

(@_____mt.hm2)がシェアした投稿

こちらは外出から帰ってきたときに、ささっとアウターをかけられる便利なラックです。

場所を取らずおしゃれに見えるのが嬉しいですね。これならカーディガンも一緒にかけられて、肌寒いときにもさっと羽織ることができます。

工夫次第ではインテリアのアクセントになるので、見せたいものだけこのラックにかけるのもおすすめです◎

④おしゃれに見える男前ハンガーラックの収納

こちらは、シンプルなハンガーラックですが、下にカゴがついていて物をたくさん入れられます。

伸びや素材のカーディガンなら畳んでカゴに収納するのがおすすめ。

本当に必要なものだけをかけて、スッキリとさせましょう。

⑤ボックスを組み合わせた収納

カーディガンをかけきれないときは、ボックスに入れて収納しても良いでしょう。

しかし、そのまま入れるとシワになってしまうので、工夫して入れることが大切です。

カーディガンの畳み方は、基本的に一度畳んでから丸めて収納するのがポイントです。こうすることで量もたくさん入り、シワも最小限に抑えられますよ♪

⑥しっかりしたバンカーズボックスの収納

この投稿をInstagramで見る

MARI(@lovehome_5)がシェアした投稿

衣替えをするまで収納したい場合は、しっかりした箱に入れるのがおすすめです。

タンスに入れてしまうと持ち運びに大変なので、このようなボックスに入れる工夫をしてみてください。カーディガンだけでまとめて入れ、名前を書いて分かりやすいようにすれば、いざ使う時にも探さなくて済みます◎

長期保存する場合は虫除けを入れて大切なカーディガンを守りましょう。

⑦スッキリ見えるクローゼットの上に置く収納

この投稿をInstagramで見る

どらこ(@doraco0331)がシェアした投稿

収納を全てクローゼットで済ませている場合は、ボックスをうまく活用してみてはいかがですか?

ロングカーディガンやワンピースなど長いものはかけるようにして、短いものは工夫をして綺麗に箱に入れてみてください。蓋つきの物があればホコリがたまらずに安心できます。

取っ手がついているので、取り出しもとても便利です。

⑧おしゃれにグラデーションにした収納

この投稿をInstagramで見る

Hill(@hill_zzz)がシェアした投稿

開けた際に美しく並んでいると気分が良くなりますよね。綺麗にカーディガンをグラデーションに分けることで、次入れる時も美しくしようという気持ちが働きます。

ニットカーディガンはシワになりにくいので、このような畳み方をしても良いでしょう。

ロング丈のものは少しかさばってしまうので、ハンガーにかけておくと良いかもしれませんね。

⑨分かりやすく用途別に入れた収納

この投稿をInstagramで見る

alinu(@alinu.h.h.k)がシェアした投稿

こちらは、それぞれ用途別に分けたしまい方です。

お出掛け用と普段着用などに分けてみるなど、一目見て分かるようにすれば、引き出しをかき回して探さなくても済みます。

これなら取り出しやすく便利ですよ♪

⑩同じ色がたくさんある時の収納

この投稿をInstagramで見る

nami(@nami0015)がシェアした投稿

似たような物をたくさん持っている人は、どのようなカーディガンなのか広げないと分からない時もありますよね。

そんな時は、ケースにそれぞれ分けてクリップで名前を書いておけばすぐに分かります。

カーディガンの場合は「ロング丈」と「普通丈」というように分けてみるのも良いでしょう◎

カーディガンをシワなくきれいにしまおう♪

カーディガンをきれいにしまう方法をご紹介しました。

参考になりましたか?

きれいに収納ができれば、見た目もスッキリして、心も晴れやかになりますよ!

カーディガンやワンピースなど、セットにして収納するのもおすすめです。コーディネートしやすいようにまとめておくと、洋服選びに時間がかかりません。

美しくカーディガンをしまい、最高の状態で保存してあげましょう♪

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON