【結婚】今の彼で大丈夫!?アラサー女子が彼との未来に不安になる瞬間6選
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

【結婚】今の彼で大丈夫!?アラサー女子が彼との未来に不安になる瞬間6選


アラサー女子が彼との未来に不安になる瞬間とは

恋愛をしていれば、誰でも不安に感じる瞬間があるもの。

「今の彼で大丈夫なのか」、「この人と結婚できるのか」など色々と思い悩みますよね。特に、アラサー女子は将来を視野に入れて付き合っている場合が多いため、不安に感じてしまう部分があるはずです。

そこで今回は、アラサー女子が彼との未来に不安になる瞬間をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

目次

①お金にルーズ


出典:www.shutterstock.com

お金にルーズな彼は、金銭的な管理能力が低いということ。自分のお金を管理できない人は、その他の部分でもだらしない一面があることが多いようなので、結婚となると苦労するかも。

親に家賃や光熱費を払ってもらっていたり、給料に合わない浪費癖があったり、彼女や友達に「頻繁にお金を貸して欲しい」とせがんでくるような彼では、付き合い続けても将来的に先が見えないでしょう。これでは、アラサー女子も不安になってしまうのでは当然です。

②自分のことしか考えていない


出典:www.shutterstock.com

お互いにとって、いい関係でこれからも一緒にいたいと思うなら、‟尊重し合えるカップルになること”が一番の近道です。

ただ、自分のことしか考えていないような彼であれば、将来一緒になったとしてもあなたが振り回されるばかりになってしまうかも。

相手の気持ちを考えずに、自分の気持ちだけでスキンシップを求めてきたり、自分の趣味ばかりに没頭していたり、自分優先の彼を間近で見ていれば不安を感じてしまうのではないでしょうか。この点も、アラサー女子が別れを決めるきっかけになることが多いようです。

③浮気癖がある


出典:www.shutterstock.com

アラサー女子に限らず言えることですが、浮気癖がある彼との将来も不安ですよね。

付き合っている段階から浮気をしているようであれば、結婚したとしても簡単には直りません。マンネリから浮気をしてしまう方も少なくないんです。

彼のことが好きだからこそ別れる決断をするのは辛いかもしれませんが、浮気癖が原因で心が苦しいなら、別れてしまった方が気持ちは安定しますよ。

④モラハラ彼氏


出典:www.shutterstock.com

言葉などで、相手を精神的に追い詰めていようなモラハラ彼氏にも、アラサー女子は不安を感じます。

肉体的な暴力よりも、受けている本人が被害を自覚しにくい部分があるので、付き合っているときに気づきにくいのが厄介。

あなたの行動にダメ出ししたり、暴言を吐いたり、あなたの都合や立場を無視して行動をするような彼氏は、精神的にあなたを追い詰めている可能性があるので注意が必要です。

被害者意識が強く、思い込みが激しい彼もモラハラ予備軍になるので、早めに別れを決めた方がいいかもしれません。

⑤両親との相性が良くない


出典:www.shutterstock.com

当事者同士の問題とはいっても、長く付き合ったり、将来のことを考えたりする上で、どうしてもスルーできないのがお互いの家族とのつき合いではないでしょうか。

実は、多くのアラサー女子も、家族との付き合い方で別れを決めているようです。例えば、彼がマザコンだったり、結婚したら自分の両親と一緒に暮らしたいと思っていたり……。

逆に彼が自分の家族の悪口を言うなど、お互いの家族に対して少しでも「ん?」と思うところがあれば、不安に感じてしまうでしょうから、結婚となる前にじっくり考えた方がいいかもしれません。

⑥相手に結婚する気がない


出典:www.shutterstock.com

アラサー女子が彼との未来で不安になる瞬間といえば、彼が全然プロポーズをしてくれないことも挙げられるのではないでしょうか。

結婚をすると言ってくれていても、全然行動に移してくれなかったり、「今じゃない」と何となく結婚話を流されたり、同棲しているのにダラダラした関係が続くなら不安になってしまうのも当然です。

彼に結婚する気がないのであれば、早めに切り替えて次の出会いを探した方がいいかもしれません。

不安になる瞬間があるなら決断することも大切

アラサー女子が彼との未来に不安になる瞬間をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

この年齢になると心配や不安が増えてきますよね。今の彼と付き合っていて「不安になる瞬間」が思い当たりがあるようなら、自分の時間を浪費せずに、「別れ」という決断をして、次に行く方がいいかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US ON