【イイ女になる】「なんでもいいよ」はNG!彼からの質問に備えよう♪ | Na美|女性の人生を豊かにするライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider


【イイ女になる】「なんでもいいよ」はNG!彼からの質問に備えよう♪


なんでもいいよはNG!彼からの質問に備えよう

デートの時、彼から「何食べたい?」や「どこに行きたい?」と聞かれますよね。多くの女性は「なんでもいいよ」と答えます。しかし、これは相手は困ってしまうのでNGです!そこで今回は、彼からの質問に答えるヒントをご紹介します。ぜひチェックしてみてください♡

① 食事

食事

「なんでもいいよ」と答えがちなのが、彼に「何食べたい?」と聞かれたときではないでしょうか。
特に食べたいものが思いつかないときは、つい「なんでもいいよ」と言ってしまいますよね。

でもいつもそれだと、相手も困ってしまいます。
なので毎回その解答だとさすがにNG。

「これが食べたい!」というものが別になかったとしても「あっさりしているものが食べたいな」のように、はっきりした回答じゃなくても良いので、答えるようにしてみてください。

それか「あなたは何食べたい?」と、彼に質問してしまうのも◎

② デートの場所

カップル

次にデートの行き先についてです。
デートで行く場所も次第に「なんでもいいよ」になりがち。

デートを重ねていくと、どうしてもネタ切れになってきてしまいますよね。でも、それは彼も同じです。

NGワード「なんでもいいよ」を言わないためには、デートで行きたい場所をリスト化しておくことをおすすめします!

時々「ここに行ってみたいな」と思うスポットを調べて、スマートフォンのメモなどに箇条書きにしておきましょう。
そうすると忘れないですし、デートの行き先に困ることも少なくなるはず♡

③ 会う頻度や連絡の頻度

カップル

付き合い始めたばかりのときは、会う頻度や連絡の頻度を決めることもありますよね。

そういうときも「なんでもいいよ」ではなく、自分の希望を相手に伝えましょう。

丁度良いと感じる頻度は人それぞれ違います。
しっかり彼に希望を伝えて、二人の考えをすり合わせていくことが大切です。

「相手に合わせるのでOK!」という場合は「なんでもいいよ」がNGというわけではないですが、できるだけ自分の意見を伝えるようにすることをおすすめします!

まとめ

彼からの質問に答えるヒントをご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

自分の意見はちゃんと言わないと、相手はつまらないと感じるかもしれません。本当になんでもいいと思っているときは「あなたが好きなものでいいよ」と答えるならいいと思います。ぜひ参考にしてみてください♡

トップへ戻る