【心理テスト】鏡に映る姿で、あなたが抱える不満が分かる?
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

【心理テスト】鏡に映る姿で、あなたが抱える不満が分かる?


 あなたが抱える不満の正体

不満は誰もが抱えてしまうもの。しかし、正体不明のもやもや感・・・むかついちゃいますよね。あなたが抱える不満の正体を心理テストで探っていきましょう。

質問:自分を映す鏡、あなたがほしいのはどれ?

A:未来の姿を映す鏡

B:キレイに見える鏡

C:過去の姿を映す鏡

D:あるがままの自分を映す鏡

結果

診断できること「あなたが抱える不満の正体」

鏡は、あなた自身の投影です。ほしいと思った鏡は、あなたが抱える不満を映し出しているのです。

A:未来の姿を映す鏡 ……仕事や恋愛で成果が出ない不満

未来の自分を映す鏡を欲しているあなた。抱えている不満は、仕事や恋愛でなかなか成果が出ないこと。あなたは高い理想を描いているのでしょう。「こうあるべき」という理想の自分がいますが、まだそこに到達していない様子。「未来の自分はこうなっているはずだ」という夢を早く実現したい焦りから、イライラしたり、不満を抱えがちなのです。

B:キレイに見える鏡……自分自身を認めていない不満

キレイに見える鏡を選んだあなた。抱えている不満は、自分自身を認められないことです。キレイに見える鏡は虚像です。それはあなた自身もわかっているはず。それでもほしいと思うのは、自分を認めていない証拠なのです。自分の魅力を知ることから始めましょう。人に尋ねてもいいでしょう。自分を認めていけば、不満も消えていくはずです。

C:過去の姿を映す鏡……やりたいことが見つからない不満

過去の自分を映す鏡を選んだあなた。気持ちが前よりも、後ろに向いているようです。抱えている不満は、今、やりたいことが見つからないこと。新しいことにチャレンジしたり、将来の目標を立てようとしても、ビジョンが見えてこないのかもしれません。どうしてもやりたいということが見つからず、なんとなく毎日が過ぎていく不安があるようです。

D:あるがままの自分を映す鏡 ……自分をわかってくれないという他人への不満

あるがままの姿を映す鏡を選んだあなた。抱えている不満は、自分をわかってくれないという他人への不満です。あなたは人に見せたくないコンプレックスがあるようです。それを隠しているために、本来の自分を出せない様子。そして、その不満がいつのまにか、「本当の私をわかってくれない」という気持ちになり、他人に不満を抱えてしまうのです。

SNSで記事をシェア


トップへ戻る

FOLLOW US