今注目されている、魚の脂のポテンシャル!魚が持つ健康パワーとは・・・

夏は体内の水分を失いやすく、脱水によって血栓ができやすい季節と言われているようで、その状態が続いてしまうと、心筋梗塞などリスクが伴い命にかかわる病気の要因にも・・・。そんな中、今注目されているのが魚の脂こと「フィッシュオイル」が予防のために大切のようです。

その働きを、疫学研究の第一人者である磯博康(いそ ひろやす)教授(大阪大学 医学系研究科 公衆衛生学)が文献として報告した内容からご紹介しますので、さっそく見ていきましょう。


大量発汗が心筋梗塞の要因に?

たくさん汗をかく夏は、脱水症状のほかにも注意すべき疾患があります。それは、心筋梗塞などの虚血性心疾患。発汗のため体の中の水分が不足して血栓ができやすくなり、心筋梗塞をはじめとする虚血性心疾患のリスクが高まってしまうのです。

こうしたリスクを軽減する栄養素として、改めて評価が高まっているのがフィッシュオイルです。フィッシュオイルとは青魚などから採取される油のことで、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などの脂肪酸を含みます。イワシやサバなどを食べることで摂取できるため、人気のサバ缶やサプリで補っている人もいるかもしれません。

魚の脂で虚血性心疾患のリスクが下がる可能性

このフィッシュオイルに注目し、EPAやDHAなどの「オメガ3系多価不飽和脂肪酸」に、虚血性心疾患リスクを低減する効果があることを明らかにしたのが大阪大学の磯教授です。

虚血性心疾患とは、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞など、心臓が働くために必要な酸素や栄養を送る血管である冠動脈が狭くなったり、つまったりして血液がうまく送れないような状態の病気です。

磯教授の研究グループは、摂取した魚の種類と1週間の摂取頻度、1回あたりの魚摂取量についてアンケート調査を実施(※1)。魚およびオメガ3系多価不飽和脂肪酸の摂取と、虚血性心疾患発症との関連を調べました。

その結果、魚の摂取量がもっとも少ないグループにくらべ、摂取量がもっとも多いグループでは、虚血性心疾患リスクが約40%低くなったそう。

また、EPA・DHAの摂取量で比較したところ、摂取量がもっとも多いグループの虚血性心疾患リスクは、もっとも少ないグループよりも40~60%も低くなったといいます。

油(脂)の種類を覚えておこう

脂肪酸の種類と働き

出典:厚生労働省 特定保健指導の実践定期指導実施者育成プログラム

ここで脂肪酸の種類についておさらいしておきましょう。脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類できます。上記の表のとおり、牛肉・豚肉の脂身やバターなどに含まれるのは飽和脂肪酸。たくさん摂ると心血管疾患のリスクが高まるとされています。

いっぽう不飽和脂肪酸は、オレイン酸を含む一価不飽和脂肪酸と、EPA・DHAなどを含む多価不飽和脂肪酸に分けることができます。

多価不飽和脂肪酸は動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、中性脂肪を減らす効果もあるとのこと。健康維持において欠かせないメリットがあるのです。

日本人は「魚不足」

しかし平成29年の「国民健康・栄養調査」では、脂質の摂取量は増えているにもかかわらず、多価不飽和脂肪酸を含む魚介類の摂取量は減少していると磯教授は指摘します。

「魚を食べる機会が少ない欧米では、栄養素をサプリメントなどで補う発想がありますが、普段から魚を食べる習慣がある日本ではそのような考え方があまり定着していませんでした。

このような背景をふまえると、今後は食事による効率的な摂取方法を学ぶことが大切。魚の摂取が困難な場合には、サプリメントの摂取も代替といえます」(磯教授)

予期せぬ心臓の病気のリスクを避けるためにも、これを機に普段の食生活の中に魚を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。


トップへ戻る