家中をおしゃれにしちゃおう♪木目調シートを使ってナチュラルにお部屋をリメイク♪

「今使っている家具、見た目がくたびれてきたなぁ…」「気分転換にお部屋の雰囲気を変えたいなぁ」と思っている方はいませんか?でも、家具って結構なお値段がしますよね。買い替えるほどではないかなぁ…とそのまま過ごしている方も多いはず。

そんな時は、リメイクシートを使ってお部屋のアレンジをしてみませんか?
上手く使うと、安価で家具や壁面を新品のようにリメイクすることも可能ですよ!リメイクシートの中でも、オススメはどんなお部屋や家具にもなじみやすい木目調シート

今回は、木目調のリメイクシートを使ったリメイク実例についてご紹介しますので、お部屋の雰囲気を変えたいなぁと思っていた方、是非参考にしてみてくださいね♪

家具をナチュラルにリメイク

こちらはナチュラルなテレビボードですが、実は木目調のリメイクシートでリメイクしたもの。

元々は黒くスタイリッシュなボードでしたが、全くその気配は感じられませんよね。

見事なイメージチェンジで、お部屋の雰囲気もガラリと変わること間違いなしです。

シンプルな外観の冷蔵庫でも、年が経つにつれて色味や質感が好みじゃなくなることもあります。

そこで、ダイソーのリメイクシートでイメチェンを。

冷蔵庫を木目調にすると、こんなにオシャレになるんですね。家電ではなく、もはや家具のように落ち着いた佇まいに。

こちらはリビングテーブルの天板を、木目調のリメイクシートでカバーした実例です。

いつも目にする物ですし面積も広いので、まるで家具を新調したかのような目新しさを感じられます。

ナチュラルなインテリアにもよく合っていますね。

子供の学習机だって、リメイクシートで大変身!こちらの実例では、付属キャビネットをアレンジしています。

リメイクシートのデザインによってイメージが変わるので、お部屋の雰囲気にも合わせやすそうですよね。

また、引き出しの取っ手を変えたり上部の可動板にタイル調シートを貼ったりするアイデアも素敵です。

白い食器棚も、リメイクシートでイメージ一新!濃いめカラーの木目調シートを貼っているので、落ち着いた印象になっています。

カフェ風キッチンにしたいときにも、気軽にイメチェンできるのが助かります。

前面に貼るだけでもかなり印象が変わるので、トライしやすそうですよね。

壁をリメイク

セリアのリメイクシートを使って、トイレの壁をプチリメイク。

背面の腰壁に貼るのは少し大変そうですが、優しい雰囲気でとても素敵ですよね。

周りのナチュラルな雑貨との相性もよく、居心地の良さそうなトイレとなっています。

トイレの背面一面にリメイクシートを貼っている実例です。

よりナチュラルな雰囲気が際立っただけでなく、空間全体もワントーン優しく明るいイメージに仕上がっています。

側面をアクセントクロスにするよりも背面にしたほうが、空間に広がりを感じるという効果も期待できそうです。

セリアのリメイクシートで飾った、勝手口周りの壁。カフェ風キッチンにぴったりな柄です。

いろんな色や太さの板が組み合わされたようなデザインだから、シンプルだった壁が一気に賑わって、アクセントクロスにするには最適です。

カフェ風インテリアにも合わせやすいですね。

階段を木目調にリメイクしている実例です。セリアの「オールウッドB」というリメイクシートを側面に貼っていて、階段を通るたびにパッと目を惹きます。

元々の色が濃いめだから、白木のリメイクシートを貼ることで明るく感じる効果も。さらにダイソーのデニム素材シートもアクセントになっていて、オシャレです。

玄関収納棚の扉も、ダイソーのリメイクシートで印象がかなり変わります。

面積の広い扉に貼るので、空間全体の雰囲気をイメチェンしやすく、こだわりのインテリアイメージに近づけやすくなります。

白い木目調シートは明るさも感じるので、光の入りにくい玄関に向いていますね。ステッカーをアクセントに加えると、オリジナル感が出て素敵です。

DIYのおままごとキッチンもオシャレに変身

DIYのおままごとキッチンも、木目調のリメイクシートでオシャレに。雰囲気がナチュラルで、インテリアにも合わせやすそうですよね。

材料は段ボールや100均のアイテムなどで作っているようです。

同じ木目調でも、テイストの異なるものを合わせる工夫をしています。

こちらのおままごとキッチンも、ダンボールで作ったもの。コンパクトサイズで扱いやすそうでなキッチンです。

木目調リメイクシートでカバーした後、さらにステッカーやマスキングテープなどで装飾していて可愛く仕上がっていますね。

賃貸でもリメイクできる工夫

賃貸の場合、壁にはもちろん建具にだってリメイクシートを貼るのは躊躇してしまいます。

そこでマスキングテープの出番です。貼りたい部分にマステを貼り、原状回復できるようにしておきます。そしてその上から両面テープでインテリアシートを貼っていくのだそう。

インテリアシートの粘着は強いので、台紙を剥がさず両面テープで留めるのがポイントのようです。

この方法なら、気軽にリメイクシートを取り入れられますね。

洗面所の雰囲気を変える

洗濯機にダイソーの木目調リメイクシートを貼ると、電化製品の重々しさが和らぎます。

面積が広いからこそ、印象がかなり変わりますね。

洗濯機上の引き出しもバスケット仕様にリメイクされていて、ナチュラルな雰囲気の洗面所となっていて素敵です。

洗面台の扉も、リメイクシートでガラリとイメチェン。実例では、セリアの「オールウッドA」というリメイクシートを貼っています。

ランダムな木目が楽しいイメージで、シンプルな洗面所の印象を変えるのに役立っています。

狭く家具も少ない洗面所は模様替えができない分、こうしてリメイクシートでイメージを変えるといいですね。

リメイクシートが余ったら

余ったリメイクシートも、しっかり活用しちゃいましょう。

こちらの実例ではダイソーのリメイクソートと段ボールを使い、壁を飾るウォールパネルを作っています。

しかもヘリンボーン風になるよう、一工夫。さらにセリアの転写シールで文字を入れて、とてもオシャレなパネルに仕上がっています。

まとめ

今回は木目調のリメイクシートを使ったリメイク実例についてご紹介しました!いかがだったでしょうか?
場所によっては貼るのが少し大変かもしれませんが、コツさえつかめば大丈夫です!
手軽に様々なものの表情を変えることができるリメイクシート。安価に手に入るこのアイテムで、あなたの家をもっと好きな場所にしてみませんか?理想のインテリアに近づけるために、ぜひ取り入れてみてくださいね♡


トップへ戻る